Written by Manabu Bannai

【バカ向け】これからの時代の稼ぎ方は”付加価値”を高めるしかない。

LIFE Work

これからの時代の稼ぎ方を考える人「これからの時代は、どういった稼ぎ方をすべきだろう? AI化やロボット化が叫ばれるけど、、、じゃあ具体的に何をしたらいいの? これからの時代の仕事、これからの時代の稼ぎ方を知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • これからの時代は『付加価値』を上げて稼ぐしかない
  • 付加価値を高めて稼ぐ方法【緊急度の低いタスクが重要】
  • 結論 : 行動するしかない【バカは動くしかない】

この記事はバンコクで書いています。

何で僕がバンコクにいるかというと、、、特に意味はありません笑。気候が良いのでバンコクに住んでいます。お仕事はブログを通して受注しており、完全にリモートワークで受託できる案件のみで生計を立てています。

なお、こういった働き方は”デジタルノマド”と言われており、近年急速に伸びています。伸びる理由は簡単でして、、、コスパが良いからですね。日本円を稼いで、物価の安い国に住みましょうというコンセプト。

といった背景で、(たぶん)未来的な働き方をしている僕ですが、本記事では”これからの時代の稼ぎ方”を考えてみました。やるべきことをズバリを述べましたので、AI化・ロボット化時代を生き抜くための参考になればと思います。

スポンサードサーチ


これからの時代は『付加価値』を上げて稼ぐしかない


結論として、付加価値を上げるしかないと思っています。

日本の生産性をご存知でしょうか?

日本は生産性ランキングで世界で22位です。
※公益財団法人日本生産性本部ウェブサイトより

まぁ、このデータには賛否両論ありますが、、、ぶっちゃけ”日本社会の生産性が低い”と思います。長過ぎる会議や満員電車、年間休日日数が少ないことからも分かるんじゃないかなと…。

頑張れば伸びる時代は終わった

「バブルの時代」を回顧するときは、六本木のディスコや銀座のクラブ、地上げや株の話になることが多いが、いまの時代とのいちばんのちがいは、「頑張って働けば結果が出る」という体験ではないだろうか。市場が縮小していくなかでは、どれほど働いても成功はまれで、やがて仕事は長時間の苦役になってしまう。
80’s エイティーズ ある80年代の物語

先日読んだ80sという本ですが、とても心に残った部分です。
著者の橘玲さんは、世の中をうまく生き抜くための本を多数だしており、個人的にはイチオシの作家さんです。僕はほぼ全ての著書を読みました。
» Amazon.co.jp: 橘 玲:作品一覧、著者略歴

付加価値を上げるしかない

頑張っても伸びない時代なので、やるべきことは付加価値を高めることです。

なので、現代において”激務”を課されている社員は”かなり不幸”です。
というのも、”時間をかけて努力したら伸びる時代”は終わっているので、無理に働いても、結果には結びつかないからです。

また、日本では高齢化社会の問題もあります。
※参考:2025年、高齢者1人を現役世代何人で支える? : 財務省

  • 1950年時点では、12.1人の若者が、1人の高齢者を支えてました
  • 2016年時点では、2.2人の若者が、1人の高齢者を支えてました
  • 2025年時点では、1.8人の若者が、1人の高齢者を支えるという予想です

現代の若者はつらい。

わりと人生がハードモードなので、、、ぶっちゃけリセットしたいですが、今のところリセットする方法は見つかりません。なので、仕方なしに生きるのですが、、、じゃあやることは、、、繰り返しですが、”付加価値のアップ”です。

効率的に稼いで、効率的に生きてくしかないです。
日本の衰退っぷりを見ていれば、大企業のやり方が間違っていることも分かるはず。自分で考えて、自分で行動して、自分の価値を高めるしかないですね。

とはいえ、、、「じゃあ、何すればいいの?」という疑問が浮かぶはず。
その点をお話します。

付加価値を高めて稼ぐ方法【緊急度の低いタスクが重要】

結論は次のとおり。

上記は七つの習慣に出てくる図ですが、一番大切なタスクが、右上になります。
要するに、急いでやらなくてもいいけど、将来的な資産に繋がる仕事をしましょうねって話です。

”緊急度の高い仕事”に価値はない


今までは、”緊急”に部類される仕事をしても、生きていける時代でした。
というのも、人口増加と経済成長に支えられていたから。

一部の人が、多大なる生産性を発揮してビジネスを伸ばし、その周りで馬車馬のように働く人が多かったという構造です。

”緊急度の低い仕事”の価値が高まる


今後は右側が重要になります。
とうのも、ロボット化やAI化で、単調な仕事がなくなっていくから。

※一番重要は右上だと思いますが、右下の領域にも可能性があると感じています。ここは何とも言葉での解説が難しいのですが・・・。例えばゲームとかって右下の領域ですが、、、Youtubeのゲーム実況とかをみていると、それは右上ですよねって話です。

