Written by Manabu Bannai

【Laravel】Facebookログインを実装する方法

Laravel PROGRAMMING

LaravelにFacebookログインを実装する方法をまとめました。「Laravelってなに?」って人は以下の記事あわせてご覧ください。
» 【アメリカで人気なPHPフレームワーク】Laravelの使い方メモ

記事の内容

  • Facebook SDKをLaravelにインストールする方法
  • Facebookログインボタンを実装して、プロフィール情報を表示する方法
  • FacebookとLaravelを繋いで、FacebookのプロフィールデータをDBに保存する方法

LaravelでFacebookログインするアプリケーションの仕様

【1】『Facebookログインボタン』をおすとFacebookのユーザー認証が表示される。
【2】ユーザー認証が通った場合、ユーザーはLaravelのアプリケーションにリダイレクトされ、ユーザーデータはLaravelにわたされる。
【3】ユーザーデータを使って、ユーザー情報が表示される。それと同時に、ユーザー情報がDBに保存される。

完成版のイメージは以下。
Facebookログイン後に以下のように表示されます。
Facebook

では、さっそくまとめてきます。

Laravelをインストール

$ composer create-project laravel/laravel laravel-facebook-login --prefer-dist

FacebookSDKをインストール

$ cd laravel-facebook-login/
$ composer require facebook/php-sdk

Facebookアプリの作成

以下のリンクから作成してください。
Facebookアプリの作成( ◜◡‾)

configファイルの作成

新規作成ファイル:app/config/facebook.php


<?php
return array(
        'appId' => '[app_id]',
        'secret' => '[app_secret]'
    );

DBの作成

マイグレーションします。


$ php artisan migrate:make create_users_table
$ php artisan migrate:make create_profiles_table

生成されたファイルを以下のように編集します。
編集ファイル:app/database/migration/create_users_table.php


public function up()
{
      Schema::create('users', function($table)
      {
          $table->increments('id');
          $table->string('email')->unique();
          $table->string('photo');
          $table->string('name');
          $table->string('password');
					$table->rememberToken();
          $table->timestamps();
      });
}

public function down()
{
	Schema::drop('users');
}

編集ファイル:app/database/migration/create_profiles_table.php


public function up()
{
      Schema::create('profiles', function($table)
      {
          $table->increments('id');
          $table->integer('user_id')->unsigned();
          $table->string('username');
          $table->biginteger('uid')->unsigned();
          $table->string('access_token');
          $table->string('access_token_secret');
          $table->timestamps();
      });
}

public function down()
{
      Schema::drop('profiles');
}

つぎに、DBを作成し、configファイルに情報を記入します。
編集ファイル:app/config/database.php


'mysql' => array(
	'driver'    => 'mysql',
	'host'      => 'localhost',
	'database'  => 'fblogin_laravel',
	'username'  => 'root',
	'password'  => 'root',
	'charset'   => 'utf8',
	'collation' => 'utf8_unicode_ci',
	'prefix'    => '',
),

モデルの作成

まずはProfileモデルを作成します。
新規作成ファイル:app/models/People.php


<?php

class Profile extends Eloquent {

    public function user(){
        return $this->belongsTo('User');
    }
}

次にUserモデルを作成します。
編集ファイル:app/models/User.php


public function profiles(){
    return $this->hasMany('Profile');
}

ルーティングの設定

編集ファイル:app.routes.php


Route::get('login/fb', function() {
    $facebook = new Facebook(Config::get('facebook'));
    $params = array(
        'redirect_uri' => url('/login/fb/callback'),
        'scope' => 'email',
    );
    return Redirect::to($facebook->getLoginUrl($params));
});

つぎに、コールバックの設定をします。
※取得した情報をデバッグします。


Route::get('login/fb/callback', function() {
    $code = Input::get('code');
    if (strlen($code) == 0) return Redirect::to('/')->with('message', 'Facebookとの接続でエラーが発生しました。');

    $facebook = new Facebook(Config::get('facebook'));
    $uid = $facebook->getUser();

    if ($uid == 0) return Redirect::to('/')->with('message', 'エラーが発生しました。');

    $me = $facebook->api('/me');

    // 取得した情報のデバッグ
    dd($me);
});

完成版のスクリプトがこちら


Route::get('login/fb/callback', function() {
    $code = Input::get('code');
    if (strlen($code) == 0) return Redirect::to('/')->with('message', 'Facebookとの接続でエラーが発生しました。');

    $facebook = new Facebook(Config::get('facebook'));
    $uid = $facebook->getUser();

    if ($uid == 0) return Redirect::to('/')->with('message', 'エラーが発生しました。');

    $me = $facebook->api('/me');

    $profile = Profile::whereUid($uid)->first();
    if (empty($profile)) {

        $user = new User;
        $user->name = $me['first_name'].' '.$me['last_name'];
        $user->email = $me['email'];
        $user->photo = 'https://graph.facebook.com/'.$me['username'].'/picture?type=large';

        $user->save();

        $profile = new Profile();
        $profile->uid = $uid;
        $profile->username = $me['username'];
        $profile = $user->profiles()->save($profile);
    }

    $profile->access_token = $facebook->getAccessToken();
    $profile->save();

    $user = $profile->user;

    Auth::login($user);

    return Redirect::to('/')->with('message', 'Facebookログインしました');
});

以上で完成ですが、ログイン後のリダイレクト先も一応つくっておきます。


Route::get('/', function()
{
    $data = array();

    if (Auth::check()) {
        $data = Auth::user();
    }
    return View::make('user', array('data'=>$data));
});

Route::get('logout', function() {
    Auth::logout();
    return Redirect::to('/');
});

最後にビューをつくります。

@if(Session::has('message'))
    {{ Session::get('message')}}
@endif
<br>
@if (!empty($data))
    こんにちは, {{{ $data['name'] }}} 
    <img src="{{ $data['photo']}}">
    <br>
    メールアドレス:{{ $data['email']}}
    <br>
    <a href="logout">ログアウト</a>
@else
    Facebookログインしますか?⇒<a href="login/fb">Facebookログイン</a>?
@endif

以上となります( ◜◡‾)参考になれば幸いです。

参考記事

» Integrating Facebook Login into Laravel application – Maks Surguy’s blog on PHP and Laravel

人気記事:Web制作の独学方法をガッツリまとめました。

» 【独学でWeb制作マスター】勉強方法のまとめ【初心者向け】

おすすめ:Webで稼ぎたいなら、Webマーケティングを学びましょう。ノウハウまとめました。

» 【超初心者向け】Web集客の基礎から応用までガッツリまとめました。