Written by Manabu Bannai

【無料】Googleフォームに「自動返信機能」を付ける方法【コピペ用】

PROGRAMMING

こんにちは、マナブです。
今回は「Googleフォームの自動返信機能」を解説します。

ググると解説記事が出るのですが、ちょい分かりづらかったです。
なので最高レベルに、かつシンプルに解説してみようと思います。

Googleフォームに「自動返信機能」を付ける方法

手順は、下記の3ステップです。

  • 手順①:Googleフォームを作る
  • 手順②:Googleスプレッドシートを作る
  • 手順③:Apps Scriptでコードを作成する

それでは、順番にみていきます。

手順①:Googleフォームを作る

ここは簡単ですね。まずはフォームを作るだけです。

上記のとおりで、フォームを作りましょう。

手順②:Googleスプレッドシートを作る

フォーム完成後に、下記を実行します。

上記の赤枠をクリックします。
そして、続いては下記のとおり。

上記のとおり。作成をクリック。
これで「フォーム回答が集約されるエクセル」が完成します。

補足:メルアド収集をONにする

自動返信メールを送るなら、メルアド収集が必須です。
なので、Googleフォームにて許可をしておきましょう。

上記のとおりで、送信をクリック。
続いては、下記のとおり。

上記の「メールアドレスを収集する」をONにします。
これで準備は完了です。続いてコードを書きます。

手順③:Apps Scriptでコードを作成する

ここが本題です。ちょっとしたコードを書きます。

まずは「Apps Script」を開く


画像のとおり。Google社が提供する無料サービスです。
コードを実行できるので、色々な作業を自動化できます。

メール送信のコードをコピペする


コピペ用として、下記に貼っておきます。

// Googleフォームで自動送信メールを送るスクリプト
function onFormSubmit(e) {

  // 送信先のメールアドレスを取得する
  const email = e.namedValues['メールアドレス'][0];
  
  // メールの件名
  const subject = 'ここに件名を入れる';
      
  // メールの本文
  const body = 
    'ありがとうございます!'
    '\n';
  
  // メール送信する
  MailApp.sendEmail({
    to: email,  //送信先
    name: "送り主",  //送り主
    subject: subject, //件名
    body: body //本文
  });
}

その後に「保存ボタン」を押す


赤枠の部分をクリックします。
これでコードが保存されました。

続いて「トリガー設定」をする


トリガー設定をすることで、コードの自動実行ができます。
つまり、下記のとおりです。

  • フォームが送信される
  • スクリプトが実行される
  • 自動返信メールが送信される

上記のようなタスクを自動化できます。
トリガーの設定方法は、下記の画像のとおり。

保存ボタンをクリックすると、下記が出ます。

ちょっと驚きますが、赤枠のとおりにクリックします。
すると承認画面が出てくるので、許可すればOKです。

補足:Googleから別の警告が出た場合

場合によってはここで「このアプリはGoogleで確認されていません」と表示されることがあります。このような場合は「2段階認証の解除」と「安全性の低いアプリの許可」が必要です。2段階認証の解除は「こちら」を参考にどうぞ。安全性の低いアプリの許可は「こちら」からどうぞ。

なお、言うまでもなくですが、上記を実行するとセキュリティが下がります。なので僕の場合は「自動返信専用のGmailアカウント」を新規に取得しています。これなら仮にハッキングされても、被害が少ないです。

実際にメールを送ってみる

というわけで、以上で完了です。

自動返信メールがこちら


フォームが送信されると、このようなメールが届きます。
なお、これじゃあ簡素すぎるので、カスタム方法も解説します。

コードを少し修正する


上記のとおり。コピペ用が下記です。

// Googleフォームで自動送信メールを送るスクリプト
function onFormSubmit(e) {

  // 送信先のメールアドレスを取得する
  const email = e.namedValues['メールアドレス'][0];
  
  // メールの件名
  const subject = 'ここに件名を入れる';
      
  // メールの本文
  var html = HtmlService.createHtmlOutputFromFile("message").getContent();
  
  // メール送信する
  MailApp.sendEmail({
    to: email,  //送信先
    name: "送り主",  //送り主
    subject: subject, //件名
    htmlBody: html
  });
}

変更内容を理解したい人は、コードを読んでください。
11行目と18行目を変更しています。変更したら保存します。

新規のファイルを作る


上記のとおりに、クリックします。
そして「HTML」のファイルを作ります。

名前は「message.html」にしてください。
この名前じゃないと動作しません。要注意です。

HTMLメールを作成する


例えば、上記のとおりです。
コピペ用として、下記に貼っておきます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <base target="_top">
  </head>
  <body>

<p>こんにちは、マナブです。<br>
お問い合わせ頂きまして、ありがとうございます。</p>

<p>ここがメッセージの本文です。<br>
どうでしょう? 見やすくなりましたよね。たぶん。<br>

<p>ここがメッセージの本文です。<br>
どうでしょう? 見やすくなりましたよね。たぶん。</p>

<p>------------------------------------------------------------<br>
坂内 学(バンナイ マナブ)<br>
<br>
YouTube: https://www.youtube.com/c/manabuch<br>
Twitter: https://twitter.com/manabubannai<br>
Blog: https://manablog.org/<br>
------------------------------------------------------------</p>

  </body>
</html>

自動返信メールがこちら


上記のとおり。見やすいですね\(^o^)/
もっとカスタマイズしたい人は、下記が参考になります。
» Apps Scriptのメール送信について

追記:2022年2月2日


Googleフォームの設定で「回答を 1 回に制限する」が「オン」になっていると、自動配信メールが適切に届かない場合がありました。なので「回答を 1 回に制限する」の機能は「オフ」にすることを推奨します。各自でテストしてみてください。

というわけで、以上です。
記事が参考になりましたら、幸いです。

P.S:最近の僕は「Webマーケ教材」の作成に注力しており、Webマーケにおける「本質的な知識」を全て書きました。また「テクノロジー情報の無料メルマガ」も運営しており、最前線のテック情報を学びたい方は、是非どうぞ。