Written by Manabu Bannai

【体験談】人生での「挫折経験」を話します【5つある/辛かったです】

LIFE

こんにちは、マナブです。

20代で1億ほどを稼げました。
しかし、色々と挫折をしてきました。

僕の「挫折経験」がこちら😌

・起業失敗 
・バイト雑魚 
・営業で逃げる
・ブログ運営で挫折 
・海外インターン落選

このあたりですかね。ちょっとブログに書いてみようと思います。あと、行動量と挫折量は、確実に比例しますね。そこも解説します

ちょっと挫折経験を話します。
そこからの学びも書いたので、参考になるはずです。

僕の「挫折経験」を話す【5つあります】


繰り返しですが、下記のとおり。

  • 起業失敗 
  • バイト雑魚 
  • 営業で逃げる
  • ブログ運営で挫折 
  • 海外インターン落選

順番にみていきます。

起業失敗

これは何度も書いていますね。
かなり強烈でした。

  • 当時は27歳
  • 月収5万まで急落
  • 脳ミソに霧がある

上記の感じでした。
なんか当時の記憶が曇っており、部分的に不鮮明だったりします。

あと、友人と一緒にいると大丈夫なのですが、部屋で1人でいると、圧倒的に病みました。

挫折からの学び

2つあります。

  • 悩んだら溜め込まない
  • 半年くらいで回復する

上記のとおり。
僕の場合だと、4ヶ月くらいで、わりと回復しました。

とはいえ、人生で最もシンドい4ヶ月でした。特になにもしていないですが、、というか実家でゴロゴロしていただけですが、、ハードでした。

バイト雑魚

起業失敗に比べると、雑魚すぎる悩みです。
ちょっと余談ですが、よく僕に対して「悩み相談」してくる人がいますが、聞いていて「余裕だな」と思うことが多いです。

というのも、過去の僕と比べたら、みなさん余裕なんですよ。

バイト先で、高校生に負ける

当時の僕は大学1年です。
そして「人生初のアルバイト」をしました。時給780円でした。

お店の名前は伏せますが、そこには「店長&高校生&僕」という感じでした。

完全なブラック企業で、教育もゼロ。いきなり店内に放り込まれ、オーダーを取らされ、そして皿洗いを任され、なにも出来ませんでした…。

しかし、高校生は僕よりできる

同じタイミングで入ってきた高校生は(※ちょっとヤンキー風でした)、圧倒的に仕事ができるんですよね。皿洗いとかも、超高速です。

それを見て店長が「あいつを見ろよ、お前は本当に使えないな…」と言い、そこで萎えました。

今となっては「その高校生は前職も飲食なんだから、できて当たり前だろ」と思うのですが、当時の僕は「できない自分=雑魚」と思って萎えました。

萎えた結果、僕はバイトから逃げました。
いちおうシフトは入れずに逃げたので、そこまで迷惑じゃなかったはず…。

挫折からの学び

それは「世の中にはブラック企業がある」という事実です。
そこの店長は「休みなし&店に泊まり込み」で「手取り15万」とかですからね。

そしてバイトよりも手取りが少なく、バイトに対して「お前はいいなぁ…」と言っており、控えめにいって思考停止でした。

営業で逃げる

これは何度か書いていますね。 
下記のとおり。

  • 営業インターンをする
  • 電話対応が下手くそすぎる
  • 怒られすぎて、会社から逃げる

上記のとおり。

僕の共通点として「嫌なことからは逃げる」という性質があります。逃げていなかったら、たぶん鬱でした。

挫折からの学び

シンプルで「営業は無理」という事実です。

僕にとって「営業=もっとも過酷な労働」です。
スーツも辛いし、新しい人と会うと、わりと頭痛になったりするんですよね。

なので、営業がシンドい人は、無理せずに逃げた方がいいですよ。

ブログ運営で挫折

ブログでも挫折しました。

  • 記事を100本くらい書く
  • 小銭を稼げる(月3,000円)
  • ムリゲーなので、更新停止

上記のとおり。ブログは楽しかったのですが、、、無理でした。
どう頑張っても稼げるイメージが湧かず、更新ストップです。

挫折からの学び

それは「愛があっても稼げない」です。

ちょっと謎な話かもですが、当時の僕は「ブログ愛」が強かったです。今もあるのですが、そうなってくると「広告を貼りたくない」といった謎のコダワリが生まれるんですよね。

