Written by Manabu Bannai

日本は「良い国ではない」と思う理由【29歳、バンコクに移住しました】

LIFE

こんにちは、マナブです。

現在は29歳ですが、バンコクに移住しました。
24歳から東南アジアに住んでおり、海外歴は6年目です。

先日に下記のツイートをしました。

多くの人は「日本はいい所だ」と言うけど、ぶっちゃけそう思わないんですよね。
日本の銀行は、頑張る起業家を応援してないように思えるし、税金も高いし、経済停滞だし、政治は年寄り向けだし、出る杭は打たれるし、花粉もあるし。ということで、言語の壁は、3ヶ月の留学で解決できるので、海外もあり

上記を深堀りします。
日本を批判する訳じゃなく、冷静に分析しました。

日本は「良い国ではない」と思う理由


若者にとっては、メリットが少ないと思います。

基本的に、税金が高い

所得税が高いなと思います。

特にIT系の業種だったら、場所は選びません。なので、僕は海外を拠点にしています。

これはGoogle、Facebook、Amazon、Appleなども同じですね。
税制でメリットのある国の方が、有利です。

銀行とかも、起業家に厳しい

あとは、大手銀行とかも厳しいです。
法人口座を作ろうと思っても、たぶん断られるんじゃないですかね。

僕は個人事業主として口座を作ろうとしたのですが、即効で却下されました。

政治は、年寄り向け

これも仕方ないことですが、、、人口ボリューム的に「年寄り優遇」になりますよね。
政治家が「若者向けの政策」とかを掲げたら、当選しづらいですからね。

これは「年寄りや政治の問題」というよりも、日本の「人口ピラミッドの問題」かなと思っています。

解決策は、子どもを増やすこと

人口問題を解決するには、出生率を上げることが大切だと思いますが、ぶっちゃけ厳しいですよね。

上記のとおりで、子どもを作ったら仕事を辞めないとですし、あとは保育園も足りないし、育休したらパワハラされたりする訳ですよね。
控えめにいって、ハードすぎで心折れます。

そして、出る杭は打たれる

これも経験しまくりですが、、日本は「成果を出すと、叩かれる」という文化です。
Twitterをみたら分かりますが、ちょっと目立つと、批判殺到です。

そして、僕の周りには「これから頑張ろうと思っている若い層」が多いのですが、ぶっちゃけ「50%以上」とかが、叩かれて心を病んでいますからね。

叩かれると、シンドイ

叩く側は知らないかもですが、ネットとかで攻撃されまくると、シンドイですよ。
なので「平和にいきましょう」と言っても、それは無理な世界なので、諦めてます。

たぶんですが、日本では「稼ぎすぎる=悪」という文化なんですよね。海外とかだと、普通に称賛されていたりするんですけどね。

日本の文化として「労働=美徳」という感じなので、やはり汗水たらす文化のようです。

花粉が、とてもシンドイ

これも重要ですが、、花粉がシンドイです。

僕の場合だと「1月〜10月」くらいまで、花粉に反応するんですよね。日本にいるときは、ほぼ薬漬けです。あと、花粉が頭痛にくるタイプなので、キツいです。

しかし、海外だと飛んでないから最高ですね。

補足:地域によっては、すこし飛んでる

余談として「海外=花粉なし」でもないです。
僕が観測した範囲だと「オーストラリアのパース」と「タイのチェンマイ」とかだと、飛んでいます。

あとは、タイのチェンライ(チェンマイの北部)とかだと、大量花粉だったので、ご注意を。

若い層なら、日本から出る選択肢もあり


日本が大好きなら問題ないですが、ぶっちゃけ過去の僕は「なんか、、居心地が悪いな」と感じていました。

そして、最初は「フィリピン留学」がキッカケだったのですが、そこで「あ、海外だと、こんなに自由なのか」と気づきました。

そして、ずっと海外暮らしです。

言語の壁は、3ヶ月で突破できる

大半の日本人は「英語ができないしな…」と思っています。
しかし、仮に「東南アジアで暮らす」とかだと、相手も英語が苦手です。

普段の僕はタイに住んでいますが、しっかり英語を話せる人なんて、ごく少数です。なので、ぶっちゃけ言語の壁は低いです。

3ヶ月くらい語学留学したら、余裕ですよ。

3ヶ月の語学留学は、50万円くらい

仮にフィリピン留学するなら、ざっくり50万くらいを貯めればいいと思います。
そして、格安校に申し込みしたら、英語は問題なし。

なお、日本でオンライン英会話をしてもいいですが、ぶっちゃけモチベーションが下がりそうなので、僕の考えでは「海外で英語漬け(=留学)」がいいと思います。

仕事とかも、簡単に見つかる

ここまで読んだ方は「でも、、仕事とかどうするの?」と思うかもです。
それも簡単です。

アメリカやヨーロッパでの仕事探しは難しいですが、東南アジアなら楽勝です。
現地の日系企業が人材募集していますので、そこを狙いましょう。

求人探しでは、海外就職向けのエージェントがあるので、そこに相談したらOK。
» 【経験者が語る】海外就職で失敗する人の共通点とは【現地を見ろ】

注意点:まずは現地を見よう

1つ注意があり、それは「まずは見学すべし」です。

僕は海外に住みつつ「海外就職したけど、すぐに辞める」という人を、数多くみてきました。そういった人の共通点は「現地を見ずに、就職した人」です。

なので、タイでもいいし、ベトナムでもいいと思うので、まずは現地に行くべき。

海外就職のエージェントを通して、現地企業にアポするのもありです。
基本的に人手不足の会社が多いので、わりと狙い目ですよ。

ただし、給料は低いので下記参考です。
» 【体験談】新卒で東南アジア就職した僕の給料は、12万円でした【本音】

海外でも、飯はうまい

生活するなら、食事は大切です。
そして、これは断言しますが「タイだと、飯はマジでうまい」です。

というか、下手に日本の地方都市よりも、バンコクの方が質が高いかなと思ったりします。実際にタイのバンコクに来るとわかりますが、ショッピングモールとかだと「3割くらいは、日本人」という環境だったりします。

場所はエンポリアムモール、という場所です。
こういった環境なので、日本人向けのレストランが、圧倒的に充実しています。

あとは、美容クリニックとかも、日本より高品質だったり、あとはヘアサロンも問題なし。病院も日本語対応。歯医者とかもあります。

なので、充実した暮らしを狙うなら、バンコクがベストです。
あとはシンガポールもかなり良いですが、かなり高いです。

ベトナムやマレーシアだと、ちょっとレベルが下がりますね。

海外を見てみるのは、大いにありです

というわけで、日本もいいけど、海外も素晴らしいよ、という記事を書きました。

僕は東南アジアが好きなのですが、人によっては「アメリカ」とか「ヨーロッパ圏」を好んだりしますよね。
職探しに関しては、アメリカやヨーロッパだとちょっと難しいと思いますが、とはいえ住んでいる日本人も多く、アメリカならアルバイトで月収30〜50万くらいだったりしますからね。

この記事を読んで「へぇ〜そうなのか」と思った人は、持っている情報が少ないかもです。ちょろっと海外に出て、あとは現地に住む日本人に会い、そして情報とかを聞いてみたら、簡単に情報収集できますので。

日本は安全で、そして飯もうまいですが、海外にも、日本レベルに安全で、そしてメシウマな地域もあります。
少し検討するのもありかもです。

別に優秀じゃなくても、無限に選択肢があるので、最重要は「行動してみること」だと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】