「人間に出来る仕事ってなに」と聞かれたら、アートだったりの領域ですよね、と言われています。
※この辺りは元アップルの松井博さんの著書(企業が「帝国化」する)を参考にしています。

緊急ではない仕事にコミットするべき

僕がコミットしたのはブログです。

元々、Webマーケティングやプログラミングが得意だったので、ブログという媒体を育てて、仕事を得られる仕組みを作りました。ありがたいことに、最近はほぼ毎月のようにお仕事依頼をいただけております。

また、ブログ内の広告(アフィリエイト)も最適化しており、約1年ほど、毎日ブログを書き続けた結果、月間収益で100万円を超えることができました。
» WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説

ブログは”常に緊急度の低い仕事”です。
当たり前ですが、ブログをサボったとしても誰にも怒られないですからね。でも、この領域に一番価値があると思いまして、もちろん既存の仕事を頑張る事も大切ですが、全体の2割くらいの時間は、ブログといった”緊急ではない”仕事に費やすのが良いと思います。

行動し続ける人は伸びている

個人的にすごいなぁと思っている方が、次の3名です。

  • 名もなきライター(@writer_noname):圧倒的な努力コミットが最強。ここまで突き抜けている人は、あまり見かけないですね…。
  • ユーヘーさん(@katayamada_Y):本業はWebデザイナー件エンジニア。本業で稼ぎつつも、最近はブログからも仕事をモリモリ受注している模様。
  • こびと株さん(@kobito_kabu):大手企業で経理をしつつ、副業でブログを始めて安定的な収益を生み出しています。

みなさんゴリゴリ稼がれており、名もなきライターさんに至っては、金額がものすごいレベルですが、、、みなさん日々、めっちゃ努力しているように見えます。

ユーヘーさんを除き、オフラインでは会ったことがないので、実情は分からないっちゃ分からないですが、Twitterをウォッチしておくと、モチベUPに繋がるかなと思います。

結論 : 行動するしかない【バカは動くしかない】


記事のポイントは次のとおり。

これからの時代の働き方の結論

緊急度の低い仕事に、継続的にコミットすべき。

平凡な結論でごめんなさい。
でも、ここから見えてくることもあるはずです。

忙しすぎることはNG

当たり前ですが、タスクに埋もれていたら”緊急度の高い仕事”から処理するしかないですよね。

でも、その状態だと、将来的な可能性を増やす事ができません。
なので、”ある程度はヒマ人”という条件も大切なのかなと思います。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

有名な格言ですが、基本的に僕は”バカ”です。
たぶん、この記事を読んでいる方の大半も”バカ”です。

なぜなら、天才なんて、人口の1%未満だから。
なので、バカがやるべきことは、”行動から学ぶ”のみです。

僕はバカ(愚者)なので、基本的に行動するようにしています。

学生時代からビジネスをやってみたり、パーティーを主催してみたり、怪しいアフィリエイトをやってみたり、情報商材みたいなビジネスをやってみたり、新卒で海外就職してみたり、すぐにサラリーマンを辞めてみたり、海外で起業してすぐに失敗してみたり、、、など。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。そして聖人は経験から悟る。

先ほどの格言には続きがあります。

そして聖人は経験から悟る。

バカなのでとりあえず動くしかないです。
動いた結果、壁にもぶつかるし、穴にも落ちるし、お金も消費するし、世の中からバカにされることもあります。

でも、聖人は経験から語る\(^o^)/

バカが動きまくった結果を、世の中に発信すれば、聖人になれるってことですね。
というわけで、聖人を目指して、行動するしかないなぁと思う、今日このごろです。

まとめ:普通に生きたら人生ハードモード。工夫が大切です。


記事のポイントをまとめます。

  • これからの時代の稼ぎ方は”付加価値”を上げるしかない
  • 付加価値を高めるには、”緊急度の低いタスク”が重要です
  • ある程度ヒマ人になって、”行動”から学ぶのが正しい道です

こんな感じです。
個人的には、次の領域に可能性があるなぁと思っています。

これからの時代に可能性を感じる”緊急度の低い”タスク

  • ブログを活用した、実名での情報発信
  • Youtubeを活用した、得意分野や好きなことの情報発信
  • e-Sports業界で、有名なゲーマーを目指す
  • バーチャルYoutuberのプロデュース業
  • セルフプロデュースして、フォロワーから資金援助を受ける

ざっくりですが、、、こんな感じです。
繰り返しですが、まずは日々の業務もちゃんと頑張るべきです。仕事がつまらなすぎて、ストレス過ぎるなら辞めてもいいですが、そうじゃないなら、頑張るべきかなと。

日々の努力をしつつ、同時並行で”緊急度の低いタスク”をする。
これが良いかなと思っており、僕は”ブログ”と”e-Sports”の領域で攻めようと思っています。

というわけで、今回は以上です。
この記事は、僕が考える”これからの働き方・稼ぎ方”の結論ですが、みなさんはどう思いますか?意見や感想など、ぜひTwitterでお聞かせください!
» マナブ@バンコクと仮想通貨 (@manabubannai) | Twitter

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】