Written by Manabu Bannai

海外でフリーランスエンジニアをする人の稼ぎ方とは【2年で達成可能】

Freelance LIFE

海外系のフリーランスエンジニアを目指す人「フリーランスエンジニアとして海外で働きたい。 世の中には海外で働くフリーランスがいるけど、みなさんどういった感じで収入を得ているんだろう? 将来的にそういった働き方をしたいので、具体的なお話を聞きたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 海外でフリーランスエンジニアをする際の収入源とは
  • 海外でのフリーランスエンジニア生活を実現する手順
  • オマケ:フォローしておくべきTwitterアカウント9選

この記事を書いている僕は、海外でフリーランスエンジニアをやっています。
最近はブログ収入がメインですが、2017年まではモリモリとコードを書いていました。
» 参考:フリーランスエンジニアとして月収100万円を稼いだ方法【実体験】

本記事では「フリーランスエンジニアとして海外で働く人の稼ぎ方」と「そういった人生を目指す手順」を解説していこうと思います。

思ったよりも難しくなくて、2年くらいで達成できます。
確実に心地よい生き方だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードサーチ


海外でフリーランスエンジニアをする際の収入源とは


結論として、9割の人は固定案件で収入を得ています。

業務委託契約を受ければOKです

エンジニアに対する業務委託契約とは、下記の感じです。

  • サイトの運用保守をしてもらう代わりに、月額20万円を支払う
  • 開発案件のディレクションをする代わりに、月額20万円を支払う
  • Webサービスの開発を手伝う代わりに、月額20万円を支払う

すんごいざっくりですが、上記の感じで、みなさん案件を持っていて、それをこなしつつ海外に住んでいますね。

1つの案件で月額20万円とかって、よくある話なので、1つだけ契約があれば、それだけでわりと自由に生きていくことができます。

よくある間違い:海外案件を受注する必要はありません

海外フリーランスと聞くと、「なんか英語で仕事をしてそう…」とか「外国人と一緒に働いてそう…」というイメージかもですが、、、そんなことはない。

海外にいるフリーランスエンジニアの事実

9割のエンジニアは、日本企業からの案件で稼いでいます。

9割という数字は僕の肌感覚ですが、、、大きくズレてはいないはず。要するに、海外にいても、日本語で仕事をしていますよ、ということです。

海外フリーランスが日本語の案件で稼ぐ理由

  • その①:日本の案件でも十分に費用が高いから
  • その②:海外案件だとネイティブレベルの英語力が必要だから
  • その③:海外案件は非ネイティブの日本人を欲していないから

上記の3つの理由をみたら、理解できるかなと思います。

考えてみたら当たり前ですが、英語を苦手とする日本人は、わざわざ英語のプロジェクトに携わっても、お互いにとってあまりメリットがないですよね、という話。

※なお、ちょっと余談ですが、英語ができれば仕事の幅は広がりますが、それと同時に「競合するフリーランス」も増えるので、結局は国内の方が稼ぎやすいかなと思います。

エンジニアとして世界で戦うなら、インド人とかも競合になる訳で、彼らは手強いですよ。英語もうまいし技術もあるしで、、、真っ向から立ち向かっても勝ちづらいです。

日本が衰退を始めると、海外フリーランスが増えていきます

2018年現在だと、日本は豊かだし報酬も十分に高いです。

しかし、日本が衰退して、国内案件で稼ぎづらくなると、、、そのタイミングで「外貨を稼ぐフリーランスエンジニア」が増えていくと思います。

僕は以前フィリピンに住んでいたのですが、フィリピンとかだと「優秀なエンジニア=その大半はアメリカの仕事をしている」という状況です。 考えてみたら当たり前ですが、その方が稼ぎやすいですからね。

今のところの日本は問題ないので、国内案件でモリモリと稼ぎ、はやめに資産運用とかして、人生を安定化させていく感じが良いと思います。

海外でのフリーランスエンジニア生活を実現する手順


手順は下記のとおりです。

  • 手順①:基礎スキルを身につける
  • 手順②:フリーランス案件を受注する
  • 手順③:海外を少しづつ旅して考える

サクッと解説していきますね。

手順①:基礎スキルを身につける

当たり前ですが、まずは基礎スキルを身に着けましょう。

言語はなんでもいいですが、個人的には「Web系の言語」をおすすめします。
理由は簡単で「在宅OK」の仕事が多いから。 在宅OK=別に海外で働いてもいいよ、という認識なので、自由度が高いです。

以前に僕も在宅OKの仕事をしていたのですが、社長さんには「来週からしばらく海外に行きますので、打ち合わせとかはSkypeでお願いします」と伝えていました。これでOKでして、何も文句はいわれませんよ。

