Written by Manabu Bannai

PHPでプライベートメッセージ機能を作成する方法【ちょっと長いです】

PHP PROGRAMMING

PHPでプライベートメッセージ機能を作る方法です。

PHP Tutorial: Private Message Systemという英語チュートリアルをみつつ、若干バグがあったので修正しつつまとめました。

» 動作確認(ソース元のYoutubeからご覧ください)
» コード(Githubからダウンロードできます)

いわゆるFacebookメッセンジャーの簡易版です。コードを応用すれば、サイト内メッセージ機能のあるWebサービスが作れます。

PHP製:プライベートメッセージ機能の仕様

  • 1対1のプライベートメッセージ(チャット)機能
  • 複数人のチャット機能
  • 会員登録機能

記事の難易度は中級者向け。とくにSQLがちょい複雑なので頑張りましょう。

尚、チュートリアルを理解するコツとしては、実際に手を動かすこと。コードを書いてみてください。コピペでもいいのですが、実際に書いたほうが理解しやすいはずです。

また、コードを見ても分からな部分は、[var_dump]でひたすらデバッグしましょう。実際の動作をみつつ、コードを見比べると理解しやすいです。

前置きはこれくらいで、さっそく見ていきましょう。

もくじ

スポンサードサーチ


1.PHPプライベートメッセージ機能のフォルダ設計をする

下記のとおりです。

index.php
	/core
		init.php
	/function
		message.php
		user.php
	/pages
		inbox.php
		login.php
		logout.php
		new_conversation.php
		view_conversation.php

各種ファイルがどういった役割を果たすのかは、順を追って説明していきます。

2.テンプレートシステムを作成する

まずはテンプレートシステムを作っていきます。index.phpを読み込むと、条件に応じで最適な画面が出力される仕組みです。

※SEOに疑問をお持ちの方へ
メッセージ機能においてはSEO対策は不要ですので、本記事はSEOには触れていません。

2−1.メッセージシステムの核となるindex.phpを作成する(新規作成ファイル:index.php

<?php
include('core/init.php');
?>
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<title>PHP:メッセージシステム</title>
</head>
<body>
<h1>PHP:メッセージシステム</h1>
<?php
	// ここでテンプレートファイルを読み込む。$include_fileは後ほど作成します。
	include($include_file);
?>
</body>
</html>

2−2.core/init.phpを作成する(新規作成ファイル:core/init.php

<?php
$core_path = dirname(__FILE__);

// GETのパラメータで指定されたファイル名がcore/pagesのフォルダ内にあるかを調べる(セキュリティ対策用)
$file_exists = file_exists("{$core_path}/pages/{$_GET['page']}.php");

// GETのパラメータでpageがない場合 or 指定されたファイルが存在しない場合はリダイレクト
if (empty($_GET['page']) || $file_exists == false ) {
	header('Location: index.php?page=inbox');
}
// GETのパラメータ(?page=hogehoge)で指定されたファイルを自動的に読み込む為のスクリプト
$include_file = "{$core_path}/pages/{$_GET['page']}.php";

以上で、超簡易的なテンプレートシステムが完了しました。

  • index.php?page=inbox.php
    core/pages/inbox.phpが読み込まれます
  • index.php?page=new_conversation.php
    core/pages/new_conversation.phpが読み込まれます
  • index.php?page=spam.php
    core/pages/inbox.phpが読み込まれます

3.会員登録機能を作成する

会員登録機能を作っていきましょう。このあたりはアッサリと解説しています。

3−1.ユーザーテーブルを作成する

DB名はpm_simpleとしました。

CREATE TABLE `users` (
  `user_id` int(8) NOT NULL,
  `user_name` varchar(20) NOT NULL,
  `user_password` varchar(60) NOT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;
ALTER TABLE `users`
  ADD PRIMARY KEY (`user_id`);
ALTER TABLE `users`
  MODIFY `user_id` int(8) NOT NULL AUTO_INCREMENT;

