Written by Manabu Bannai

GoogleAppsメールをエックスサーバーとお名前.comの環境で構築する方法

PROGRAMMING

わかりやすい記事がなかったのでまとめます。
内容はタイトルのとおりです。

スポンサードサーチ


GoogleAppsをエックスサーバーとお名前.comの環境で構築する方法

手順は大きく分けると、以下2点となります。

  1. お名前.com側の設定
  2. エックスサーバー側の設定

では、順番に解説していきます。

1.お名前.com側の設定

とても簡単です。
以下の手順でクリックしてください。

ドメイン設定 >> DNS関連機能設定 >> ネームサーバーの変更 >> 他のネームサーバーを利用

ネームサーバー情報の入力画面で、エックスサーバーのDNS情報を入力します。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

これで、お名前.com側の設定は完了です。

2.エックスサーバー側の設定

エックスサーバーの設定が少しややこしいです。

サーバーの管理画面に入り、『DNSレコードの設定』をクリックします。次に、DNSレコードの追加をクリックして、以下のとおりに入力します。

ホストは空 mx ASPMX.L.GOOGLE.COM 1
ホストは空 mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ホストは空 mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ホストは空 mx ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM 10
ホストは空 mx ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM 10
ホストは空 txt v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all

上記の文字列は変更になる可能性があるので、詳しくはGoolgeの公式サイトをご覧ください。
Google Apps の MX レコードの値 – Google Apps ヘルプ

以上で完了!!

なのですが、エックスサーバーでメールアカウントを作成しているとエラーが起きます。エラーを起こさないために、以下の手順を踏んでください。

サーバーの管理画面 >> メール >> メールアカウント設定

メールアカウントがある場合は削除します。

以上で完了です。
MXレコードが正常に登録されたかどうかは、以下のページから確認できます。
» MX レコードのトラブルシューティング – Google Apps ヘルプ