Written by Manabu Bannai

時間が足りないじゃなく、根性が足りないだけ【それは、甘えです】

LIFE

こんにちは、マナブです。

日々作業しつつ、生きています。
ここ8年くらいは、ほぼ休んでいません。

さて、先日に下記のツイートをしました。

要するに「時間が出来たらやる」という人は、時間がきてもやらない。なぜなら「ベストな環境」なんて生まれないので、結局は何もせずに過ごすだけ。
会社で働いていようが、毎日1時間くらいは作れるはず。出勤中、ランチ中、帰宅後など。そして土日はフルコミット。これを1年続けたら、人生変わる😌

今回は厳しめな話です。
記事を読みつつ、尻を叩きましょう。

時間が足りないじゃなく、根性が足りないだけ


結論は、下記のとおり。

足りないのは、根性ですね。
時間は、作り出すものです。

時間を作り出す、簡単な方法

例えばですが、下記のとおり。

  • 寝ない
  • 休まない
  • スキマを消す

これを実行したら、時間が増えます。

なお、寝ないに関しては、やり過ぎはNGです。
僕はたまに徹夜してました。

あと「スキマを消す」に関しては、移動時間とかですね。
僕はどこかに移動する場合、必ず音声学習します。

移動時間に音楽を聴くのは、わりと無駄だと思っています。

生産性は、低くていい

多くの人は「生産性を上げたら、もっと時間が生まれる」とかって考えます。
しかし、それは難しい。

例えばですが、僕はブログ歴が長いです。
しかし執筆には、時間がかかります。

僕のブログの執筆速度のまとめ

  • ブログ初期  → 1記事で8時間
  • ブログ歴1年 → 1記事で4時間
  • ブログ歴3年 → 1記事で3時間
  • ブログ歴5年 → 1記事で2時間
  • ブログ歴6年 → 1記事で1.5時間

こういった感じで、生産性を高めるのって、かなり大変です。
それよりも、休日ゼロとかにした方が、良い選択だと思いますよ。

痛みなくして、得るものなし

生産性を上げたがっている人は、ある意味で甘えだと思います。

新しいことを学びつつ、それと同時に「例えば、ゲーム時間も確保したい」など。

それじゃあ、ダメです。

僕はショッピングを、全て捨てた

大学生2年までは、洋服が大好きでした。
バイトして月8万を稼ぎ、毎月7万は洋服代です。

これくらい好きだったのに、ビジネスを頑張ろうと決め、買うのを辞めました。
そしてすべてユニクロに統一して、かつポロシャツとジーンズのみにしました。

23歳からショッピングを辞めて、それを27歳まで継続しました。
まじで1着も、服を買っていません。

あ、強いていうならビジネス上で必要だったので、1回だけジャケットを買いました。それだけ。

その後は筋トレを始めたので、ユニクロを全て捨てて、スポーツウェアだけにしました。いまはアディダスの服をきて、ブログを書いています。

痛みなくして、得るものなし。

根性があれば、すべて解決する

というわけで、根性論について書いてみました。
なお、こういった話をすると、下記の反論が届きます。

「努力できるのも、才能があるからです。」

はい、たしかにそうかもです。
しかし、そういった意見を言ってしまったら、そこで議論は終了です。

ただ、すこしだけ思い出して欲しいのですが、あなたには「気付かずに、集中できること」がないですか?

僕の場合だと、それがゲームです。
ゲームなら、ずっと集中できる。

そしてブログとかも、わりとゲームに近いんですよね。
数字を伸ばしていくゲームです。

つまらないことに鬼努力は不可能なので、自分なりに「頑張れる領域」を探していくと、良いかもです。

時間を増やすには、もう少しコツがある


結論は「自分の強みを活かすこと」です。

僕の場合:引きこもり

僕の強みは「引きこもり」だと思っています。

ずっと家にいても、問題ないです。誰とも会話せずにも、生きれます。

以前は1週間くらい引きこもったのですが、久しぶりにコンビニに行きました。
そしたら「声の出し方」を忘れており、店員の前でキョドりました。

いまは、YouTubeで解決

最近はYouTube発信をしているので、声の調子が良いです。

それはさておき、このように「人それぞれで、強みや特性」があると思うんですよね。

ここを活かすことで、時間を増やせます。

ラファエルさんの場合

人気YouTuberのラファエルさんは、ショートスリーパーで有名だと思います。
たしか、毎日3〜4時間の睡眠と言っていたはず。

なお、あれだけ人気なのに、いまだに睡眠を削って鬼努力するのは、さすがですよね。

質問:あなたの特性は、何ですか?

ショートスリーパーでも、引きこもりでも、それが強みになります。
強みがあれば、そこを活かして時間を増やすのみ。

僕の友人の例だと、例えば「一極集中での鬼作業」が得意な人もいます。
継続は短期ですが、1ヶ月とかのスパンでやり込みます。

これもいいと思います。
一極集中を繰り返すことで、先に進めるはず。

補足:目の前の仕事以外は、忘れること

ここは生産性の話ですが、ダメな例として「よし、ブログ書くか…あ、、でもあとでメールもしないとな」と考える人がいます。

これはダメです。
メールもしないとな、、と記憶していたら、そこで脳ミソを使ってしまいます。

解決策:すべて忘れ、機械が記憶

僕の場合は、予定とか、メールとか、すべて忘れます。
常に脳ミソを空っぽにしておき、ブログを書くなら、ブログのことしか考えません。

メール返信が必要なら、例えば3時間後とかに、アラームでもセットしておけばOKです。アラームが鳴れば、思い出しますよね。もしくはタスク管理ツールでもOK。

ここも、かなり大切です。

あとは、自分を追い込むだけです

というわけで、今回は以上にします。
最後に1つだけ書くと、それは「背水の陣」ですね。 追い込みです。

僕の場合:毎日更新を目標にした

僕は1,000日ほどブログを毎日更新したのですが、続けつつ、自分にプレッシャーを与えました。

最初はめちゃくちゃシンドかったのですが、徐々に慣れた。

こういった感じで、まずは「逃げられない目標」とかを決めてしまい、そこで頑張れば、時間も作れます。

毎日更新は逃げやすいと思うかもですが、60日とかを超えてくると、気持ち的に「ここで辞めたくない…!」と思えます。なので逃げれない。

もしくは、いっそのこと起業しちゃうのもあり。
僕は25歳で起業しましたが、時間がないなんて、思っていませんでした。

というか、毎日限界まで働いていただけなので、時間がないというより、余裕がなかったです。

という感じで、今回は以上です。
根性論を、書いてみました。大切なことです。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。