3−2.ユーザーデータを入れる

パスワードはpassとしています。

INSERT INTO `users` (`user_id`, `user_name`, `user_password`) VALUES
(1, 'manabu', '$2y$10$GWCPe6X9xaz.CgZLXwShtuFlNGD8kkAT.Ot6bbnnpF/LSWvDqkKCO');

3−3.ログインしていないユーザーがloginページにアクセスした場合のリダイレクト処理を作成する(編集ファイル:core/init.php

session_start();
if (empty($_SESSION['user_id']) && $_GET['page'] != 'login') {
	header('HTTP/1.1 403 FOrbidden');
	header('Location: index.php?page=login');
	die();
}

3−4.ログインフォームを作成する(編集ファイル:core/pages/login.php


上記がイメージ図です。ダサいですが、コードをシンプルにするためですので我慢してください。

<h2>ログイン</h2>
<form action="" method="post">
	<input type="text" name="user_name" placeholder="ユーザー名">
	<input type="password" name="user_password" placeholder="パスワード">
	<input type="submit" value="ログイン">
</form>

3−5.ユーザー認証機能を作成する(編集ファイル:core/init.php

// まずはDBへ接続
$host = "localhost";
$username = "root";
$password = "root";
$dbname = "pm_simple";
$mysqli = new mysqli($host, $username, $password, $dbname);
if ($mysqli->connect_error) {
	error_log($mysqli->connect_error);
	exit;
}

// ユーザー認証機能
include("{$core_path}/function/user.php");
if (isset($_POST['user_name'], $_POST['user_password'])) {
	if (validate_credentials($_POST['user_name'], $_POST['user_password'], $mysqli) === true ) {
		header('Location: index.php?page=inbox');
	} else {
		echo "ユーザー名とパスワードが一致しません。";
	}
}

3−6.validate_credentialsを作成する(編集ファイル:core/function/user.php

下記のとおり。尚、このあたりがよく分からない方は、【PHP7対応】ログイン・会員登録機能を作る方法【2016年版】をご覧ください。ちょっとメンドイかもですが、急がば回れです。

function validate_credentials($username, $password, $mysqli) {
	$username = $mysqli->real_escape_string($username);
	$password = $mysqli->real_escape_string($password);

	$sql = "SELECT
					user_id, user_name, user_password
				FROM
					users
				WHERE
					user_name = '$username'";
	$result = $mysqli->query($sql);

	if ($result->num_rows != 1) {
		return false;
	}

	// パスワード(暗号化済み)とユーザーIDの取り出し
	while ($row = $result->fetch_assoc()) {
		$db_hashed_pwd = $row['user_password'];
		$user_id = $row['user_id'];
	}

	// ハッシュ化されたパスワードがマッチするかどうかを確認
	if (password_verify($password, $db_hashed_pwd)) {
		$_SESSION['user_id'] = $user_id;
		return true;
	} else {
		return false;
	}

}

以上で、会員登録機能が完成しました。ログインページから、ID:manabu, パスワード:passでログインできます。

4.PHPプライベートメッセージ機能に利用するDB設計をする

ここからが本番です。PHPのプライベートメッセージ機能には3つのテーブルを利用します。

4−1.conversationテーブルを作成する

カンバセーションIDとカンバセーションタイトルを保存するためのDBです。

CREATE TABLE `conversations` (
  `conversation_id` int(8) NOT NULL,
  `conversation_subject` varchar(128) NOT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;
ALTER TABLE `conversations`
  ADD PRIMARY KEY (`conversation_id`);
ALTER TABLE `conversations`
  MODIFY `conversation_id` int(8) NOT NULL AUTO_INCREMENT;

4−2.conversations_membersテーブルを作成する

カンバセーションIDとユーザーIDを紐付けるためのDBです。尚、conversation_last_viewはメッセージの既読 or 未読判定に利用し、conversation_deletedはメッセージ削除機能に利用します。

CREATE TABLE `conversations_members` (
  `conversation_id` int(8) NOT NULL,
  `user_id` int(8) NOT NULL,
  `conversation_last_view` int(10) NOT NULL,
  `conversation_deleted` int(1) NOT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

