Written by Manabu Bannai

【経験談】年収1,000万円だと、贅沢な生活ができます【本が買える】

LIFE

こんにちは、マナブです。
ブログで年収1,000万以上を稼いでいます。

先日に下記のツイートを見かけました。

画像は消えてしまっているのですが、要するに「若い女性が、年収1,000万のパートナーに夢を見ている」みたいな感じです。 こういったツイートは定期的にバズりますよね。
※画像は「こちら」から見れます。

世の中には「年収1000万神話」があるようなので、実際はどうなのか、という話を書いていこうと思います。

※僕の価値観が多めなので、一般的な感覚じゃないかもです。でも、基本的には事実をベースに書いていきます。

スポンサードサーチ


年収1,000万円だと、贅沢な生活ができます


年収1,000万じゃ裕福じゃないみたいな話も多いですが、、、そんなことはない。

基本的に欲しいものは買えるし、旅行にも行けるし、うまい寿司も食べれます。 あと、もともと読書が好きだったので「本の値段を見ずに、Amazonでポチれる」というのは幸福です。

年収1,000万の問題点:物欲が消えること

人によると思いますが、年収1,000万を超えると、物欲が消えます。

もちろん、それなりに洋服を買ったり、最新のiPhoneを買ったり、旅行でいいホテルに泊まったりもしますが、、、すぐに満足します。

あと、家とかは論理的に考えて「損をする買い物」だと認識しているので、買おうとは思いません。いきなりローンで5,000万とか借金するなら、別のものに投資します。

幸せのピークは、年収800万な気がする

多分ですが、年収800万くらいが幸せだった気がします。

なんとなく優越感があって、欲しいものはあまり値段を気にせずに買えるようになって、、、なんか「自分は頑張ったな」と褒めたくなる感じがしました。

たしか「収入と幸福度の相関関係」とかでもデータがでており、どこかで「年収800万を越えても、お金だけで幸福度は増えない」という記述があったと思いますが、わりと事実かなと思います。

年収1,000万を越えた先の世界とは

お金が「ゲームのコイン化」します。

今までは「豊かに暮らしたいから、頑張って稼ぐ」というモチベーションでしたが、一定のレベルを超えると「さらにお金を増やすために、頑張る」というモチベーションになります。

基本的にはシェアハウスで暮らしている僕なので、生活費が安く、お金と現実がリンクしていないように感じています。 お金稼ぎは、完全にゲーム感覚ですね…。今日も稼ぎます。

大切なのは、手残りです

こういった話をすると、「年収1,000万で、そこまで贅沢できるはずがない」と言われたりしますが、大切なのは「手残り」です。

よくある年収1,000万円の生活スタイル

  • 年収1,000万円
  • 手取りは750万円くらいなので、月間60万円くらい
  • 家賃は20万で、食費と光熱費とかを払うと、10万も残らない

上記の感じかなと。
問題点は簡単で「年収とセットで生活費を上げていること」です。

年収1,000万円で豊かに暮らすスタイル

  • 年収1,000万円
  • 手取りは750万円くらいなので、月間60万円くらい
  • 家賃を5万することで、手残りが20万以上になる

僕は田舎に住んでいることもあり、年間の家賃は30万円くらい。

これくらいだと、年収1,000万円でも豊かです。そして、田舎に飽きたら、たまに東京とかに遊びにいけば良くて、いまのスタイルに満足しています。

※職場が都内だと田舎に暮らすのは難しく、つまり「年収が上がっても、豊かになりづらい働き方」だと思います。

年収1,000万の生活は、現実的に目指せます


年収1,000万円=高学歴エリート、という思考は捨てましょう。

中卒でも、年収1,000万はゴロゴロいます

学歴で判断する訳じゃないですが、、、中卒でも稼ぐ人は多いですよ。

というか、冷静に考えたら分かるのですが、学校のテストで高得点を取れるというスキルと、現実世界でバリバリ稼ぐというスキルは、全くの別物です。

  • 学校のテスト:正解が決まっている。暗記したら、わりと高得点。
  • 実際のビジネス:正解は状況によって変わる。人間の欲望が渦巻く。

上記の感じです。 なお、個人的な所感としては「人間の欲望をうまく理解できるようになると、ビジネスでうまく稼げるのでは」と思っています。世界はドロドロ\(^o^)/

現実的な選択肢は、自営業だと思う

高学歴のエリートなら、30代で年収1,000万の会社に入ってください。

しかし、大半の人は、そこを目指すのが難しいはず。
僕も無理だったので、自営業という道を選びました。

高学歴じゃないなら、消去法としての自営業を選ぶしかないですね。 あと、現実の話として、上場企業の社長よりも、地方在住のブロガーの方が稼いでいたりする時代なので。 不思議な時代ですね。

最初の一歩は、副業です

自営業とかって聞くと、リスクが高いと感じるかもですが、そんなことはない。 最初は副業から始めたら良くて、稼げるようになったら独立しましょう。

副業を頑張る時間の目安

  • 平日2時間
  • 週末4時間
  • 毎週18時間

上記の感じで、まずは毎週18時間くらい努力して、月で換算すると「72時間くらい」です。これを続けると、人生でみえる景色が変わってきます。

大半の人は挫折しますが、でも行動を続けないと収入は増えませんので。会社で頑張ってもいいですが、大半の場合はどんなに頑張っても年収1,000万は越えられないと思いまして、要するに「努力するフィールド」も大切です。

2年くらいで、人生は変わる話

最後に僕の話をすこしだけ書きます。
下記にある僕のツイートをご覧ください。

もともとは事業がうまくいかなくて、一時期は「アラサーで月収5万円」といった、わりと萎えていた時期もあったのですが、必死こいたら這い上がれました。

別に2年で人生を変えろとはいいませんが、事実として「2年くらい歯を食いしばれば、人生が変わってくる」という話です。

繰り返しですが、最初の一歩は副業でよくて、まずは自力で月3〜5万円を稼げるようになりましょう。ここがスタート地点です。 当たり前の話ですが、ガッツリ稼いでる人でも、最初は1万円を稼ぐとかでも苦労をしていた訳なので、、、。

人生は長いですし、そのうちの1〜2年くらいで、努力してみるのはいかがでしょうか。 あと、努力を始めると、周りの環境も変わってきて、ポジティブな人が集まりやすいので、幸福度も高まりやすいと思いますよ。

というわけで今回は以上です。
ちょっと動いてみようかな、という方は下記記事を参考にどうぞ。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】