Written by Manabu Bannai

【2018年版】エンジニアがマーケティングを学ぶ重要性+学習手順

PROGRAMMING

マーケティングを学ぼうと思っているエンジニア「エンジニアがマーケティングを学ぶ重要性を知りたい。 エンジニアでもマーケティングを学ぶべき、みたいな話があるけど、じゃあ、何から始めたらいいんだろう? ブログを書くにしても、ぶっちゃけ何から書けばいいかわからないし、、、はたしてどうすべきだろうか…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • エンジニアがマーケティングを学ぶ重要性とは
  • エンジニアがマーケティングを学習する手順とは
  • マーケティングを学びたいエンジニアにおすすめな本5冊

この記事を書いている僕は、エンジニア兼マーケター歴が5年ほど。
プログラミングだとWordPress案件を中心に月100万くらいを稼いだ経験があり、マーケティングだとこのブログからの収入が月100万円を越えています。

こういった事実から、エンジニアとマーケティングにある程度は詳しいと言えると思いますが、本記事では「エンジニアがマーケティングを学ぶ重要性+学習手順」を解説していきます。

「エンジニアならひたすら技術を追い求めるべきだ」という意見にも賛成ですが、現実的に「年収を上げる手段」としてはマーケティングはありです。その理由を記事で解説します。

スポンサードサーチ


エンジニアがマーケティングを学ぶ重要性とは


それは、「自分の価値を高め、収入を増やすため」です。

技術だけじゃ、年収は上がりづらい

技術はコモディティ化します。
コモディティ化とは、要するに「テンプレ化され、自動化される」という意味です。

技術がコモディティ化すると、その分野にいるエンジニアの収入は下がります。

じゃあ、エンジニアがダメかというと、、、全然そうじゃない。 現代において「エンジニア需要は高い&今後も需要は継続する」ので、エンジニアというポジションにいることは重要です。

こういった状況だと、大半のエンジニアは「新しい技術を学び続ける」という選択をするのですが、それでもいいですが、一歩引いて「マーケティング」を学ぶのもありかなと思っています。

技術でも食べれるけど、マーケティングがある方が強い

繰り返しですが、マーケティングを学ぶことで、収入が伸びます。
具体的な伸び方は下記のとおりでして、すこし抽象的ですが、僕の実体験です。

  • 技術情報を発信する
  • →ブログのアクセスが増える
  • →開発の相談が入るので、受注する
  • →自分で手を動かして、納品する ※ここで収入UP
  • →継続して発信する
  • →開発の相談が入り続ける
  • →キャパオーバーするので、友人に仕事を流す
  • →紹介料を貰える ※ここで自動化収入が生まれる

上記の感じでして、「エンジニア×発信」のポジションをとると、技術的な内容に関する相談が増えていきます。

自分で受注してもいいですが、キャパオーバーになりそうでしたら、友人とかに仕事を流せばOK。すると、紹介料という、一種の不労所得みたいなものが生まれますからね。

マーケティングすることで信頼が蓄積される

学ぶことでというより、発信という言葉の方がわかりやすいかもです。

良質な情報を発信することで、「あぁ、◯◯さんは信頼できるなぁ」と思われますので、ここが最重要です。今風の言葉を使うなら、「信頼を貯金している」という感じです。

具体例:あなたはどちらに「技術的な相談」をしますか?

  • Aさん:エンジニアとして勤務
  • Bさん:エンジニアとして勤務&発信している

大半の人は「Bさん」を選ぶはずでして、その理由は「普段からの発信をみて、Bさんは信頼できそうだな」と考えているから。

あと、仮にBさんの専門分野がRailsだったとしても、デザインの相談が入ったりもします。これは僕の経験からわかることですが、「技術的に信頼できる人は、その周りにも良質な人材がいるはずだ…」という認識が生まれるからですね。

ここをシンプルな言葉で解説すると、「情報を発信する人に情報が集まってくる」ということです。

エンジニアがマーケティングを学習する手順とは


結論は、下記の僕のTweetのとおりです。

  • ①まずはブログ構築
  • ②専門分野をわかりやすく発信する
  • ③自分の商品を作成し販売する

順番にみてきましょう。

①まずはブログ構築

発信の母体です。  たまに「ブログじゃなくて、Qiitaでもいいですか?」と質問を受けるけど、Qiitaじゃダメです。

Qiitaだと、どうしても匿名感が出ちゃうので、発信してもあなたに信頼が貯まりづらいので。下記記事のとおり、WordPressでブログ構築しましょう。
» WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説