4−3.conversations_ membersテーブルのconversation_ idとuser_idをユニークにする ※


phpmyadminから、indexの部分を選択します。
 


上記のように設定します。

4−4.conversations_messagesテーブルを作成する

カンバセーションIDとユーザーIDを紐付けるつつ、メッセージ本文を保存するDBです。

CREATE TABLE `conversations_messages` (
  `message_id` int(10) NOT NULL,
  `conversation_id` int(8) NOT NULL,
  `user_id` int(8) NOT NULL,
  `message_date` int(10) NOT NULL,
  `message_text` text NOT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

ALTER TABLE `conversations_messages`
  ADD PRIMARY KEY (`message_id`);
ALTER TABLE `conversations_messages`
  MODIFY `message_id` int(10) NOT NULL AUTO_INCREMENT;

以上で、PHPプライベートメッセージ機能に利用するDB設計が完了しました。尚、「日本語でOK」って感じで離脱しそうな方はご安心を。現在は抽象的な部分ですが、実際に手を動かして、データを見つつ進めれば混乱がなくなるかと思います。

5.新規メッセージの送信フォームとバリデーションを作成する

それではメッセージ機能を動かしていきましょう。

5−1.新規メッセージ送信フォームを作成する(編集ファイル:core/pages/new_conversation.php

<form action="" method="post">
	<input type="text" name="to" placeholder="To">
	<br>
	<input type="text" name="subject" placeholder="件名">
	<br>
	<textarea name="body"></textarea>
	<br>
	<input type="submit" value="送信する">
</form>

5−2.新規メッセージ送信フォームのバリデーション機能を作成する(編集ファイル:core/pages/new_conversation.php

<?php
// フォームの送信ボタンが押された時に下記を実行
if (isset($_POST['to'], $_POST['subject'], $_POST['body'])) {

	$errors = array();

	// 宛名の入力ミスがある場合
	if (empty($_POST['to'])) {
		$errors[] = "宛先を追加してください。";
	} else if (preg_match('#^[a-z, ]+$#i', $_POST['to']) === 0 ) {
		$errors[] = "宛名が間違っています。";
	} else {

		// 下記より、複数ユーザーへのメッセージ送信用の処理
		// ユーザー名を「,」で区切る
		$user_names = explode(',', $_POST['to']);
		foreach ($user_names as $name) {
			$name = trim($name);
		}

		$user_ids = fetch_user_ids($user_names, $mysqli);
		if (count($user_ids) !== count($user_names)) {
			$errors[] = "次のユーザーが見つかりません:" . implode(', ', array_diff($user_names, array_keys($user_ids)));
		}
	}

	if (empty($_POST['subject'])) {
		$errors[] = "件名を入力してください。";
	}
	if (empty($_POST['body'])) {
		$errors[] = "本文を入力してください。";
	}

	if (empty($errors)) {
		// エラーのない場合
		echo "エラーはありません。あとでメッセージ送信機能を作ります。";
	}

}

if (isset($errors)) {
	if (empty($errors)) {
		// サクセスメッセージ
		echo "メッセージを送信しました" . "<a href='index.php?page=inbox'>受信箱に戻る</a>";
	} else {
		foreach ($errors as $error) {
			echo $error;
		}
	}
}
?>

5−3.fetch_ user_idsのファンクションを作成する(編集ファイル:core/function/user.php

function fetch_user_ids($user_names, $mysqli) {

	foreach ($user_names as $name) {
		$name = $mysqli->real_escape_string($name);
	}

	$implode_username = implode("','", $user_names);

	$sql = "SELECT
					user_id, user_name
				FROM
					users
				WHERE
					user_name
				IN
				 ('" . $implode_username . "')";
	$result = $mysqli->query($sql);

	$names = array();
	while ($row = $result->fetch_assoc()) {
		$names[$row['user_name']] = $row['user_id'];
	}
	return $names;
}

