Written by Manabu Bannai

プライドを捨てると、生きやすさが向上する話【自己責任で挑戦しよう】

LIFE

こんにちは、マナブです。
プライドがないので、いつでも土下座できます。

さて、先日に下記のツイートをしました。

プライドを捨てると、生きやすさが向上します。
例えば、なにか問題が起きて、土下座で解決できるなら、秒速で土下座した方がいいと思う。土下座しても、少し膝が汚れるくらいなので、シャワーで洗い流せば問題ないですね。どんどん土下座しましょう🙇‍♂️

上記のツイートを深掘りしつつ、「プライドを捨てて生きやすさを得る方法」について解説していきます。

スポンサードサーチ


プライドを捨てると、生きやすさが向上する話


わかりやすい例として、プライドの高い人は「土下座はできないかな」と思いますが、、そういったプライドは捨てた方がいいです。

プライドがある=成果を出しづらい

2つほど例を出して考えてみます。まずは土下座を例にします。

  • 問題点:クライアントが激怒している
  • 解決策:土下座
  • 心情:仕方ないな…

こういった状況なら、速攻で土下座すべきですよね。こういった感じで問題が整理されていると、わりとみなさん土下座するかなと。

続いての例は、ブログのアクセスが伸びない場合です。

  • 問題点:ブログのアクセスが伸びない
  • 解決策:成功者のマネをする
  • 心情:自分には、自分のやり方がある

上記だと、どうでしょう。

ここでいう「自分には、自分のやり方がある」という気持ちがプライドです。

プライドがあると、成果を出しづらいですよ。

プライドを捨てるには、挫折するしかない

ネットで検索していると、さも「自分はサクっとプライドを捨てました」といった記事が多いですが、、、ぶっちゃけ難しいです。

というか、そんな簡単に捨てれるなら素晴らしいですが、現実はそうじゃないです。

プライドを捨てる方法

挑戦をして、挫折すること。

あくまで僕の例ですが、以前に起業しまして、そこで失敗して仲間を失いました。

その後は仲間だけじゃなくお金も失い、貯金残高が5万円くらい、、、という感じになり、圧倒的に「自分=雑魚」と認識しました。そこでプライドを捨てることができたかなと思っています。

プライドを捨てたら、成果を出せた話

先ほどのプライドの例を再度掲載します。下記のとおりです。

  • 問題点:ブログのアクセスが伸びない
  • 解決策:成功者のマネをする
  • 心情:自分には、自分のやり方がある

なにを隠そう、これは過去の僕です。

「ブログアクセスが伸びないな、、、」と悩んでいる時期があったのですが、その時の問題点は「自分は、独自のやり方で伸ばせるはずだ」という無駄なプライドです。

そして、前述のとおり起業などで失敗し、お金や仲間がいなくなったので、プライドを捨てつつ、シンプルに「成果を出している人のマネをする」という行為をしたら、しっかり伸ばすことができました。

そして、ありがたいことに、当サイトは月間100万PVを達成しました。

プライドを捨てて、生きやすさを獲得する方法


自己責任で、挑戦を繰り返すことです。

会社員を続けても、たぶん厳しい話

会社員を批判するわけじゃないですが、、、あくまで僕の経験から思う考えです。

会社に入ると給料が安定して、徐々に責任の重い仕事にチャレンジしたりもできますが、、、結局、大きな問題があれば、責任を取るのは経営者です。

なにか犯罪でも犯さない限り、会社員のリスクは「解雇」くらいですからね。つまり、ほぼノーリスクです。

言葉を選ばずにもっと書いてしまうと、ローリスクローリターンです。

自己責任で失敗して、始めてプライドが消え去った話

繰り返しですが、僕は起業で失敗しました。

そして、金銭的にも苦境だったのですが、そのときに始めて「まぁ自己責任ですよね…」と思えました。

ぶっちゃけ当時はショックすぎて、わりと寝込んでいましたが…笑。

いまは回復して、過去を振り返ることで、あのタイミングで「本当の意味での自己責任」を痛感でき、そして「プライドを捨てることができる段階」に移ったのかなと思っています。

やるべきことは、1人で挑戦すること

会社で失敗してからは、ほぼ1人で挑戦してきました。

正確には1回だけ「友人と事業を作る」といった行為もしましたが、その後の話し合いで、僕は徐々に抜けていく、という話をしております。

ここは人によって意見が分かれると思いますが、、、やはり僕は「挑戦するときは、1人でやるべき」と思っています。

なお、表向きは複数人に見えても、責任や権限は、トップ1名が持つべきだと思っています。
まぁ経営者の方からしたら、そんなこと当たり前だって言われそうですが、、、僕は失敗して気が付きました。

挑戦できない人は、プライドが高いと思う

というわけで、結論は「自己責任で挑戦すべし」なのですが、とはいえ、挑戦できない人が多いです。

最初は小さな挑戦でも良くて、下記の感じですね。

  • プログラミング勉強会を主催してみる
  • ブロガー向けのイベントを主催してみる
  • 顔出しでYouTube配信を始めてみる
  • 自分でサービスを作ってみる
  • ネットで商品販売を始めてみる

例えば上記の感じです。

そして、これらに1人で挑戦できない理由は「失敗が怖いから」だと思いまして、なぜ失敗が怖いかというと「失敗して恥をかくのが嫌だ」といった感情かなと思いまして、なぜ恥を避けたいかというと、それは「あなたのプライド」かなと思います。

こういったプライドを崩すには、自己責任で小さな挑戦を繰り返すしかありません。

こんな記事を書いている僕ですが、まだまだプライドが残っているので、さらに、徐々に消し去っていこうと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】