なので「愛から生まれる、謎のマインドブロックは捨てるべき」と思っています。

海外インターン落選

これはネットで書くのが初めてかもです。
実は「大学を休学→海外インターン」を考えていたのですが、、、落選しました。

しかも、通常は「落ちない面接」で落ちています。

お金を払うインターンで、落ちる

世の中には「インターン生がお金を払うプログラム」があるじゃないですか。
僕も「成長したい」と思ったので、そういったインターンに申し込みしました。

そして面接があるのですが、そこで落ちました。サポートに係がいて、面接前に「これは全員受かるので、大丈夫ですよ」と言っていました。

そして「今までに落ちた人はいない」という面接のようです…。

挫折からの学び

それは「本心で生きよう」です。

言い訳に聞こえるかもですが、当時の僕は「海外インターン=就活のネタ作り」と考えていました。なので「海外インターンした」という事実があれば、なんでも良かったんですね。

こういった気持ちが、面接官に伝わったのかもです。
そこからは「本当に興味ある分野で活動しよう」と決めました。

とはいえ、、、ショックだったことは事実です。

行動量と挫折量は、確実に比例する話


下記をご覧くださいませ。

  • 27歳:起業失敗
  • 20歳:バイト雑魚
  • 22歳:営業で逃げる
  • 22歳:ブログ運営で挫折 
  • 22歳:海外インターン落選

上記のとおりで、22歳で挫折しまくりですよね。
その理由は「22歳から、やっと自分で行動を始めたから」です。

21歳までは、流されて生きた

恥ずかしい話ですが、21歳までの僕は、なにも挑戦してこなかったです。

  • 周りに合わせて生きる
  • 進路選びも、かなり適当
  • やりたいことなし、挑戦なし

上記のとおり。
しかし、就活を目の前にして「このままじゃ、ヤバい…」と感じ、そこから行動しました。

人生で最初の意思決定は、休学

僕が初めて「自分で自分の人生に、責任を持とう」と思ったのは、休学したタイミングでした。自分だけ大学に行かず、親からの反対も無視して、そして休学しました。

自分で決断すると、逃げれない

それまでの僕は、逃げてばかりでした。

バイトからも逃げて、営業からも逃げて、そして1人旅をして日本から逃げて、、、その次の逃げ先は「留学」ですからね。

自分ではなんとなく分かっていたのですが、心のなかで「これじゃあダメだ」と常に思っていました。
こういった感じで「決意」があると、成長に繋がります。

行動すると、挫折に慣れてくる

記事前半でもお話しましたが、僕は友人の挫折とかをみて「いや、ノーダメージだな」と思うことが多いです。
控えめにいって「共感能力がゼロ」というのは問題かもですが、とはいえ「マジでノーダメージ」だと思うんですよね。

  • ブログが伸びない
  • フリーランスで稼げない
  • 売上が停滞してしまっている

例えば上記ですが、これって当たり前です。
だって、日本の名だたる大企業でも、がんがん業績を落としてるじゃないですか。Sonyとかでも売上が落ちる時代ですよ。

個人が伸び悩むのは当たり前で、むしろ成長しつづけたら、それって異次元です。

小さな挫折を、積み上げよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあり、それは「小さな挫折の重要性」です。

驚くほどに、小さな挑戦で良い

いきなり起業するとか、いきなりブログで大きく稼ぐとかって、厳しいです。
なので、小さく挑戦して、小さく挫折したらいいと思います。

  • 新しいことを始めてみる
  • サロンに入って学んでみる
  • 学んだことの勉強会を主催する

これでいいと思います。

そして気づいていない人が多いですが、実は「誰かに教える」という行為は、大きな成長に繋がります。
なので「学ぶ→友人と勉強会を開く」とかも、大いにありですよ。

最初の参加者は1名でいいと思います。
そこからが、最初のスタート地点だと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】

Secured By miniOrange