Written by Manabu Bannai

フリーランスエンジニアは『技術力』よりも『信頼力』が大切です

スポンサー

フリーランスエンジニアを目指す人「フリーランスエンジニアに必要な技術力を知りたい。ITの制作会社の勤務で基礎スキルは身についたけど、フリーで食べるならどれくらいの技術力が必要なんだろう?経験者から話を聞いてみたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • フリーランスエンジニアに高度な技術力は必要ない話
  • フリーランスエンジニアが信頼と営業力を身につける方法
  • フリーランスエンジニアが食べていく為に知っておくべきこと

この記事を書いている僕は、フリーランスエンジニア歴3年。
技術力に自信があるかと言われたら、、、全然そんなことはなくて、一般レベルだと思っています。

しかし、お仕事自体は安定して頂けており、その理由は”信頼”と”営業力”があるからだと考えています。

この記事は過去の自分に向けて書いています。

というのも、僕自身が駆け出しフリーランスだったころは、どうやって稼げばいいか分からずに、色々と遠回りをしてしまったなぁと思うからです。当時の自分が読みたかったことを記事にまとめました。

これからフリーランスエンジニアを目指す方は、是非ご覧ください。

スポンサードサーチ


フリーランスエンジニアに高度な技術力は必要ない話


よくある勘違いは次のとおり。

エンジニアのよくある勘違い

技術力が高い = たくさん稼げる

上記が勘違いである理由は、会社をイメージすると分かりやすいです。

営業マンが案件を受注できる理由

当たり前ですが、営業マンは高度なプログラミング技術を持っていません。
しかし、ITの開発案件を持ってこれますよね。

なぜか?
その理由は、信頼があるからです。

営業マンが”信頼”を持っている理由

理由はシンプルで、営業マンの裏にはエンジニア&会社という構図があるから。

  • 営業マン → お客さんとの関係値を構築する
  • エンジニア → 技術力を提供する
  • 会社 → 信頼を担保する

上記の感じです。
こういった構図なので、エンジニアスキルのない営業マンでも仕事を取ってこれます。

じゃあ、フリーランスエンジニアに必要な能力は何か?
答えは簡単で、”信頼”と”営業力”ですね。

なので、エンジニアが仕事を取るにあたって、”スキルの良し悪し”はあまり関係ないです。まったくゼロとは言えませんが、その領域で2年も経験があれば、スキル的には十分すぎるはずです。

フリーランスエンジニアが信頼と営業力を身につける方法


信頼と営業力を獲得するための、具体的な方法を解説します。

  • その①:信頼
  • その②:営業力

その①:信頼

信頼を得るには、次のような要素を揃えればOKです。

  • 経験年数
  • 制作ポートフォリオ

要するに、制作ポートフォリオに経験年数も記載すればOKです。
考えてみたらすぐに分かりますが、制作実績のないフリーランスに仕事発注する人なんていない訳でして…。

こういった話をすると、「秘密保持の関係で、実績として出せるものはありません・・・」とか、「経験はあるけど、、、すべての自分で作ったわけじゃないので・・・」といった話をするエンジニアがいます。

結論からいうと、そういった人はフリーランスに向いていません。
実績として出せるものがないなら、実績を作れるように努力しないとダメですし、自分が全部作った作品じゃないなら、自分が作った部分が分かるようにポートフォリオを整えればOKです。

できない理由を並べるのは簡単ですが、それにあまり意味はありませんので。
問題があるなら、解決策を考えて、それを実行していくしかありません。

その②:営業力

一番簡単な営業方法は、求人サイトへの登録です。
有名どころは次のとおり。

一番基礎となる営業方法です。
会員登録するだけで案件が流れてくるとか神の時代です。最近の世の中はフリーランスに優しくなっているので、使えるリリソースは利用しない手がないですね。

※注意点:選り好みは良くないです
過去の僕が思っていたこととして、「営業なんて自分の仕事じゃないし、自分がやる必要はない」という考えがありました。今となっては過去の自分を叱ってやりたいですが、そういった選り好みする気持ちはマジで無駄です。

結果を出すには、”可能性のある行動を愚直に実行すること”。
これがマジで大切でして、求人サイト登録も同じ。受注できる可能性があるのに、自分には向いていないみたいな謎な理由で行動しないのはNGです。無駄な選り好み、無駄なプライドは早めに捨てるのが吉です。

フリーランス向けの求人サイトはフリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】でも詳しくまとめています。求人サイトの選び方や仕事探しのコツにも言及しておりますので、合わせてご覧ください。

営業マンと組むのも良い

求人サイト依存も良くないので、営業マンとチームを組むのもオススメです。
具体的には、”案件紹介をしてくれたら、受注金額の15%を渡しますよ”といった感じ。30万円の案件を受注したら、営業マンへのキックバックは45,000円でして、営業費用を考えるなら、全然問題ない金額かなと思います。

なお、営業マンを組む際のポイントとしては、”その分野に詳しい人”と組むのがオススメです。

もしあなたがPHPエンジニアなら、PHPの受託案件を売ったことのある営業マンと組む、といった感じ。そうすれば、業界相場とか営業トークも知っていますからね。

もっというと、、、ITの制作会社勤務しているサラリーマンと組むのも良い。
就業規則的にNGの場合も多いですが、会社からこぼれた案件を流してもらうとかもいいかなと思います。