5−4.補足:バリデーションエラーが発生しても、入力内容を保持する(編集ファイル:core/pages/new_conversation.php

<form action="" method="post">
	<input type="text" name="to" placeholder="To" value="<?php if(isset($_POST['to'])) { echo htmlentities($_POST['to']); } ?>">
	<br>
	<input type="text" name="subject" placeholder="件名" value="<?php if(isset($_POST['subject'])) { echo htmlentities($_POST['subject']); } ?>">
	<br>
	<textarea name="body" value="<?php if(isset($_POST['body'])) { echo htmlentities($_POST['body']); } ?>"></textarea>
	<br>
	<input type="submit" value="送信する">
</form>

以上で、新規メッセージ送信フォームをバリデーションが完成しました。

6.新規メッセージ送信機能を作成する

つづいて新規メッセージ送信機能をつくっていきますよ。

6−1.新規メッセージ送信用のスクリプトを追加する(編集ファイル:core/pages/new_conversation.php

if (empty($errors)) {
	// エラーのない場合
	// echo "エラーはありません。あとでメッセージ送信機能を作ります。";
	create_conversation(array_unique($user_ids), $_POST['subject'], $_POST['body'], $mysqli);
}

6−2.create_conversationのファンクションを作成する(編集ファイル:core/function/message.php

<?php

function create_conversation($user_ids, $subject, $body, $mysqli) {
	$subject = $mysqli->real_escape_string(htmlentities($subject));
	$body = $mysqli->real_escape_string(htmlentities($body));

	// conversationsテーブルに情報を挿入する
	$sql = "INSERT INTO conversations (conversation_subject) VALUES ('$subject')";
	$result = $mysqli->query($sql);

	// conversationsテーブルへ最後に挿入したIDを取得する
	$conversation_id = mysqli_insert_id($mysqli);

	$sql = "INSERT INTO
				conversations_messages (
					conversation_id,
					user_id,
					message_date,
					message_text
				)
				VALUES (
					$conversation_id,
					{$_SESSION['user_id']},
					UNIX_TIMESTAMP(),
					'$body')";
	$result = $mysqli->query($sql);

	// conversations_mmbersテーブルに情報を挿入する
	// 下記は複数ユーザーに対応するための処理
	$values = array();
	$user_ids[] = $_SESSION['user_id'];
	$time = time();

	foreach ($user_ids as $user_id) {
		$user_id = (int) $user_id;
		$values[] = "($conversation_id, $user_id, $time, 0)";
	}

	$sql = "INSERT INTO
				conversations_members (
				conversation_id,
				user_id,
				conversation_last_view,
				conversation_deleted)
			VALUES " . implode(", ", $values);

	$result = $mysqli->query($sql);

}

6−3.新規メッセージ送信をinitファイルで読み込む(編集ファイル:core/init.php

<?php
include("{$core_path}/function/message.php");

以上で、メール送信機能が完成しました。やったね。

7.受信したメッセージをリスト形式で一覧表示する機能を作成する

いわゆる受信ボックスページですね。

7−1.fetch_ conversation_summeryのファンクションを作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function fetch_conversation_summery($mysqli) {
	// [メモ] DB選択のイメージ図: https://manablog.org/wp-content/uploads/2017/01/pm_php_db.jpg
	$sql = "SELECT
			conversations.conversation_id,
			conversations.conversation_subject,
			MAX(conversations_messages.message_date) AS conversation_last_reply

			FROM conversations
			-- conversations.conversation_idとconversations_messages.conversation_idを結合
			-- JOIN の左側のテーブル(conversations)のデータは基本的に全て表示します
			LEFT JOIN conversations_messages
			ON
				conversations.conversation_id = conversations_messages.conversation_id

			-- conversations.conversation_id とconversations_members.conversation_idを結合
			-- 左右両方のテーブルで対応するデータが存在するものしか表示しません。
			INNER JOIN conversations_members
			ON
				conversations.conversation_id = conversations_members.conversation_id

			WHERE
				conversations_members.user_id = {$_SESSION['user_id']}
			AND
				conversations_members.conversation_deleted = 0

