Written by Manabu Bannai

疲れたフリーランスの問題点+解決策【セルフで社畜化してません?】

Freelance LIFE

疲れたフリーランス「疲れた…。 フリーランスとして、ちょくちょく仕事は取れるようになったけど、、、これってラットレースみたいな消耗戦じゃないですかね…? 自分でお金が稼げる、という事実はわかったけど、想像以上にシンドイ気がしています…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 疲れているフリーランスの問題点とは
  • 疲れたフリーランスがやるべき3つのこと
  • 疲れているフリーランスは主体的に動こう

この記事を書いている僕は、フリーランス歴3年ほど。
最近は売上が安定するようになってきまして、詳しい話は「【実体験】フリーランスエンジニアとして月収100万円を稼いだ方法」あたりをどうぞ。

本記事は「疲れた・・・」と悩んでいるフリーランス向けに書いています。

結論としては、「もうちょい寝たほうがいい」というのがアドバイスなのですが、これじゃあ伝わらないので、記事で詳しく解説していこうと思います。

なお、この記事は1年前の僕に向けて書いており、当時の僕は「ある程度は稼げるようになってきたけど、、、疲れたなぁ」と思っていました。 似ている状況の人がいましたら、すこしだけ参考になると思います。

スポンサードサーチ


疲れているフリーランスの問題点とは


問題点はシンプルで、働きすぎているだけです。

なぜ、働きすぎるのか

基本的には「単価が低すぎるから」だと思います。

例えばですが、週5日で働いても月収20万円以下なら、、、それは根本的な問題点があります。 「駆け出しだから実績を作っている」という状態ならまだしも、5〜10件くらいの実績があるなら、単価を上げるべきですよ。

フリーランスが単価を上げる方法

一番簡単な方法は、「均質化・マニュアル化」です。
一言でいうと、仕組み化、といった方が伝わりやすいかもです。

仕事ができないフリーランスの1日

  • 見積もりを作る。
  • クライアントへの提案資料を作る。
  • クライアントから受注した案件を進める。
  • 新しい依頼が来たので見積もりを作る。

こんな感じ。
一方で、仕事ができるフリーランスの1日が下記です。

仕事ができるフリーランスの1日

  • 営業パートナーに価格表を送る。
  • クライアントにパッケージを選んでもらう。
  • 受注した案件を部分的にフリーランス友達に外注する。
  • 新規依頼がきたので価格表を送る。
  • ブログやSNSで発信する。

どうでしょう? 違いが分かりますか?
両者の違いは仕組み化できているかどうか、です。

爆発的に生産性を高める方法

結論は、1回やったことは繰り返さない、という考え方です。

見積作成とかも同じでして、毎回作っていたら、時間がかかりすぎですよ。 制作のパッケージ料金を用意しておいて、発注者がそこから選べば良いだけ。

また、受注した案件がプログラミングとかなら、過去のコードを使いまわして納品するとかです。

なお、こういった話をすると「ゼロからちゃんと作るべき」みたいな意見もきますが、それは勘違いです。

コードをテンプレ化して、使いまわし可能な状態にしつつ、徐々にそれをブラッシュアップして、案件で納品するときに使う、みたいな感じにすれば、工数を下げつつも品質を高めることができます。

テンプレ化は、大半の場合において、クライアントのメリットに繋がりますよ。

※Web制作の受託開発で稼ぎたい人は「Web制作で「売れやすい料金表」を作る方法【稼ぐための心理の話】」を参考にどうぞ。僕はこの方法で、年商1,000万(ほぼ利益)を越えました。

疲れたフリーランスがやるべき3つのこと


次の3つです。

  • その①:労働時間を減らす
  • その②:稼いでいる人を観察する
  • その③:無駄な案件を捨てる。

その①:労働時間を減らす

疲れているのに稼げないということは、シンプルに生産性が低いです。

時給で考えたらわかりやすいですが、優秀なフリーランスは、時給1万円を越えていたりしますが、ダメなフリーランスは時給1,500円とか。 当たり前ですが、毎時間1,500円を積み上げても、、、ぶっちゃけ楽になれないですよ。

