Written by Manabu Bannai

【宣言】僕がお酒をやめる理由【ハイネケンが大好きでした/依存削除】

LIFE

こんにちは、マナブです。
毎晩のように、お酒をガブ飲みしてきました。

そして、先日に下記のツイートをしました。

上記のとおり、お酒をやめようと思います。
失敗したら、Twitterで謝罪します。たぶん成功します。

僕がお酒をやめる理由【ハイネケンが大好きでした】


結論は「無駄だから」です。

悲報:飲んでも酔わない

僕がお酒を飲む理由は「酔うため」でした。

わりと「仕事人間」な生き方なので、お酒とかで思考停止しないと、ずっとビジネスのことを考えちゃうんですよね。

なので、夜になったらお酒を飲み、とりあえず「リセット」という感じでした。

飲んでも酔わず、量が増える

最近の悩みとして、お酒を飲んでも酔わない状態でした。

今までは1〜2杯でほろ酔いだったのですが、最近は2杯でもシラフ。
そして、足りないなと思って3杯目を飲むと、少しだけ酔います。

しかし、翌朝の目覚めが悪くなります。

お酒を飲んでも、アイデアが湧かない

僕がお酒を飲む理由のもう1つが「アイデア」でした。
飲んでいると、たまに「ひらめく」というタイミングがあるんですよね。

悲報:飲んでなくても、閃いていた説

しかし、ぶっちゃけ「20回ほど飲んで、閃きは1回」という感じでした。
少ないですよね。なので、無駄な気がしてきました。

あと、さらに言うと「別に飲まなくても、アイデアは湧いてきたんじゃないか…」と思ったりです。

なので、お酒に頼らず、読書とかして、脳ミソに刺激を与えたいと思います。

飲まなかったら、すこぶる快調

というわけで、まだお酒を辞めて2日目なのですが、体調が良いです。
とにかく、朝の寝起きがいいですね。

ここ最近は「起きる→二度寝→頭がぼーっとする→コーヒーで目覚める」という感じだったのですが、お酒を抜いたら、気分爽快でした。

ちなみに、禁酒という言葉は良くない

余談ですが、僕は「禁酒する」という訳じゃないです。

飲み会に行くなら、飲んでもいいかなと思っています。とはいえ、最近は「飲み会が2ヶ月に1回」とかの頻度なので、わりと飲む機会は激減。

そして「禁酒」という言葉の「禁」という言葉が好きじゃないです。
人間は、なにか「ダメ」と言われると、逆にやりたくなるんですよね。

なので、僕は「お酒をやめる」と言います。

思考停止して、飲むのをやめよう

というわけで、酒飲みに伝えたいことがあります。
それは「思考停止して、習慣として飲むのはやめよう」ということです。

ぶっちゃけ、僕にとってのお酒は「習慣」でした。
休肝日とかもなく、毎晩のように晩酌です。量は少なめでしたが、控えめにいって無駄ですよね。

徐々に、お酒の変わりを探してみる

お酒をやめるので、なにか他のことに投資しようかなと思っています。

例えば「ハーブティー」とか良くないですかね。
寝る前とかに飲んだら、リラックスできそうです。

寝る前のスマホもやめる

あと、これも余談ですが、23時以降のスマホ操作もやめます。
僕は「寝る直前まで、圧倒的にスマホ操作する」という生き方でしたが、これも良くないかなと。

23時にアラームをセットしておいて、これが鳴ったら、絶対にスマホ操作を禁止します。

唯一の例外は、FXトレードをしている場合です。
トレードが終わり次第、すぐにスマホを閉じます。そして寝る準備に入ります。

お酒をやめるのは、簡単な理由【依存の消し方】


わりとお酒が好きでしたが、すぐに辞めれると思っています。
方法は簡単で、下記を実施します。

  • その①:自己洗脳する
  • その②:周りに宣言する
  • その③:環境を整える

この3つで、ほぼ確実です。

もしお酒を飲んでしまったら、Twitterにて謝罪します。
しかし、そういった未来はないでしょう。

その①:自己洗脳する

まずは自己洗脳していきます。
例えば下記のイメージですね。

  • お酒の無駄さを調べる
  • 断酒したイケメンを探す

上記です。基本的にお酒ってそこまでメリットがないはずなので、ここを調べていきます。

あとは、断酒したイケメンを探すのも大切ですね。要するに「自分が憧れる人で、断酒している人を探す」という感じ。

僕はテック系の人が好きなので、例えば「お酒を飲んでいない経営者を探す」とかですかね。

ちなみに、最近のトレンドだと「お酒よりも、マインドフルネス」といった価値観ですよね。飲まずに瞑想するのもいいですね。

その②:周りに宣言する

ここも大切。というか、最重要かもです。

僕は「お酒をやめます」という宣言を「ブログ&Twitter」でしています。このように宣言してしまうと、後に引けないんですよね。

この方法は、僕が昔から愛用している方法です。

お酒に限らず、例えばプログラミング学習とかでも応用できます。学習を始めつつ、それと同時に「エンジニア目指すわ」と友人とかに宣言するだけ。

宣言すると、情報が集まる

もう少しエンジニアを例に、話します。
仮にあなたが「エンジニアになる」と宣言すると、身の回りから「あいつはエンジニアを目指しているんだな」と認知されます。

そして友人が、たまたま飲み会とかでエンジニアに会ったりすると、あなたに対して「最近エンジニアの人と飲んだんだけど、今度紹介しようか」といった話が入ってきたりします。

要するに「宣言すると、情報が集まってくる」という状態です。
禁酒を宣言すると、禁酒ノウハウが集まるなど、です。

その③:環境を整える

最後にやるべきは「身の回りから、お酒の排除」です。
僕は「よし、お酒をやめよう」と決めた日から、お酒を捨てました。中身が入っていても、容赦なく捨てます。

モッタイナイかもですが、確実に効果ありです。

あと、いったん捨てることで「また買うときに、大きく躊躇する」という心境になります。要するに「1回捨てたのに、、、また買うとか最低だな」と自己嫌悪になりますよね。

これが効果ありです。

補足:宣言すると、環境も整う

先ほどに「周りに宣言しよう」と書きました。
ここには、下記のメリットがあります。

  • 宣言する場合 → 飲み会に誘われない
  • 宣言しない場合 → 飲み会に誘われる

上記ですね。職場とかで宣言しておけば、たぶん「上司や同僚が、あなたを誘いづらくなる」という状況になります。

飲み会がメンドイなら、とりあえず断酒宣言してもいいかもですね。

筋トレしつつ、健康的に生きていく

というわけで、健康的に生きようと思います。
お酒を飲むよりも、筋トレに励んだ方がいいですね。

筋トレを始めて約1年ですが、驚くほどに体が強くなりました。元々は病弱だったのですが、最近は風邪をひきません。

しかし、たまに「朝の頭痛」があったのですが、これはお酒を辞めたら消えそうかなと思っています。

最近は健康ブームな感じもあるので、一足先に、僕は断酒していこうと思います。というわけで、以上にします。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】