			-- どのカラムを対象にグループ化するのかを指定
			GROUP BY
				conversations.conversation_id

			ORDER BY
				conversation_last_reply DESC;";

	$result = $mysqli->query($sql);
	$conversations = array();

	while ($row = $result->fetch_assoc()) {
		$conversations[] = $row;
	}
	return $conversations;

}

7−2.fetch_ conversation_summery機能でinboxページにメッセージを表示する(編集ファイル:core/pages/inbox.php

<?php
$conversations = fetch_conversation_summery($mysqli);
var_dump($conversations);
?>
<a href="index.php?page=new_conversation">新規メッセージ</a>
<a href="index.php?page=logout">ログアウト</a>

<?php foreach ($conversations as $conversation) { ?>

<div>
	<p><a href=""><?php echo $conversation['conversation_subject'] ?></a></p>
	<p><small>Last Reply: <?php echo date('y/m/d H:i:s', $conversation['conversation_last_reply']) ?></small></p>
</div>
<?php } ?>

7−3.未読メッセージを太字にするファンクションを追加する(編集ファイル:core/function/message.php

さきほど書いたクエリ文をすこし変更します。

$sql = "SELECT
			conversations.conversation_id,
			conversations.conversation_subject,
			MAX(conversations_messages.message_date) AS conversation_last_reply,
			MAX(conversations_messages.message_date) > conversations_members.conversation_last_view AS conversation_unread

7−4.未読メッセージにはクラスを自動追加する(編集ファイル:core/pages/inbox.php

<style type="text/css">
.unread{font-weight:bold;}
</style>
<div class="<?php if ($conversation['conversation_unread']) { echo 'unread'; } ?>">
<p><a href=""><?php echo $conversation['conversation_subject'] ?></a></p>
<p><small>Last Reply: <?php echo date('y/m/d H:i:s', $conversation['conversation_last_reply']) ?></small></p>
</div>

7−5.inboxページにメッセージがない場合のエラー表示を作成する(編集ファイル:core/pages/inbox.php

$conversations = fetch_conversation_summery($mysqli);
if (empty($conversations)) {
	$errors[] = "メッセージがありません";
}
if (!empty($errors)) {
	foreach ($errors as $error) {
		echo $error;
	}
}

以上で、受信したメッセージをリスト形式で一覧表示する機能が完成しました。

8.受信したメッセージの削除機能を作成する

メール削除機能です。別になしでもいいかなという部分ですが、解説していきます。

8−1.メッセージ一覧表示ページに削除ボタンを追加する(編集ファイル:core/pages/inbox.php

<div class="<?php if ($conversation['conversation_unread']) { echo 'unread'; } ?>">
	<p>
		<a href="index.php?page=inbox&amp;delete_conversation=<?php echo $conversation['conversation_id'] ?>">[x]</a>
		<a href=""><?php echo $conversation['conversation_subject'] ?></a>
	</p>
	<p>Last Reply: <?php echo date('y/m/d H:i:s', $conversation['conversation_last_reply']) ?></p>
</div>

8−2.削除ボタンのバリデーションと削除機能を作成する(編集ファイル:core/pages/inbox.php

<?php
$errors = array();

if (isset($_GET['delete_conversation'])){
	if (validate_conversation_id($_GET['delete_conversation'], $mysqli) === false ) {
		$errors[] = "削除IDエラーが発生しました。";
	}
	if (empty($errors)) {
		delete_conversation($_GET['delete_conversation'], $mysqli);
	}
}

8−3.validate_ conversation_ idを作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function validate_conversation_id($conversation_id, $mysqli) {
	$conversation_id = (int)$conversation_id;
	$sql = "SELECT COUNT(1)
				FROM conversations_members
				WHERE conversation_id = {$conversation_id}
				AND user_id = {$_SESSION['user_id']}
				AND conversation_deleted = 0";

	$result = $mysqli->query($sql);
	if ($result->num_rows === 1) {
		return true;
	}
}

8−4.delete_ conversationを作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function delete_conversation($conversation_id, $mysqli) {
	$conversation_id = (int)$conversation_id;

