Written by Manabu Bannai

出会いが人生を変えるという話は、基本的に勘違いです【実体験を公開】

LIFE

こんにちは、マナブです。
人生を変える出会いを、過去3回ほど経験しました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

「出会いが人生を変える」という話をよく聞くけど、この文脈において「出会っただけで、人生が変わる」と勘違いしている人が多い気がする。
当然なので省略されがちですが、具体的には「めっちゃ努力する→出会いがある→人生が変わる」ですからね。出会いだけで人生変われば、最高なんですけどね

上記のツイートを深掘りしつつ、今回は「人生を変える出会いの生み出し方」について解説していきます。

スポンサードサーチ


出会いが人生を変えるという話は、基本的に勘違いです


繰り返しですが「めっちゃ努力する→出会いがある→人生が変わる」という流れです。
出会っただけで人生が変わるとか、ほぼ幻想です。

人生を変えることができるのは、自分自身だけ

当たり前すぎる話ですが、人と会って人生が変わるなら、そんな楽なことはないです。

もしかしたら、人との出会いで「一時的にやる気が上がる」といったことはあるかもですが、、、とはいえ、そこで行動を継続しないと、人生は変わりません。

「出会いで人生が変わる」という考えの人は、ある種「きっといつか自分は、救われるはず」といった他者依存っぽい思考でもあるかなと思います。

行動を続けたら、その過程で人と会うだけ

夢のない話かもですが、、、人生を変えるには「行動を続ける」しかなくて、その行動の過程で「人に会う」という状況が起こります。

つまり、下記の感じです。

  • 手順①:行動を続ける
  • 手順②:行動した結果、新しい人との出会いがある
  • 手順③:行動を続けたら、人生が変わり始める

人生が変わる手順は上記のとおりです。そして、この流れで、下記のように勘違いする人が多いです。

  • 手順①:行動を続ける
  • 手順②:行動した結果、新しい人との出会いがある ※人生が変わる出会い
  • 手順③:行動を続けたら、人生が変わり始める

これはただの幻想ですが、一部の人は「手順②」の部分で「あの人との出会いで、人生が変わったな」と勘違いしたりします。

しかし、正しくは下記です。

  • 手順①:行動を続ける ※人生が少し変わる
  • 手順②:行動した結果、新しい人との出会いがある ※人生が少し変わる
  • 手順③:行動を続けたら、人生が変わり始める ※人生が少し変わる

スイマセン、当たり前すぎる話なのですが、上記のとおりです。

大半の人は「なにか劇的に、人生が変わるはずだ」と思ったりしていますが、、、全くそんなことはないですね。人生は徐々に変わっていくものです。

無作為な出会いは、基本的に無駄だと思う

もうすこし話を深掘りすると、人生を変えるために「色々な人に会いに行く」という人もいますが、基本的にこれもNGです。

完全否定はしませんが、何も行動していない状態で人と会っても、たぶん「相手はあなたに興味を示さない」という状態になると思います。

悲しき話ですが、、、建設的な話はできないと思いますし、そこから人生を変える出会いには繋がらないですよね。

経験談:僕の人生を変えた出会いのエピソード


僕はある経営者さんとの出会いで人生が変わりました。学生時代にIT企業でアルバイトをしまして、そこの経営者さんです。

そこでの出会いがなかったら、いまの僕の人生はないと思っています。

出会いを創出できた要因は3つある

  • その①:とにかく勢い&スピードが大切
  • その②:最低限の実績でアピールしまくる
  • その③:仕事で圧倒的にコミットしまくる

基本的に上記3つだと思いまして、これができれば、人生を変える出会いを生み出せると思います。

実体験を交えつつ、順番に見ていきます。

その①:とにかく勢い&スピードが大切

スキルや実績が豊富なら話は別ですが、、大半の人はそうじゃないはず。なので、勢いとスピードは大切ですね。

僕の実体験エピソード

ノースキル大学生だった僕は、憧れている社長さんを何名かTwitterでフォローしており、日々投稿をチェックしていました。

そしてある日に、その社長さんが「インターン生とか募集しようかな」といったツイートをしていたので、秒速でリプライしました。

そしてリプライ後に自分の、ほとんどゼロに近い実績をまとめつつ、さらにそれを送付した感じです。その後、面接に進むことができ、無事に採用されました。

その会社では色々な人に出会ったのですが、確実に僕の人生を変えました。

その②:最低限の実績でアピールしまくる

大切なので繰り返しですが、実績はかなり少なくてもOKです。

大切なことは「継続的に行動を続けており、上を目指して頑張っている」という状態です。そんな感じで行動していたら、それはそのままアピールポイントになりますので。

僕の実体験エピソード

当時の僕は「プログラミングをちょっと覚えて、自分のサイトを作っただけ」くらいの実績でした。

プログラミングが分かる方からしたら、「それって実績ゼロじゃん」と思うかもですが、、、問題なしです。

勢い&スピード&最低限の実績があれば、チャンスはつかめたりしますからね。

信じる or 信じないはお任せしますが、完全な状態になるまで行動しないという思考だと、大半のケースにおいて「行動するバカ」に負けます。当時の僕は行動するバカでした。

その③:仕事で圧倒的にコミットしまくる

チャンスを掴んだと思ったら、その後は猛烈にコミットしましょう。

駆け出しフリーランスとかを見ていると、実績もなにもないのに「できるだけ多く稼ぎたい」という欲が出ちゃっている人がいますが、、、それはNGです。

無料奉仕しろとはいいませんが、小さなチャンスを掴んだなら、猛烈に働いて、まずはちゃんと成果を出すことが大切ですよ。

僕の実体験エピソード

ノリと勢いで憧れの社長さんの下で働けるようになった僕ですが、問題がありました。それは「圧倒的にスキル不足であること」です。

今でも覚えているのですが、その社長さんからの最初の仕事を依頼されて、まったくやり方がわからず、ひたすらに頭にはてなマークを出していました。

そして、申し訳ない空気感を出しつつ仕事を教わったのですが、足手まといは嫌だったので、猛烈労働しました。

真似しろとはいいませんが、毎日休まず12時間くらいは働きました。

お金が稼ぎたいとか、スキルを伸ばしたいとかじゃなく、とりあえずチャンスをつかめたので、できることはすべてやる、というスタンスでした。

当然の結論:行動すると「人生を変える出会い」が生まれる

当たり前すぎる話ですが、まとめると下記のとおりです。

僕が「人生を変える出会い」を創出できた流れ

  • まずは最低限のプログラミングを学ぶ ※行動
  • 憧れの社長さんの仕事に、秒速応募する ※行動
  • 社長さんの下で、圧倒的に労働する ※行動
  • 素晴らしい出会いに恵まれる ※行動の結果
  • 素晴らしい出会いで人生が変わる ※行動の結果

こんな感じですね。

というわけで、繰り返し書きまくりですが「人生を変えるには、行動がすべて」という結論です。

人生を変えるにも、人生を良くするにも、はたまた人生を悪くするにも、やはり行動が大切です。行動することで人生に変化が生まれて、変化することで、人生が上下に動きます。

そして、そういった行動を繰り返すことで、徐々に人生が変わると思います。

なにも行動せずに停滞してもいいですが、世の中には頑張って行動する人も多いので「停滞=衰退」を意味すると思っています。

なので、今日も僕は行動を続けようと思っています。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】