あと、ブログとセットで、SNSアカウントも作るべきでして、エンジニア系の発信ならTwitterで良いかなと。

なお、「個人でブログやSNSアカウントを持っていない=インターネット世界に存在していないこと」と同義なので、まじで必須ですよ。

かつ、個人ブログやSNSアカウントは「あなたの信頼の貯め先」になりますので、写真とかはある程度は綺麗なものを選ぶこと。 よくある失敗例は「身内しかわからないネタみたいな写真/フリー素材/暗い写真」とかです。

発信のうまいエンジニアアカウント3選

  • マナブ(@ @manabubannai ):スイマセン僕です。でも、わりとうまい方だと思うので、フォローすれば参考になるはずです。微妙ならリムーブしてください。
  • Daiさん( @never_be_a_pm):発信もうまいですし、バズらせ方もうまい。うますぎて参考になりすぎるアカウントです。フォロー必須。
  • ユーヘーさん(@katayamada_Y ):マーケティングとかをあまり考えずに発信してるけど、とても発信がうまいアカウントです。ユーヘーさんの空気感を盗みましょう。

②専門分野をわかりやすく発信する

ここは人によって異なりますよね。

僕の場合だと「WordPress × SEO」という案件が多かったです。 具体的には、下記の感じで発信をしてきました。

上記の感じで、自分の専門分野をわかりやすく発信します。
なお、これらの3記事で、合計1,000万円以上は売り上げました。こういった記事を発信すると、ここから相談が入りますので。ブログ記事は偉大ですね。 もしあなたの専門分野が「Rails」とかなら、その分野で発信すればOKです

記事の書き方としては「ペルソナ明確化」と「きれいな文章構成」が大切でして、このあたりのノウハウは下記の記事で解説しています。

上記2本をじっくり読みつつ、1年くらい発信を続けたら、まじで人生変わりますよ。

③自分の商品を作成し販売する

発信をしつつ、「自分の商品」を作りましょう。

僕が販売している商品

  • Web制作パッケージ:単発20万円〜
  • コンサルパッケージ:月額20万円〜

上記の感じでして、セットで販売することが多いです。
制作で20万+月額20万円とかもらえば、普通に暮らしていけますので。 Railsとかなら、「制作+保守」とかで販売すればいいかなと思います。

なお、こういった話をすると「たしかに分かったけど、、、大変そうだし、、、売れなさそうだなぁ…」という人が大半ですが、それだと豊かになれませんので。

動く or 動かないは個人の自由ですが、自分の商品を作らない限り「会社に所属しないと稼げない人生」が待っております。 僕は商品を作ることをおすすめしますよ。

ちなみに、このあたりの商品作成においては「Web制作で「売れやすい料金表」を作る方法【稼ぐための心理の話】」も参考にどうぞ。 僕がどうやって商品を作り、販売したかを解説しています。

マーケティングを学びたいエンジニアにおすすめな本5冊


ここはオマケ的なコンテンツです。
マーケティングの基本的な考え方は、本とかで網羅的に学ぶと効率的です。 5冊くらい、僕のおすすめを掲載しておきます。

その①:100円のコーラを1000円で売る方法

マーケティング全般を学べます。

簡単な例としては、雪山でのカップラーメンですね。
コンビニでカップ麺を買ったら100円くらいですが、雪山だったら300円くらいになります。

そんなの当たり前じゃんって言われそうですが、モノが売れない人は、このあたりを理解していませんので、本書を読みつつ勉強すべきです。

その②:USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

USJの売上を爆発的に伸ばした天才マーケターの本。数学マーケティングがわかり易く解説されてるので、マーケティングへの興味関心が高まるはず。

その③:沈黙のWebマーケティング

Webマーケティングの全般知識を学べます。同じシリーズで「沈黙のWebライティング」という本もあるけど、エンジニアなら別に読まなくてもいいかなと思っています。

とはいえ、「沈黙のWebライティング」もおもしろいので、本書が気に入ったら読んでみるのもありです。
» 沈黙のWebライティング

その④:これからはじめる SEO内部対策の教科書

Webで生きていくなら、Web業界を牛耳っているGoogle先生のSEO知識も学ぶべき。

本書はすこし古いですが、技術的な内容も解説されており、エンジニア層なら、わりかし楽しんで読めるかなと思います。

その⑤:ツイッターのフォロワーを3ヶ月で3,000人ほど増やした方法

これは書籍じゃないのですが、、、とはいえ必読Noteです。
現代のマーケティングならSNSは欠かせないので、フォロワーは伸ばしておくべきです。

フォロワーを増やす方法はシンプルでして「良質な情報を発信すること」なのですが、この点を深掘りして解説しているNoteになります。

なお、このNoteとセットで、下記もご覧いただけると、より理解が深まるかなと思います。
» Twitterでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】

とういうわけで今回は以上です。
まずはブログを構築してから、継続的に発信し、自分の価値を高めていきましょう。

人気記事無料あり:エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社