参考リンク:プログラミングの学習方法

参考リンク:プログラミングの言語選びについて

手順②:フリーランス案件を受注する

基礎スキルは1年くらいで身につきます。
そしたら、自分で仕事を探していくフェーズですね。

なお、世の中には「企業に勤めている優秀なエンジニア」も多いのですが、みなさんが独立をためらう理由は「仕事の取り方がわからない」だったりします。

スキルがあるなら、独立するだけで収入はゴリゴリと伸びたりしますので、ちょっともったいないなと思います。

そして、ここでいう「仕事を探す行為=営業活動」なのですが、営業なんて慣れれば簡単です。やることは限られているので、営業に必要なタスクを消化していけば、徐々に仕事が入り始め、徐々にコツを掴みます。

参考リンク:フリーランスエンジニア向けの仕事の探し方

手順③:海外を少しづつ旅して考える

ここまでを整理します。

  • まずは1年くらいで、基礎スキルを身につける
  • その後に、半年〜1年くらいで、営業を覚える
  • つまり、1年半〜2年くらいで、海外フリーランスになれる

上記のとおりです。

これは最短距離の話なので、全員が可能という訳じゃないですが、本気で目指せばこれくらいかなと思っています。

まずは、少しずつ旅するのがいい

晴れて海外フリーランスの第一歩を踏み出したあなたは、まずは「少しずつ旅をする」というのがオススメです。 いきなりガッツリ移住とかって大変ですので、1〜2週間スパンでのんびりと旅をしつつ、自分にあった国を探していく感じです。

あと、仕事をしながらの旅になるので、予想以上に疲れると思いますので、予定はあまり入れない方がいいと思いますね。

補足:とりあえず海外就職するのもあり

基礎スキルを身につける期間に、日本で働くのもいいですが、住みたい国が決まっているなら、いきなり海外もありかなと思います。

僕は新卒でフィリピンにエンジニア就職したのですが、もともとは「フィリピンに住みたいと明確に決めていた」ので、とても満足でした。

そして、東南アジアに限っていえば、就職のハードルはかなり低いです。

エンジニア不足の会社も多いので、仮に自分のスキルが足りなかったとしても、チャンスは多いと思いますよ。日本ほどオーバーワークする会社も少ないので、働きつつのプログラミング独学も続けることができると思います。
※ぼく自身は、海外就職して、いつも定時に帰り、平日2時間・週末6時間くらいはプログラミング学習をしていました。

あと、給料は日本よりも下がりますが、物価が安いので貯金できます。僕の例としては、新卒の時点で毎月10万円くらい貯金できていたので、恵まれていました。

海外就職の求人サイト・リンク

上記のあたりが定番です。 繰り返しですが、東南アジア就職のハードルは低いので、驚くほど簡単に達成できちゃいます。住みたい国があるなら、簡単に達成できますよ。

オマケ:フォローしておくべきTwitterアカウント9選


海外フリーランスを実現するには、2つの条件があります。

  • 場所を選ばずに、働くこと
  • 場所を選ばずに、稼ぐこと

上記の2つです。

大半の職業では達成が難しいですが、エンジニアなら比較的カンタンです。 そして、すでに「達成できている人」を見ることで、具体的なイメージが湧きやすいかなと思います。

注意点:海外のフリーランス以外も含みます

これから9名のTwitterアカウントを紹介しますが、海外フリーランス以外も含みます。

その理由は、繰り返しですが、目指すべきは「場所を選ばずに、働くこと」と「場所を選ばずに、稼ぐこと」だからです。

9名のアカウントは、みなさん比較的いつでも海外に出れると思いますし、仕事が途絶えることもないだろうな、と思っています。生き方の参考になりますよ。

Twitterのアカウント9選がこちらです

下記のとおり。

  • @yuki_99_sさん:スーパーエンジニア兼マーケターです。ビジネス構築力が高すぎるので色々と勉強になります。
  • @never_be_a_pmさん:会社勤めをしつつも個人で色々とサービス開発しているデータサイエンティスト兼エンジニア。
  • @sho_yamaneさん:超優秀なフルスタックエンジニア。普段は筋トレツイートが多めですが、稼ぎ方や働き方の参考になります。
  • @ryukkeさん:エンジニア兼ブロガー兼Youtuber兼サロン運営者、という感じ。ビジネス構築力が高すぎですね。
  • @chomadoさん:マイクロソフト勤務のエンジニア。海外勤務の優秀エンジニアは、よい生活をしつつ楽しそうに生きているのが分かります。
  • @aya_lachelierさん:フリーランスチームを作ったり、サロン運営をしているWebエンジニア。女性こそはリモートワークすべきですよね。
  • @showheyohtakiさん:リモートワーク社員兼エンジニア。バンコクに住みつつノマド生活を満喫しているようです。
  • @hassy_nzさん:日本企業でエンジニアをしていたけど消耗して、ニュージーランド就職した元社畜系エンジニア。働き方に関する発信が多め。
  • @cohki0305さん:元営業マンのエンジニア。下ネタツイートも多いですが、実はとても優秀で考え方は合理的だと思います。

みなさん優秀で、とても参考になると思います。
そして、僕も場所に縛られない生き方とかを発信しているので、よかったら覗いてもらえたら嬉しいです。
» マナブ@バンコク(@manabubannai)さん | Twitter

というわけで今回は以上です。
海外にいるフリーランスエンジニアの生態が伝わったら、幸いです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】