	// conversation_deletedを選択する(DISTINCTはグループメッセージに対応する為に挿入)
	$sql = "SELECT DISTINCT conversation_deleted
				FROM conversations_members
				WHERE conversation_id = {$conversation_id}
				AND user_id != {$_SESSION['user_id']}";
	$result = $mysqli->query($sql);

	// conversation_deletedのフラグ(1 or 0)を取得する
	while ($row = mysqli_fetch_assoc($result)) {
		$conversation_deleted = $row['conversation_deleted'];
	}

	if ($result->num_rows === 1 && $conversation_deleted == 1) {
		// 全てのメッセージを完全消去
		$sql01 = "DELETE FROM conversations WHERE conversation_id = {$conversation_id}";
		$sql02 = "DELETE FROM conversations_members WHERE conversation_id = {$conversation_id}";
		$sql03 = "DELETE FROM conversations_messages WHERE conversation_id = {$conversation_id}";

		$mysqli->query($sql01);
		$mysqli->query($sql02);
		$mysqli->query($sql03);
	} else {
		// conversation_deletedのフラグだけアップデート(データは残る)
		$sql = "UPDATE conversations_members
					SET conversation_deleted = 1
					WHERE conversation_id = {$conversation_id}
					AND user_id = {$_SESSION['user_id']}";
		$mysqli->query($sql);
	}

}

以上で、受信したメール削除機能が完成しました。

9.受信したメッセージ詳細を表示する機能を作成する

メッセージ表示画面をつくっていきましょう〜。

9−1.メール一覧ページからメール詳細ページへのリンクを動かす(編集ファイル:core/pages/inbox.php

<p>
	<a href="index.php?page=inbox&amp;delete_conversation=<?php echo $conversation['conversation_id'] ?>">[x]</a>
	<!-- 下記の部分を追加 -->
	<a href="index.php?page=view_conversation&amp;conversation_id=<?php echo $conversation['conversation_id'] ?>"><?php echo $conversation['conversation_subject'] ?></a>
</p>

9−2.メール詳細ページのフロントエンドを作成する(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

<?php
$errors = array();

// エラーがないか、true or falseで返す
$valid_conversation = (isset($_GET['conversation_id']) && validate_conversation_id($_GET['conversation_id'], $mysqli));

if ($valid_conversation === false) {
	$errors[] = "IDエラーが発生しました";
}
if (!empty($errors)) {
	foreach ($errors as $error) {
		echo $error;
	}
}

if ($valid_conversation) {
$messages = fetch_conversation_messages($_GET['conversation_id'], $mysqli);
?>

<a href="index.php?page=inbox">受信ボックス</a>
<a href="index.php?page=logout">ログアウト</a>
<!-- メッセージを下記に表示(あとから作成する) -->

<?php } ?>

9−3.fetch_ conversation_messages機能を作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function fetch_conversation_messages($conversation_id, $mysqli) {
	$conversation_id = (int)$conversation_id;

	$sql = "SELECT
				conversations_messages.message_date,
				conversations_messages.message_text,
				users.user_name
				FROM conversations_messages
				INNER JOIN users ON conversations_messages.user_id = users.user_id

				WHERE conversations_messages.conversation_id = {$conversation_id}
				ORDER BY conversations_messages.message_date DESC";

	$result = $mysqli->query($sql);
	$messages = array();

	while ($row = $result->fetch_assoc()) {
		$messages[] = $row;
	}
	return $messages;
}

9−4.メール詳細ページにメール本文を表示する(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

if ($valid_conversation) {
	$messages = fetch_conversation_messages($_GET['conversation_id'], $mysqli);
	?>

	<a href="index.php?page=inbox">受信ボックス</a>
	<a href="index.php?page=logout">ログアウト</a>

	<?php foreach ($messages as $message) { ?>
		<p><?php echo $message['user_name'] ?>(<?php echo date('y/m/d H:i:s', $message['message_date']) ?>)</p>
		<p><?php echo $message['message_text'] ?></p>
	<?php } // End of foreach

