Written by Manabu Bannai

チャンスを逃す人の特徴【ネタバレ:いきなり、抽象的な質問をする人】

LIFE

こんにちは、マナブです。

過去にチャンスを掴んできました。
最近だとYouTubeブームに乗り、登録数20万まで伸びました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

幸か不幸か、フォロワーだったりが増えると、無限に質問が届きます。本日もざっと目を通したのですが、合計20件ほど。
よくあるのが「ブログのアドバイスをください」といった内容ですが、ちょっと厳しいことを言うと「そういったメールを送る時点で、たぶんブログは伸びないかも」と思ったりです😌

上記を深堀ります。
読みつつ「自分は間違っていないか」を考えてみてください。

チャンスを逃す人の特徴


結論は「いきなり、抽象的な質問をしちゃう人」です。

相手の視点で考えよう

僕が思うに「いきなり質問する」とかもNGだと思いますが、さらに「抽象的な質問」とかだと、大きくNGです。

質問=相手の時間を消費する

例えば「年収1,000万」の人に質問するとして、それだと相手の時給はいくらですかね。

たぶん「時給6,000円くらい」なのですが、あなたの質問で30分とかを消費したら、ここに「相手の損失」が生まれます。

こういった「相手の気持ち」とかを想像できないと、たぶんチャンスを逃し続けると思います。

相手視点に立てば、チャンスだらけ

具体的なエピソードを話します。


上記のとおりで、最近は「僕のマネージャーアカウント」が生まれました。
これは本物であり、僕が「ある人」に発注しています。

発注の経緯:突然に提案が届いた

実は「以前にすこしだけ、僕の仕事をしていた方(※仮にAさんと呼ぶ)」がマネージャーをしており、しかし以前に発注した仕事では「ちょっと品質が足りず、途中でお断りした」という経緯があります。

こういった状況だと、大半の人は「あぁ、、自分はダメだ…」と思いますよね。

しかしAさんは違っており、そこから「自分はこの仕事なら貢献できる」というポイント(=これがマネージャーという立ち位置)を提案していただき、そこから発注に至りました。

マネージャーの仕事は、拡張可能

ちなみにAさんからは、僕の「LINEアカウント運用」の提案も来ています。
下記のとおり。

上記をツイートしたところ「具体的な運用プラン付き」での提案がきました。

そこまで提案されると、僕側としては「Aさんに依頼したいな」という気持ちになります。

そしてこれは僕以外でも同じだと思います。

世の中には「わりと稼いでおり、しかし忙しそうな人」とかもいますよね。
こういった人に適切な提案をすると「わりと高単価&継続的な仕事」が取れたりすると思います。

これは「相手の立場で考える」ができたら、行動可能だと思います。
なお、余談としてAさんには「もはやメール対応だったりも依頼したい」と考えているのですが、ここも後々に相談予定です。

インフルエンサーに絡むコツ

ちょっと話が変わりますが、よくある話で「SNSを伸ばすなら、インフルエンサーに絡め」と言われますよね。
そして、この「絡み方」を見ると、相手の思考を読み解けます。

  • 良い例 → 相手の視点に立っている
  • 悪い例 → 相手の視点に立っていない

上記のとおりなのですが、じゃあ「インフルエンサーの視点に立つって、どうゆうこと?」と思いますよね。
僕は今となっては「フォロワー16万人」とかですが、2018年の1月時点だと「フォロワー4,700名」でした。

ここから伸ばす際に、試行錯誤しました。

結論:相手の言いたいことを代弁する

1つヒントとして、下記があります。
これは僕の昔のツイートです。

上記のとおりで、このときは「僕がクロネコ屋さん(=インフルエンサー)に乗っかる」という構図です。

そして、この時の僕は「乗っかりつつ、相手の商品を宣伝する」というやり方ですよね。これはつまり「相手が言いたいこと(=宣伝したい)」を代弁している感じです。

注意点:なんでもかんでも、宣伝はNG

ここまで聞くと「あぁ、そうか。じゃあ、インフルエンサーの宣伝をしよう」と考える人がいるかもです。しかし、それはNG。
正しくは「本当に良いものだけ、宣伝する」です。

ちなみに僕は「クロネコ屋さんの実力=圧倒的に本物」と確信しているので、なにも言われずにも宣伝しています。過去記事でも宣伝していたと思います。

基本的すぎることですが「良いものだけを、本心から宣伝する」という気持ちが大切です。

※補足:ブログで稼ぎたいなら「クロネコ屋さんのブログ」は参考になるはず。アフィリエイト講座のリンクを貼っておきますね。
» アフィリエイト講座|クロネコ屋の超ブログ術

チャンスを逃す人は、無駄に悩む


無駄に悩む人も、NGだと思います。

よくある失敗例

例えばですが、下記はNGです。

  • どのスキルを学ぶかで、悩む
  • 顔出しするか、匿名で発信するかを悩む
  • ブログを始めるか、YouTubeを始めるかで悩む

例えば上記ですが、これだと「悩む場所のミス」が起きています。

正しくは「どうやったら○○というシステムを作れるだろう…」と悩んだり、もしくは「どうやったら記事ネタが伸びるだろう…」という部分で考えるべき。

あと「会社が副業禁止しているけど、、どうしよう」といった悩みとかも、ぶっちゃけNGですよ。早く行動しましょう。

速攻で決断しても、問題ない

ちなみに僕は「即断即決」で生きています。
よくTwitterで「よし、○○しよう」と決断するのですが、その際は「完全な思いつき」だったりします。

上記のとおりで、思いついたら即行動。そして理由があります。

時間をかけても、変わらない

どこかの心理学実験で「時間をかけると、人間は初期の決断を変更するか」というテーマで調べたみたいです。
要するに「最初はAをやりたいと考えたけど、悩んだ末にBに変更するかどうか」ということです。

結論として「9割の人は、Aの選択を維持した」というデータのようです。

なので、ちょっと拡大解釈かもですが、僕は「思いつきで行動しても、問題ないな」と思っています。

最重要は、決断後の行動

言うまでもなく、決断しても何も変わりません。
過去の僕は「エンジニアになる」と決断しました。そして、その後に「鬼のように努力&行動」して、目標達成しました。

控えめにいって、僕はプログラミングが得意じゃないです。
エンジニアの先輩にも「マナブ君はエンジニア向きじゃないね」と言われました。

それでも、誰よりも時間をかけて、誰よりもバグにはまり、そしてお風呂でもずっとコードのことを考えて、そしたら成長できました。

なので大切なことは「決断し、その後に鬼行動して、決断を実現する」ということです。

性格は、徐々に変わっていきます

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。
記事を読んで「自分はダメだな…」と思った人がいるかもです。

そしたら、今日から変えていけばいいと思いますよ。僕自身もそうなのですが、過去には「色々な人に、質問しまくりなバカ」という感じでした。大学生だったので、ギリギリ許されていたのかもです。

しかし社会人になってもこれを続けていたら、やはりNGだと思います。
性格とか思考って、いきなりは変わりませんが、徐々にアップデートできると思っています。

ブログを読んだり、あとは本を読んだり、あとはYouTubeを見たりしつつ、徐々に改善していきましょう。

言うまでもなく僕も完璧じゃないので、引き続き精進します。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】