Written by Manabu Bannai

【日本ムリゲー】手取り15万円から抜け出す方法【会社を辞めよう】

LIFE

こんにちは、マナブです。

元々は「手取り12万円」でした。
最近は収入が増え、余裕が出ました。

先日に下記のツイートをしました。

#手取り15万 がトレンドですね😌
これ言うと怒られますが、給料が低くてシンドいなら、辞めればいいと思いますよ。耐えても、給料は上がりません。それよりも、田舎に住んでバイトでもして、月収10万だけど、少しゆとりのある人生の方が良くないですかね。余裕できたら、勉強とかもすればオッケイ

Twitterで「#手取り15万」が話題でしたね。
今回は「手取り15万から抜け出す方法」を書いていきます。

手取り15万円から抜け出す方法


結論は「会社を辞めること」です。

期待しても、なにも変わりません

Twitterのコメントをみていると、ざっくり下記の感じです。

  • 経営者は最低だ
  • 日本政府は最低だ
  • こんな社会は最低だ

例えばこんな感じですが、そんなことは皆さん分かっています。
僕も「日本はヒドイな…」と思います。しかし、それくらいに不況なだけですよ。

人口も減り続けて、今後の希望も薄いので、消費する人なんていませんからね。
そうなると企業も儲からないので、国が詰みます。

結論:すぐに会社を辞めよう

というわけで、ここからは「手取り15万で、シンドい人」向けに書きますが、すぐに会社を辞めましょう。
もし仮に「ホワイト企業なので、ぬるま湯で気持ちいいな」と感じるなら継続もありです。感じ方は人それぞれですからね。

なお、過去の僕は「手取り12万円」でしたが、かなり幸せでした。

苦痛に耐えても、未来はない

断定するのは良くないかもですが、たぶん事実です。
ブラック企業とかで耐えてるなら、それは無駄ですよ。

年齢が上がるにつれて、気力や体力も衰えます。つまり、最適解は「すぐに辞めること」です。

辞めつつ、節約しましょう。

会社を辞めつつ、節約する方法

具体的には下記です。

  • 失業保険を貰う
  • 職業訓練に行く
  • 年金を停止する
  • 国保を減額する
  • 生活保護も検討

上記のとおり。
これが「日本国のセーフティネット」かなと思っており、過去の僕も活用しました。

具体的には「年金停止&国保の減額」ですね。
お金のない時期が長かったので、最寄りの市役所で手続きしていました。

注意点:全てを貰えない可能性があります

詳しくは調べる or 役所とかに電話して欲しいですが、人によっては「失業保険が貰えない」とか「生活保護が貰えない」という状態だと思います。

あと支給時期が遅かったりもするので、こういったお金に完全に頼るのは良くないです。とはいえ、使える制度は使うべきなので、調べましょう。

近くの役所に電話でOK。

悪い環境は、すぐに捨てるべき

下記のとおり。

多くの人は「会社を辞めたら、、お金がなくなる」と思って行動できなかったりします。あとは「どうせ会社を辞めても、他に仕事はない…」と落ち込んでいたりですね。

しかし断言しますが、仕事は多いです。
そして、仕事には「向き不向き」もあります。

過去の僕は「営業マンとして、圧倒的に消耗して胃が痛い」という時期がありましたが、エンジニア就職したり、あとはライティングを仕事にしてから、胃の痛みが消えました。さらに言うと「褒められる」という状態にもなりました。

ライティングとかなら、誰にも怒られず、ゆっくり執筆できたりしますので、こういった仕事が好きな人も多いはず。

会社を辞めても即死しませんので、行動すべき。

手残りを増やして幸せになる方法


ここからは「手取り15万」の仕事を辞めた後に「じゃあどうするか」という点を書いていきます。

選択肢は、ぶっちゃけ大量です

思いつく感じで書きました。

  • 田舎に住んで、アルバイト
  • 職業訓練しつつエンジニア
  • リゾバに申し込んで鬼貯金
  • 日本脱出してワーホリする
  • とりあえず実家で休憩する
  • シェアハウスに住み、働く

例えば上記です。
そして大半の人は「うーむ、、未来がないな」と思うかもですが、現状の生き方に未来がないなら、変化した方がいいと思います。

あと、僕が提示した選択肢だと、時間の余裕も生まれます。

田舎に住んで、アルバイト

とにかく家賃を落として、そして家の近くでバイトしたらいいと思います。
仮に「家賃3万」とかで「食費3万」とかなら、バイトで10万を稼げば生きれますよね。

そして空き時間に勉強とかをして、条件の良い仕事を探す感じです。
なお、ここに関しては「職業訓練」の方がコスパ良いかもなので、そこも解説します。

職業訓練しつつエンジニア

日本政府は「職業訓練」という制度を用意しており、ここでプログラミングとかデザインを学べます。

僕の友人は、ここでデザインを学び、独立しました。素晴らしいですよね。

なので、こういった制度も活用しましょう。

リゾバに申し込んで鬼貯金

リゾバもありだと思います。
時期が限られていたりしますが、海の家とか、スキー場とか、住み込みで稼げます。

生活費もゼロにできるので、最高じゃないですかね。

日本脱出してワーホリする

ワーホリもありだと思います。

定番はオーストラリアですが、賃金が高いので貯金しやすいです。無料エージェントとかも多いので、相談するといいですよ。

あと、現地で外国人に絡みまくれば、無料で英語も学べます。最高です。

とりあえず実家で休憩する

僕がお金のない時期は、この選択肢を選びました。

実家だと、ご飯も無料なので最高です。
いまは収入が増えたので、実家に戻ったらお金を入れています(月5万くらい)。

お金がないなら、いったん休息場所として使うのもあり。

シェアハウスに住み、働く

世の中のシェアハウスは「住み込みバイト」を探していたりします。

こういったバイトが見つかると「住みつつ、生活費をゼロにする」ということが可能なので、空き時間に副業でもしたらOKです。

現状が無理ゲーなら、行動あるのみ

ちょっと厳しいことを書いてしまうと、手取り15万の人とかって「何も持っていない人」です。
つまり「失うものがない」という状態ですよね。

それならば、ある意味で「最強」だと思っています。
最適な環境を目指して、行動して、変化するだけです。

失敗しても、失うものは「ブラック企業での労働」くらいですよね。ぶっちゃけ、そんなものは「失ったほうが得するモノ」だったりしますので、サクサクと捨てるのみですね。

そして、そのままの環境を続けても、ぶっちゃけ「結婚」とか「子育て」とかもキツいと思います。
なので、どちらにせよ「変化するしかない」という状態なはずです。

自分で行動して、変えるしかないです

最後に注意点を書くと「なにか商品を買っても、変わらない」ということです。

例えばですが、世の中には「プログラミング学習の教材 or スクール」とか「副業の教材 or スクール」とか「投資の教材 or スクール」といった商品があります。

僕も売っているので、こんなことを書くのはあれですが、、事実なので書きます。

要するに「お金を払っても、なにも変わりませんよ」ということです。多くの人は「お金を払って教育を受ける→人生が変わる」と勘違いしていますが、それだけじゃ無理です。

大切なことは「自分で考えて、行動する」です。
教材を買ったりしてもいいですが、頑張るのは本人です。

塾に通っても、勉強しなかったら成績は上がらないですよね。
それと同じなので、変化しつつ、行動しつつ、あとは自分で頑張っていく必要があるはずです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】