Written by Manabu Bannai

Googleのコアアルゴリズムアップデートとは【AI時代のSEO戦略】

MARKETING SEO

こんにちは、マナブです。
現在は、このブログでご飯を食べており、月の収益は200万円くらいです。そして、SEOは、かなり得意な方です。

SEOが得意な理由(論より証拠)※当サイトの実績です

  • 1位:プログラミングスクール
  • 1位:IT 転職エージェント
  • 1位:フリーランス 求人サイト

※その他にも1位は量産していますが、長くなるので割愛します。

さて、先日に下記のツイートをしました。

今月の頭に「Googleのコアアルゴリズムアップデート」がありましたが、順位変動の傾向がわかってきた。
あくまで僕の例だけど「関連記事の本数」が重要な気がしており、例えば「IT 転職サイト」とかで順位を上げたいなら、IT系の記事(例:プログラミング情報、エンジニアの働き方など)を増やすべき

上記に関して、SEOに少しでも関わる人なら、ぜひ知っておくべき知識かなと思います。

本記事では、アップデートの概要を解説しつつ、これからはどのようなSEO対策をすべきかを解説していきます。

スポンサードサーチ


Googleのコアアルゴリズム アップデートとは


Googleが年に数回行う、アルゴリズムの大幅なアップデートです。

過去にも大きなアップデートがありましたが、とりあえず今回の例だけ知っておけばOKです。 ※過去を振り返っても、あまり価値はないです。

アップデートの内容とは

結論からいうと、「不明」です。

Googleはアルゴリズムの内容を公開していないので、ブラックボックスですね。 しかし、各種レポートがあがるので、傾向は判断できます。

変動の大きかった分野とは

  • 健康・医学
  • 美容・ファッション
  • 結婚・恋愛

上記が大きく変動したというレポートがあります。

まぁ、事実は神(Google)のみぞ知るなので、あくまで参考としてどうぞ。 変動について詳しくは「【Google大変動】コアアルゴリズムアップデートによる2018年8月1日の順位変動について」をどうぞ。

知っておくべきは、YMYLです

YMYLとは、「Your Money, Your Life」の略でして、GoogleがSEOの評価指標として新たに加えたものです。

すんごいざっくりな解釈だと、「人生に大きな影響を与える分野は、適当な記事を書いても上位は取れませんよ」みたいな感じです。

E-A-Tもセットで頭に入れよう

YMYLとセットで、E-A-Tも覚えておきましょう。

E-A-Tとは

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

上記もすんごい大雑把に解説すると、要するに「ブランディングが大切ですよ」という話です。 例えば、「SEOに詳しいのは◯◯さんだよね」といった感じで、この「◯◯さん」を目指したらOKです。

YMYLとE-A-Tは、SEOコンサルで有名なおおきさんのサイト記事がわかりやすいです。詳しい解説は「YMYLとE-A-TとSEO攻略方法 | SEOの森」をご覧ください。

Googleのコアアルゴリズム アップデート後のSEO対策について


今回のアップデートで、当サイト(マナブログ)の順位は伸びました。

これは、「今までの発信が、Googleに評価された」ということなので、僕がどういった意図をもって、サイト運営してきたかを解説します。

大切なSEOの思考法

  • その①:経験に基づいた専門情報を発信すること
  • その②:SEOだけじゃなく、SNSでブランディングを意識すること
  • その③:読者のために、ある種の無駄な記事も書くこと

その①:経験に基づいた専門情報を発信すること

ググりつつまとめる、みたいなコタツ記事はNGです。
あと、Googleのサジェストワードを網羅したSEOとかも、、、オワコンかなと。
» 参考:【DeNA式】記事量産SEO手法【5つの手順で解説します】

やるべきことはシンプルで、専門分野を明確にして、その分野において、経験からわかったことを、読者に寄り添って発信する、という感じです。 乱暴にまとめると、読者愛を持ちましょう、ということ。

なお、読者に寄り添いつつ、質の高い記事を書くには「ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】」を参考にどうぞ。

その②:SEOだけじゃなく、SNSでブランディングを意識すること

ここは賛否両論があると思いますが、SEOで完結する時代は、たぶん終わりました。

2014年頃だと、WordPressで適当なまとめ記事を書けば、即効で上位を取れる時代だったのですが、、、2018年だと通用しません。

SEOはある種の総合格闘技みたくなっており、SNSも手を抜かないようにしましょう。  

なお、アフィリエイターは、SNS運用が適当な場合が多いので、ブロガー勢はチャンスですよ。

ブログなら、Twitterと相性がいいので、これを機に、戦略的に始めてみてはいかがでしょうか。運用のコツは「Twitterでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】」にまとめています。

