Written by Manabu Bannai

【2017年】軽量なgifアニメを撮影できるオススメアプリ紹介【Mac】

Mac

ブロガー「Mac操作を撮影して、gif変換してからブログに埋め込みたいなぁ。オススメなWebサービスやアプリは何だろう? あと、綺麗に撮影することも大切だけど、ブログ埋め込みをするので軽量なGifじゃないと嫌だなぁ。 サービス比較がメンドイので、だれか解説記事を書いていないかな。」

こういった疑問に答えます。
本記事では、Macで軽量なgifアニメを撮影できるオススメアプリ『Gifox』をご紹介します。
» Gifox for Mac – Delightful GIF Recording and Sharing App

また、僕がGifoxにたどり着くまでに各種アプリやツールを比較しました。その経緯もまとめつつ、なぜGifoxがベストなのかを解説しています。

スポンサードサーチ


Macで軽量なgifアニメを撮影できるオススメアプリ紹介


直感的にgifアニメを撮影できるMacアプリです。
直感的に操作ができ、生成されるgifが軽量であり、基本的な利用は無料です。


アプリをダウンロードするとメニューバーから簡単に操作できます。


gifでよくある問題はファイルサイズが大きくなりすぎること。Gifoxなら、ファイルサイズを簡単に調整できます。


撮影したgif共有も簡単。各種ツールと連携しています。

無料版と有料版の違いとは?

無料版だと10秒経過すると自動的に撮影が停止しますが、有料版を購入すると、10秒以上の撮影が可能になります。ブログに貼り付けることが目的なら無料版んで十分かなと思っています。僕は無料版で満足しました。

Product Huntで『UPVOTE 460』を獲得している

Product Huntは最新サービスやアプリのキュレーション&評価サービスですが、Gifoxは460票を獲得しています。460はかなり多い方でして、これがつまり世界中のITオタクからある程度評価されているということを意味します。
» Gifox for Mac – Delightful GIF Recording and Sharing App

【比較】gifアニメを撮影できるその他のツールと比較してみる


結論はGifoxがベストですが、そこにたどり着いた経緯を解説します。

QuickTime Playerで撮影 → MovファイルをGiftedでGifに変換する方法


【Mac】自分の画面を録画して、即gif動画化する方法 – Qiitaで解説されている方法です。

結論からいうと、記事内で紹介されているGiftedというアプリが良くない。gif生成時に縦横比が固定されるので、見栄えが悪くなります。

QuickTime Playerで撮影 → MovファイルをcloudconvertでGifに変換する方法


QuickTime Playerで撮影したmov動画をmov to gif – CloudConvertで変換する方法。

結論としては、gifが重たすぎる。
QuickTime Playerだと高画質すぎる動画が撮れてしまうようです。その動画をgif変換するから、gifも重たくなるという構造です。ブログ向きじゃないですね。

Gif撮影の定番ツール『GIPHY Capture』を使う方法


GIPHY Capture – Macで画面の動画撮影をGIFアニメーションで保存できる無料アプリで解説されている方法。

gifアニメ系ツールでググると『GIPHY Capture』がよく出てきますが、結論としてgifが重たすぎる。Gifoxと比較すると、ファイル容量が7倍になりました。これじゃユーザビリティ的にNGですね。

※補足:LICEcapというgifアニメ撮影ツールもある
Macの画面をGIFアニメとしてキャプチャできる3アプリを比較検討してみたで解説されている方法。

『LICEcap』というgifアニメ撮影ツールも良さげだったのですが、ソフトが古くてアップデートされていなかったので検証しませんでした。Gifoxは2017年リリースなので、新しいMacでも動くかなと。

以上となります。
結論はGifoxが神なので、ぜひご利用ください。