まずは労働時間を減らしてみて、それでも稼げる工夫をすること。
土日も働いてるなら休みましょう。それでも収入キープできたりするので。

その②:稼いでいる人を観察する

現実世界で知り合いがいるなら、ご飯に誘ってみましょう。 ちゃんと理由を話せば、相手も相談に乗ってくれるはずです。

もしくはネット上での観察でもOKです。

僕は元々はSEOコンサルがメイン収益だったのですが、当時はWebコンサルで有名な「永江さん(@Isseki3)」をウォッチしていました。

永江さんの想定年収と労働時間を考えて、どうやったら彼の生活に近づけるかを考える感じです。結果として、これで収入がかなり伸びました(`・ω・´)ゞ

その③:無駄な案件を捨てる。

ベーシックインカムみたいな仕事は辞めましょう。

ベーシックインカムみたいな案件とは、生きるために仕方なく請けている案件みたいな感じ。※ちょっと例えが微妙かもですが…。

要するに、単価が安かったりするなら、それを切らないと次のステージにいけません、ということです。

疲れているフリーランスは主体的に動こう


やるべきことを3つ書いたけど、最後に追加すると「主体的な動き」が大切かなと思います。

主体的な動きの例

  • 自分の強みをSNSやブログで発信する。
  • 営業パートナーを探して、案件獲得を加速する。
  • イベントなどを企画&主催してみる。

上記の3つに共通することは、「既存の枠組みが用意されていないこと」です。

クラウドソーシングだけじゃダメです。

駆け出しフリーランスだと、クラウドソーシングで稼ぐ人が多いけど、、、それだけじゃダメです。 もちろん最初の入り口としては問題ないと思いますが、とはいえ、主体的な動きもしましょう。

クラウドソーシングだと基本的に単価が安いので、主体的に動いて「直営業した案件」とかなら、単価は5〜10倍になるはずですよ。

稼いでいるフリーランスを見ればわかりますが、クラウドソーシングをメイン収入にしている人はいないはずです。つまり、そういうことです。

生活には余白を残そう

あと、フリーランスなら、生活の余白が必須。
というか、サラリーマンでも同じだと思いますが…。

要するに、リソースの100%を使って仕事をしちゃうのはNGでして、常に20~30%くらいのキャパシティは残しておいて、そこの「余白」を使って、主体的な試みをすべきです。

主体的な動きの例(再度掲載)

  • 自分の強みをSNSやブログで発信する。
  • 営業パートナーを探して、案件獲得を加速する。
  • イベントなどを企画&主催してみる。

得意不得意があると思うので、好きな方法でいいと思います。

僕はブログが好きだったので、継続的に発信を続けたら、ブログからも仕事が取れるようになりました。

このあたりは「【Web系エンジニア向け】最強の副業はブログである【25万稼ぐ話】」をみるとイメージが湧くと思います。

最重要:働きすぎはNGです

いろいろと書いてきましたが、、、頑張りすぎはダメです。 フリーランスで鬱っぽくなる人もちょいちょい見かけますので。

あと、僕も精神的に萎えるときがありますが、そういうときは「休息」に限ります。1人でいるのが嫌なら、フリーランス友達とかと飲みにでもいけばOKです。 友達は大切ですね。

というわけで、今回はこれくらいで記事を終わりにしようと思います。

最後にポイントをまとめると「フリーランスやってるけど疲れたなぁ…」と感じてる人は、働きすぎなので、次の点を考えてみてください。

疲れたフリーランスがやるべきこと

  • ①労働時間を減らす
  • ②稼いでいる人を観察する
  • ③無駄な案件を捨てる。

そして、空き時間が生まれたら「主体的に動く」ということをやってみましょう。

主体的な動きの例(再度掲載)

  • 自分の強みをSNSやブログで発信する。
  • 営業パートナーを探して、案件獲得を加速する。
  • イベントなどを企画&主催してみる。

こんな感じです。
記事が参考になれば幸いです。無理せずに楽しく生きましょう。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】