Written by Manabu Bannai

【2017年】『Webで稼ぐ』を怪しむ人は完全にオワコンな件【残念】

Freelance LIFE

「Webで稼ぐ人がいるけど、本当にそんなことが可能なのだろうか? アフィリエイトや情報商材、ポイントサイトといった話を聞くけど、、、怪しい。Webで稼げる根拠と継続性を知りたいなぁ。もし可能性あるなら始めようかな…。」

こういった疑問答えます。
結論からいうと、2017年現在において『Webで稼ぐことは怪しい』と思う思考はオワコンです。

本記事の内容

  • Webを使って稼ぐ方法が分かる。
  • Webを使って稼げる根拠と継続性が分かる。

現在ぼくはWebで稼ぎつつ海外をふらふらしながら生きています。
Webで稼ぐスキルは身につけているので、明日から仕事と収入が全部なくなっても、またすぐにやり直す自信があります。こういったバックグラウンドの僕が語りますね。

スポンサードサーチ


Webで稼ぐ方法は3つある【初期費用0円で開始できます】


Webで稼ぐといっても幅広い。個人でもすぐに始めることができる方法は次の3つです。

  • 方法①:広告で稼ぐ
  • 方法②:クライアントワークで稼ぐ
  • 方法③:商品を販売して稼ぐ

方法①:広告で稼ぐ

このブログもそうですが、サイト内に広告が貼られています。
それがクリックされると運営者に収入が入る仕組みです。詳しく説明すると本1冊になってしまうので、より詳細に知りたい方は下記の本をどうぞ。
» いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本

方法②:クライアントワークで稼ぐ

代表的なサービスはランサーズクラウドワークスといった、クラウドソーシングサイトです。サイト登録することで、企業や個人からの仕事を受注できます。単価は様々ですが、しっかり取り組めば毎月20万円以上の収益を上げられます。
» 参考:クラウドソーシングは稼げないという勘違い【労働人口の50%がフリーランス化する時代の生き方】

方法③:商品を販売して稼ぐ

オンラインショップといえばAmazonや楽天が有名ですが、現代なら個人でもネットショップを開けます。

代表的なサービスがBASEでして、何回かクリックしてショップ名を決めるだけで、誰でも簡単にネットショップ(ECサイト)を構築できます。なにかオリジナル商品を作れる人は取り組んでみると良いですね。

Webで稼げる根拠と継続性とは【世界を見てみよう】


Webで稼げる根拠は超明確で、世界のトップ企業を見ればよく分かる。

  • 1位.Apple
  • 2位.Google
  • 3位.Microsoft
  • 4位.Facebook
  • 5位.Amazon

5社は全てIT企業でして、2位のGoogleと4位のFacebookは『Web広告』がメインの収益です。グローバルIT企業はWebで荒稼ぎしています。こんな世の中なので、Webで稼げない訳がない。

インターネット業界は伸び続けている

「インターネットなんて一過性だ」と言われがちですが、全然そんなことはない。たしかに変化は激しいけど、業界としては伸び続けています。

インターネット広告費がテレビ広告費を追い越すのも時間の問題でしょう。
日本だとサイバーエージェントがAbemaTVを出したりしていますが、海外でもAmazonやNetflixなどIT企業が動画サービスにも力を入れています。こういった状況をみると、想像以上に早いタイミングでテレビがオワコン化しそうです。

以上をまとめると、世界トップ企業はWebで稼いでいる。そしてインターネット業界は伸び続けている。よって、2017年現在において『Webで稼ぐことを怪しむ人』はオワコンです。

Webで稼ぐことは簡単になりつつある【これからの生き方論】


結果を出す人と出せない人と違い、その1つは伸びているマーケットにいるかどうかです。

  • 2017年に新卒でFacebookに入社した人
  • 2017年に新卒で朝日新聞に入社した人
比較している企業規模が違いすぎだけど、結果を出すのは圧倒的に前者。
その後の転職で有利になるのも、圧倒的に前者です。

残念ながら出版業界はオワコン化が進んでいるので、現代に就職すべきじゃない。それならインターネットでの書籍半版に力を入れる企業とかのほうが良いです。

Webで稼ぐことは簡単じゃない。でも、イチオシです。

Web業界で生きていると、色々な裏側が見えてきます。
それに疲れて業界を去る人もいるけど、、、個人的にはやはりオススメです。

なぜなら、結果を出すには伸びている業界に居るほうがいいし、結果を出せると精神的にも満足度が高まるから。継続性に関しても、これからの世の中でインターネットがなくなることは無いはずなので、十分かなと。

Webで食べていくためにやるべきことは?

よし、Webで稼いでみようかな、と思えた人向けにリンクを掲載します。基本的には次の2択から始めるべき。

プログラミング需要は伸び続けており、Facebook元役員が「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう」と語っています。アフィリエイト市場とはイコールでインターネット広告市場なので、こちらも毎年伸び続けています。

どちらも向き不向きがあったりするので、まずは実際に手を動かしてみるといいかなと思います。

というわけで今回は以上です。記事が参考になれば幸いです。