Written by Manabu Bannai

手取り15万円でも、わりと幸せだと思う話【無理せずに生きる方法】

LIFE

こんにちは、マナブです。

最近は収入が増えましたが、貧乏時代が長かったです。
月収15万以下の時代が長かったですが、とはいえ幸せでした。

さて、先日に下記のツイートをしました。

僕が「月15万で幸せ」とツイートすると、わりと毎回「日本だと、それじゃあ足りない」と言われます。
うーむ、、果たしてそうなんですかね。僕の場合、日本にいるときは実家です。なので、家賃0円で食費も0円。なので、むしろ月5万くらい稼ぎ、実家に払えばいいかなと思い、、これは間違いですかね

上記を深堀りします。
手取り15万円でも、幸せだと思っています。

手取り15万円でも、わりと幸せだと思う話


15万円でも、足りると思っています。

まず初めに、家賃を0円にすべき

家賃を削れば、手取りが少なくても大丈夫ですよ。

僕が月収15万の時代では、実家暮らしで貯金できていました。
たぶん、毎月10万円くらいは貯金できていたかもです。

そして在宅ワークだったので、たまに東南アジアとかに旅行しました。仮に1ヶ月とか旅行しても、トータル金額は10万円以下とかにできるので、普通に幸せだし、わりと楽しいです。

なお、人によっては「実家暮らしが難しい」という場合もあるかもです。
それなら、シェアハウスとかに住み、家賃は削るべきかなと思います。

そうじゃないと「家賃のために働く」という人生になりがちです。
得をするのは、お金持ちの大家さんだけです。

大切なことは、手残りの金額です

日本人は「年収が高い=お金持ち」と思いがちですが、ここが勘違い。
大切なことは「手残り」です。

  • 都内で年収800万で家族持ち → ほぼ貯金できない
  • 実家暮らしで年収180万の僕 → 毎月10万円くらい貯金

例えば上記で、これが事実です。
そして、収入が低いと、税金とかも減ります。

年金も停止できるし、住民税も格安だし、あと国民健康保険とかも減額措置がありますね。

国保は条件によりけりですが、こういった制度を使いこなすと、わりと豊かになれますよ。

Twitterでは「自立しろ」と言われた

ちなみに、僕が「月収15万でも幸せ」とツイートしたら、コメントから「自立しろ」と言われました。
とはいえ、僕の場合は「自立するために、自宅に引きこもり、必死に作業していた」という過去があります。

月収5万のときも、月収15万のときも、収入的に実家から出れなかったです。
頑張れば実家を出れたかもですが、、出た瞬間に「貧困でキツイ」という状態になりますよね。

そして、さらに言うと「家賃のために、働かないといけない」という状態になり、これだとスキルアップもできません。
なので、実家でした。

大切なことは、心の余裕です

過去の僕は2〜3年くらい、月収15万円以下でした。
わりと貧乏でしたが、当時は「自分=貧乏」と思ったことはないです。

なぜなら、別に生活に不満がなかったからです。

常に家賃が格安だったので、貯金もできました。
そして今は収入が増えましたが、この経験から思うことは「個々の余裕の大切さ」です。

  • 月収15万円で萎えてる人 → 心が卑屈になりやすい
  • 月収15万円で幸せな人 → 心に余裕があり、幸福度が高い

例えば上記です。

そして、月収15万円とかなら、言い方は悪いですが「失うモノはない」という状態ですよね。なので、新しいスキルを身につけたり、異業種に転職してみたり、色々とチャレンジできると思います。

失敗しても、失うモノは「月収15万円」です。
言い方が悪いかもですが、これくらいならアルバイトでも稼げますよね。

なので、ある意味で無敵です。

人生は「できるだけサボる」が良いと思う件


僕の思考がバグっているのかもですが、世の中の意見を聞いていると、なんというか「厳しいな…」と感じます。

例えば下記です。

  • しっかり自立しろ
  • 親に迷惑をかけるな
  • 自分は実家がないです

こういった意見が多いですが、スイマセン。
一番最後の「実家がない」という方には、申し訳ありません。ここは難しい問題ですね。

ここからの話は、とりあえず「実家がある」という方向けです。

自立せず、親に迷惑をかけてもいい

実家があるなら、頼ってもいいと思っています。
とはいえ条件があり、それは「実家=再スタートの準備用」という感じです。

先ほども書きましたが、僕は低収入だったころに、実家に引きこもって作業しました。そして、こういった引きこもりをすると、生活費を圧倒的に下げることができるので、かなりの余裕が生まれます。

世の中をみると「生活費のために、嫌な仕事をしている…」という人が多いですが、実家とかだと、嫌な仕事を削除できます。
そして、やるべき仕事に、徹底フォーカスです。

息が詰まったら、旅をしたらいい

これも先ほど少し書きましたが、僕は「実家に引きこもり→途中で旅をする」という感じでした。
正確には「3ヶ月の引きこもり→1ヶ月の旅行」とかですね。

やはり、ずっと実家にいると「たまには出たいな…」と思うかもなので、そのときは格安旅行でもしたらいいと思いますよ。
例えば、沖縄とかを旅して、海でも見ながらのんびりするのもありだと思います。

僕は東南アジアが好きだったので、タイに行きました。タイに行き、格安ホテルに泊まり、ローカル飯を食べ、あとはブラブラと散歩してました。

なお、こういった旅をしたら現地で友人が増えたりして、楽しかったです。

余裕ができたら、自立しよう

現在の僕は自立しています。
自分で生活費を払い、あとは会社も経営しています。

しかし、今こういった生活ができているのは「実家で引きこもって作業したから」だと思っています。

もしあの時に「実家に甘えちゃいけないので、、一人暮らしをしよう」とかって思っていたら、今は起業できていなかったと思います。

一人暮らしとかをすると、生活費の余裕がなくなるので、たぶん「お金のための仕事」を増やさないといけなくなりますよね。
そして、そういった仕事は自己成長に繋がらなかったりするので、結果として未来の自分を苦しめます。

なので、もちろん「自立すること」は良いと思いますが、とはいえ「シンドい時期は、親のスネをかじりまくる」もありかなと思っています。

生活がキツイなら、すぐに改善しよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあり、それは「月収20万以下で貯金ゼロの生活なら、生活を変えたほうがいい」という話です。

働いても貯金ができないなら、それって結局は「国に税金を払っているだけ」みたいな人生ですよね。じゃあ、問題はなにかと言うと、大半の場合において「家賃」かなと思います。

なので、なんとかして家賃をゼロ円にするのがオススメです。
実家に戻るでも、彼氏彼女のヒモになるでも、金持ちの家に住み込むとか、方法はあるはず。

もしくは、いっそのこと「リゾバ」とかもありかなと。住み込みで稼げますからね。
なので、貯金ゼロで働き続けても、その後の未来はハードモードなので、少し考え直しもありかもです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】