その③:読者のために、ある種の無駄な記事も書くこと

ここは、わりと抽象的な話です。

今回の変動で順位を上げたブロガーが多いように思いまして、その理由は「一見すると、無駄な記事を書いているから」かなと思っています。

例えばですが、アフィリエイターの思考だと、青汁を売りたいなら、「青汁 メリット、青汁 効果、青汁 比較」みたいなコンテンツを作っていきまして、これは「商品販売から逆算したコンテンツ作成手順」です。

考えてみたらわかりますが、ゴールから逆算しているので、売上は伸びやすいです。
しかし、冷静に考えたらわかりますが、これって本当に読者フレンドリーでしょうか。

青汁を紹介するのもいいですが、しかし、それ以上に「健康な習慣の作り方」とかも重要だと思いまして、こういったコンテンツがあったほうが、順位が安定しやすい時代かな、と思っています。

話を戻して、なんでブロガー勢の順位が上がったかというと、こういった感じで「ある種の無駄な記事(=直接的に売上に繋がらない記事)」が多いからかなとも思いまして、僕のサイトのデータだと、そういった傾向があるようにも思えました。

この考えをまとめたのが、下記のツイートです。

参考までにどうぞ。
たぶん、大きく間違ってはいないので、僕はこのスタンスで続けます。

最も重要なこと:個人の影響力の最大化

これからやるべきことは、「個人の影響力の最大化」かなと思っています。

影響力の最大化を目指せば、結果としてブランディングにも繋がります。 そして、個人ブランドを使いつつ、著名人にもインタビューなどしやすいと思いまして、その際に作られたインタビュー記事には、権威性が生まれますよね。

ブロガーなら、指名検索を伸ばすべき


上記は当サイト(マナブログ)のデータですが、最近の90日間だと、合計で8,000回以上、指名検索されています。

このあたりの話は、もはやSEOじゃなくて、、、いうならば「脳内SEO」の領域ですね。要するにブランディングですかね。

例えばですが、「ブログのSEO戦略について知りたいなぁ…」という人がいて、「あ、そうだ。マナブログで検索してみよう。」という人を増やしていくイメージです。

これは時間がかかることですが、Googleのアップデートをみつつ考えると、間違っていない戦略かなと思います。

AI時代のSEO戦略:SEOはオマケになりつつあります


今の時代だと、ブラックハットSEOとかって、結局はコスパが悪いと思います。

ブラックハットSEOは今でも健在かもしれないですが、Googleを欺くよりも、読者によりそって、SEOの上位概念としてのブランド構築、とかを目指すほうがいいかなと。

繰り返しですが、時間はかかりますが、長期視点だと、こちらの方が利益は大きくなるはずです。

SEOよりも、読者への貢献を考えるべき

SEOはオマケでいいかなと思います。

もちろん、最低限のポイントは抑えておくべきですが、それが出来ているなら、あとは「愛のあるコンテンツ(=経験に基づいており、身近な友人に相談されたら答えるであろう回答)」を作り続けたらOKなはずです。

なお、最低限のSEO知識は「【初心者向け】ブログのアクセスアップでやることは『3つだけ』です」を参考にどうぞ。

記事のポイントをまとめます

記事のポイントを5行でまとめます。

  • 2018年7月の最終週に、Googleのコアアルゴリズムアップデートが行われた
  • 健康・医学のジャンルは特に大きな変動で、権威性の薄いサイトは飛ばされた
  • これからのSEO戦略としては、ざっくりいうとブランド構築が大切な時代
  • SEOだけで戦う時代は終わりつつあるので、積極的にSNS発信もするべき
  • シンプルにやることをまとめると、個人の影響力の最大化が大切そうです

抽象的な感じになってしまいましたが、上記の感じです。

Googleが持っている考えで、「ユーザーにフォーカスすれば、結果はついてくる」という言葉がありますが、これが本質かもしれないですね。

全員が気がついていることですが、小手先のSEOテクニックで稼げる時代は、大昔に終わっています。

読者愛を持ちつつ、社会貢献に繋がるコンテンツ作成を続けましょう(`・ω・´)ゞ

僕のブログ運営方針をまとめたNote