以上をまとめると、フリーランスエンジニアには”信頼”と”営業力”が必要という話でした。これを意識すれば、”とりあえず食べれる状態”は目指せるかなと思います。

フリーランスエンジニアが食べていく為に知っておくべきこと


フリーランスとして”とりあえず食べれる状態”は悪くない状況ですが、見方によっては”サラリーマンの方が安定するしコスパ良くないですか”って感じです。

毎回数百万の案件が取れるならいいですが、、、ぶっちゃけ数十万の案件とかだと、、、わりと消耗しやすかったりします。

作って稼いで、作って稼いで、作らないと稼げない・・・。

僕も一時期はこういった状態だったのですが、ふと思ったことがあります。

「自分が病気になったらどうなるんだ?」

結果は明白で、収入はいきなり0円になります。
サラリーマンなら各種保証があったりしますが、フリーランスにそれはありません。

なので、”自分が働かなくても稼げる状態”を作るのが大切かなと思います。

フリーランスがストック収入を作る方法

ストック収入とは積み上げ式の収入のこと。
エンジニアに当てはめると、次のような感じですね。

  • 保守案件を取る
  • ディレクションに回る
  • ビジネスを立ち上げる

保守案件を取る

月1万円でもいいので、ストック収入を作るべきです。
サーバーの保守とかで月1万円くらいなら受注できるかなと思います。

仮にそういった会社さんが10社できれば、それだけで10万円です。
がっつり作業せずにも10万円が入ってきたら、、わりと生活は楽になりますよね。

このあたりも、保守の売り方がわからないなら、営業マンとかに相談すると良いでしょう。業界的に”こすうれば保守が取りやすい”みたいな法則があったりしますので、その方法を真似しちゃった方が早いです。

ディレクションに回る

自分が受注した案件の流し先を確保しましょう。
世の中では、次の図式が成り立ちます。

  • 案件が溢れているエンジニア:全体の2割
  • 案件が取れないエンジニア:全体の8割

あくまで僕の肌感ですが、こういった感じ。
案件が溢れているエンジニアは、その友人も案件が溢れていたりします。そういった人の周りには、好循環が生まれて、さらに売上アップに繋がるといった感じ。

案件が取れないエンジニアは、交流会やイベントに積極的に参加していたりしますが、残念なことに、ビジネス交流会とかって”案件を欲しがっている人が多く集まる”という傾向にあります。この点は注意が必要ですね。

もしあなたが”案件が取れていないエンジニア”なら、まずは”信頼”と”営業力”を身につけましょう。それらが身についたら、あなたの周りには仕事が集まってきます。そして、仕事が溢れ始めたら、、外注先を探すといった感じ。

なお、「個人で受注した案件を外注するとか、、、失礼じゃない?」って思うかもですが、それは間違っています。発注者は”あなたの信頼”に対して仕事を出しているので、その仕事をどのように処理しようが、あなたの勝手です。

大切なことは、高品質な仕事をして、発注者を満足させること。
これだけです。

ビジネスを立ち上げる

Web系エンジニアとして食べている僕ですが、いくつかビジネスを立ち上げています。

  • SEOコンサル業:制作→運用という流れで受注できる。半年から年間契約が多いので、売上が安定します。
  • プログラミング塾:iSaraというプログラミングスクールを運営しています。自分のスキルをC向けに切り取りました。
  • ブログでの情報発信:プログラミング学習やフリーランスの情報を発信しています。このブログの月間の広告収入が60~80万円ほどあります。

こういった感じ。
「自分はエンジニアだからコードしか書かない」といった発想は可能性を狭めるだけです。”フリーランス = 一人会社”なので色々仕掛けることが大切ですね。

なお、ブログでの情報発信は。広告収入だけじゃなく、仕事受注にも繋がります。
ブログの作り方はWordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説を参考にどうぞ。

まとめ:フリーランスエンジニアは『技術力』よりも『信頼力』が大切です


記事のポイントをまとめます。

  • フリーランスエンジニアに高度な技術力は必要ありません。
  • スキル感としては、業界経験が2年くらいあればOKです。
  • 技術力よりも、営業力と信頼が大切なので、そこを高めるべき。
  • 選り好みをせずに、可能性のあるタスクを順番にこなすこと。
  • 仕事が増えてきたら、収入のストック化を目指しましょう。

こんな感じ。
記事を読み終えたら、ある程度はやるべきことが見えてきたと思います。

まずはポートフォリオをまとめつつ、求人サイト登録、知り合いの営業マンへ声がけを始めましょう。

今日から動き始めた人には今日から景色が変わり始めます。
「まだ先でいいや、、、」って思うかもですが、それは決断の先延ばしでして、結局は動かないと始まりませんので。最初は誰だって多少はシンドイですが、それを乗り越えたら、フリーランス的な働き方が待っています。

これからの時代は個の時代にシフトすると思いますし、僕自身はこういった働き方に満足しています(残業もないし、通勤もないので)。この記事は、これからフリーランスエンジニアを目指す方の参考になればと思います。

ポートフォリオ作成の参考記事

フリーランス向けの求人サイト

情報発信用のブログ構築方法

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】