Written by Manabu Bannai

画像圧縮の神ツール『ImageOptim』の使い方(JPG, PNG対応)

Mac

ブログを運営していて『サイト重すぎでしょ…』との声を数多くいただいていました。
サイト診断用のブックマークレットを使って診断してみると、原因は以下のとおり。

  • 画像の読み込み
  • CSSの読み込み
  • JavaScriptの読み込み

※サイト診断用のブックマークレットの使い方は以下の記事を参考にどうぞ。
» あなたのWebサイト表示のどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット

CSSは外すことできないし、JavaScriptは嫌いなので放置。そこで『画像の圧縮をするしかないかぁ…』と考えていました。

そこで見つけたのが『ImageOptim』( ◜◡‾)
今回のテーマは以下です。

画像圧縮のツール『ImageOptim(JPG, PNG対応)』のすばらしさ紹介

small__2223970379

記事のながれ

  1. 画像圧縮の神ツール『ImageOptim(JPG, PNG対応)』のDL方法
  2. 『ImageOptim』とその他の画像圧縮ツールの比較
  3. 『ImageOptim』の欠点は?

ではブログはじまり㏄= ㏄=┌( ・_・)┘

1.画像圧縮の神ツール『ImageOptim(JPG, PNG対応)』のDL方法

書くまでもありませんが、以下の公式サイトからダウンロードできます。

» ImageOptim — better Save for Web

ちなみにMacのみに対応しているので、WindowsユーザーはMBAを買っちゃいましょう笑。UIはとってもシンプル( ◜◡‾) ※この画像もImageOptimで圧縮しました。

imageop

上記スペースに画像をドラッグ&ドロップするだけ。

2.『ImageOptim』とその他の画像圧縮ツールの比較

有名な画像圧縮ツールは以下、3つかと思います。

それぞれのツールの特徴をかんたんにまとめます。

JPEGminiの特徴

JEG専用で画像圧縮できるアプリ。無料版は1枚ずつしか圧縮できないが、有料版(1700円)は複数のJPG画像を一括で圧縮できる。

TinyPNG

PNG専用で画像圧縮できるサイト。同時に20枚まで画像圧縮ができます。

PNG mini

PNG専用で画像圧縮できるアプリ。一括で複数毎の画像圧縮ができます。100円で売られているので、安さにつられて買ってしまうアプリ代表。

もうおわかりかと思います。
上記ツール、サイトはJPG専用、もしくはPNG専用です。

「いちいち使い分けるのだるい。。。」

よって、JPG, PNG対応の『ImageOptim』が神ということです\(^o^)/

「ImageOptimは圧縮率や鮮度が悪いのでは…?」と思う人もいるかと思いますので、ためしに、同じ画像をつかって実験してみました。

画像圧縮コンペの結果:ImageOptimの勝利( ・ ̫・)

ほんとすばらしすぎる。。ImageOptim。。

3, 『ImageOptim』の欠点は?

最強だと思われていたImageOptimにも欠点がありました。

ImageOptimの欠点は処理速度の遅さです。

どれくらい遅いかというと『ImageOptimで画像の圧縮中に他の作業ができる』くらいです。
抽象的ですいません。。

ただ、ImageOptimに画像を放り込んだあとに他の作業をしていればいいだけなので、個人的にはあまり気にしていません。

ぜひ、ImageOptimをダウンロードして、UXの優良ブログをつくってください。
おわりー。

人気記事:映画を使って楽しく英語学習しましょう。

» 英語学習におすすめの映画10選|勉強法もあわせて解説