Written by Manabu Bannai

読書のコツ【5つのポイント/この方法で、年間300冊を読んでます】

BOOKS

こんにちは、マナブです。

年間300冊くらい、読書します。
2020年7月現在だと、194冊を購入済み。

読書は、人生の選択肢を広げます。
あと集中力も、高めると思います。

今回は「読書のコツ」を解説します。

読書のコツ【5つのポイント】


ここを重視すると、速読もできるはずです。

  • スマホは手元に置かない
  • 飽きたら、途中で閉じる
  • 読みつつ、アウトプット
  • 尊敬できる本のみを読む
  • 自分に必要な本だけ読む

順番に見ていきますね。

スマホは手元に置かない

こちら重要ですね。

近くにスマホがあると、ついついTwitterとか見ちゃうじゃないですか。
なので、僕の場合は「手の届かない位置」に置いています。

なお、僕は基本的に「Kindle Paperwhite」で読書していますが、超スキマ時間で読む時は、スマホのKindleアプリです。

超スキマ時間とは、ランチ後のちょっとした休憩とかです。
しっかり読書するときは、Kindleを持ち、ソファやベッドで読書します。

飽きたら、途中で閉じる

ここも、かな〜り重要ですね。

多くの人は「せっかく買ったし、、、最後まで読もう」と思いますよね。
これ、良くないです。

というか、僕の場合だと「最後まで読み切る本が、むしろ少ない」という感じ。
あと、下記もご覧ください。

上記のとおりで、重要なことって「本の前半」に書かれています。
これ、かなり間違いない事実だと思うので、後半にかけて飽きてきたら、閉じよう。

読みつつ、アウトプット

ここも、かな〜〜り重要です。
下記のとおり。

こういった感じでOKです。
読みつつも「お、これいいな」と思ったらツイートします。

もっというと「ツイートできる場所を、探しながら読もう」という意気込みでOKです。これを「アクティブ・ラーニング」と呼んだりしますが、学習効率が上がりますよ。

やらないのは損です。

尊敬できる本のみを読む

結論として、どうでもいい人の本は、読まなくていい、ということ。

ぶっちゃけ、本とかって、誰でも出版できます。
素晴らしい本もあれば、ぶっちゃけ微妙な本もあります。

僕の場合だと「この人は、完全に尊敬できるな」と思った人の本じゃないと、読みません。

なんか経営者っぽい人が書いてる本とかは、偉そうなことを書きつつも、実は内容が薄かったりしますので。

選ぶのが難しいなら、ロングセラー本を中心に読んでいくのがいいと思います。

自分に必要な本だけ読む

ここも大切ですね。
例えば「企業の会計」に関する本を読むなら、現時点であなたが「自社の会計」に困っていないと、意味ないです。

意味ないは言い過ぎかもですが、頭に入りづらいはず。
もっというと、読書では「行動」がセットです。

行動することで、なにか問題が見えてきます。
そこを解決するために、読書する。

なんとなく読むんじゃなくて、人生を良くするために行動し、そこで必要な知識を、本から学びます。

読書で覚えておくべきテクニック3つ


記事前半は「本質論」を書きました。
ここからは、ちょっとしたテクニックです。

わりと参考になるはずです。

  • その①:ハイライトを使う
  • その②:著者ページから購入
  • その③:積極的に小説も読む

順番に見ていきますね。

その①:ハイライトを使う

これは説明するまでもないかな、、と思ったのですが、念の為に。
Kindleのハイライト機能は、めっちゃ使っています。

勉強になるなぁ、と思った部分は、必ずハイライト。
あと「これ、Twitterとかブログで使えそうだな」という部分にも、ハイライト。

あとは「このデータは、将来的にブログとかで使えそうだな」と思った部分もハイライト。

要するに「ちょっと気になった場所は、すぐハイライト」ですね。
そしたらAmazonのハイライト検索機能にて、すぐ情報を探せるじゃないですか。

これって要するに「自分用の検索エンジン」になるんですよね。便利です。

その②:著者ページから購入

これも、わりと重要です。

新しい本を読んでいて、仮に「おぉ、この本は素晴らしいな」と思ったら、僕は著者名をAmazonに打ち込み、そして著者ページに行きます。

そしてタイトルを見つつ、1秒でも気になったら、すぐにポチります。
というか最近だと、良い著者を見つけたら、その人の別の本も、すべて買っています。

さらにいうと、その著者の本を「連続で読む」も大切です。
そうすると、それぞれの本で「重複部分」が分かるんですよね。

重複してるなら、そこは高速で読み飛ばせます。
つまり、効率的に読書できますよね。

その③:積極的に小説も読む

僕は「ビジネス書や哲学書」が好きなのですが、あと小説も読みます。
最近だと、こちらが面白かったです。

東野圭吾さんだと、定番で面白いと思います。
小説とかって、一見すると「あまり意味がない」と思われがちですが、そうでもないはず。

小説からは、色々な知識を学べますし(小説内で出てくる描写は、かなり正確な情報である場合が多いです)、あとは「文章力」も上がると思うんですよね。

力強い文章を読むと、そこから文章のテンポとかも学べます。

僕はブログを書きつつ、あと過去には小説も読みまくってきました。
もともとは「全く文章を書けない」というタイプでしたが、いまはスラスラと書けています。

最後に:移動時間は音声インプット

というわけで、読書論を書いてきましたが、移動時間なら「音声インプット」がおすすめです。

最近だとビジネス系YouTuberも増えていますし、あとはラジオアプリもありますよね。

僕は、あまり移動しない生活なので、毎日筋トレをして、その間は「音声インプット」をしています。

どういった音声がオススメかは、下記動画で解説しています。
読書と違って、音声には「人の感情や考え方を、大きく変える力」があると思っています。

移動中に音楽を聞くのは、わりと時間の無駄ですよ。
音声インプットにて、効率重視していきましょう。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。