} // End of if ?>

9−5.未読メッセージを判別する機能を作成する(編集ファイル:core/function/message.php

<!-- クエリ文を変更する -->
$sql = "SELECT
				conversations_messages.message_date,
				conversations_messages.message_date > conversations_members.conversation_last_view AS message_unread,
				conversations_messages.message_text,
				users.user_name
			FROM conversations_messages
			INNER JOIN users ON conversations_messages.user_id = users.user_id
			INNER JOIN conversations_members ON conversations_messages.conversation_id = conversations_members.conversation_id

			WHERE conversations_messages.conversation_id = {$conversation_id}
			-- 下記を削るとデータが重複する(実際にクエリ結果を見比べると分かりやすい)
			AND conversations_members.user_id = {$_SESSION['user_id']}
			ORDER BY conversations_messages.message_date DESC";

9−6.未読メッセージの場合はクラスを自動追加する(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

<?php foreach ($messages as $message) { ?>
	<style>
		.unread { font-weight: bold; }
	</style>
	<div class="<?php if ($message['message_unread']) { echo 'unread'; } ?>">
		<p><?php echo $message['user_name'] ?>(<?php echo date('y/m/d H:i:s', $message['message_date']) ?>)</p>
		<p><?php echo $message['message_text'] ?></p>
	</div>
<?php } // End of foreach

9−7.表示したメッセージの開封時間をアップデートする機能を作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function update_conversation_last_view($conversation_id, $mysqli) {
	$conversation_id = (int)$conversation_id;
	$sql = "UPDATE conversations_members
				SET conversation_last_view = UNIX_TIMESTAMP()
				WHERE conversation_id = {$conversation_id}
				AND user_id = {$_SESSION['user_id']}";
	$mysqli->query($sql);
}

9−8.update_ conversation_ last_ viewを読み込む(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

if ($valid_conversation) {
	$messages = fetch_conversation_messages($_GET['conversation_id'], $mysqli);
	update_conversation_last_view($_GET['conversation_id'], $mysqli);
?>

以上で、受信したメッセージ詳細を表示する機能が完成しました。

10.メッセージの返信機能を作成する

ついにラストです!メッセージの返信機能を作りましょう!

10−1.メッセージ返信用のフォームを作成する(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

<form action="" method="post">
	<textarea name="message"></textarea>
	<input type="submit" value="返信する">
</form>

10−2.メッセージ返信用のフォームバリデーションを作成する(編集ファイル:core/pages/view_conversation.php

if (isset($_POST['message'])) {
	if (empty($_POST['message'])) {
		$errors[] = "メッセージを入力してください。";
	}
	if (empty($errors)) {
		add_conversation_message($_GET['conversation_id'], $_POST['message'], $mysqli);
	}
}

10−3.add_ conversation_message機能を作成する(編集ファイル:core/function/message.php

function add_conversation_message($conversation_id, $text, $mysqli) {
	$conversation_id = (int)$conversation_id;
	$text = $mysqli->real_escape_string(htmlentities($text));

	$sql = "INSERT INTO conversations_messages (
					conversation_id,
					user_id,
					message_date,
					message_text
				)
				VALUES (
					{$conversation_id},
					{$_SESSION['user_id']},
					UNIX_TIMESTAMP(),
					'{$text}'
				)";

	$result = $mysqli->query($sql);

}

10−4.自分の返信が未読になってしまう問題を解決する(編集ファイル:private _message.inc.php

if ($valid_conversation) {

	if (isset($_POST['message'])) {
		update_conversation_last_view($_GET['conversation_id'], $mysqli);
		$messages = fetch_conversation_messages($_GET['conversation_id'], $mysqli);
	} else {
		$messages = fetch_conversation_messages($_GET['conversation_id'], $mysqli);
		update_conversation_last_view($_GET['conversation_id'], $mysqli);
	}

以上で、メッセージの返信機能が完成し、チュートリアルの完了です。お疲れ様でした!

» 動作確認(ソース元のYoutubeからご覧ください)
» コード(Githubからダウンロードできます)