Written by Manabu Bannai

【事実】フリーランスエンジニアは「交流会を主催すべき」という話

Freelance LIFE

フリーランスエンジニアの交流会に参加を考えている人「フリーランスエンジニアの交流会って、どうなんだろう? 人脈や横の繋がりを増やしたいので参加しようかと思うけど、、、はたして効果はあるのだろうか? 時間を無駄にしたくないので、事前にリサーチしておきたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • フリーランスエンジニアは「交流会を主催すべき」という話
  • フリーランスエンジニアとして交流会を開くための手順

この記事を書いている僕は、フリーランスエンジニア歴3年ほど。
交流会にはあまり参加したことがないのですが、ありがたいことに、身の回りには優秀なエンジニア友達が多いです。

人脈を広げるとかって言うと聞こえが悪いですが、効率的に交流を広めるコツはあると思っています。

今回はそういったことを解説します。

※3分くらいで読めます。具体的な行動まで落とし込んだので、たぶん参考になると思います。

スポンサードサーチ


フリーランスエンジニアは「交流会を主催すべき」という話


交流会に参加する理由は色々あると思いますが、やはり、横の繋がりを増やしたい、というニーズが強いと思います。 
※勉強するだけなら、オンラインでも完結する時代ですからね。

じゃあ、どうやったら「効率的に横の繋がりを増やせるか」というと、その答えは「交流会を主催すること」だと思います。

※補足:主催なんて無理、、、と思わないでください。記事後半で、わりと誰でも実現可能な「交流会を主催する手順」を解説しています。

横の繋がりを増やすための本質思考とは

横の繋がりを増やすには、「繋がりたいと思われる人」になることが大切です。

あなたが会いたいと思っている人を思い浮かべてみてください。

もしかすると、「Twitterで有名な人、ブログで有名な人、特定分野の第一人者」みたいな人かもしれません。

では、イベントに参加したときはどうでしょうか?
たぶんですが、「イベントの主催者」には会って話したいと思いますよね。

いきなりTwitterで有名になるとか、いきなり特定分野の第一人者になる、とかだと難易度が高いので、お手軽な選択肢として「イベント主催者=繋がりたいと思われる人」を目指すのは、大いにありかなと思います。

イベント主催すると、コミュ障でもOKな話

僕はエンジニアの交流会とかは開いたことがないのですが、国際交流パーティは何度か主催しました。

基本的には、コミュ障な僕ですが、イベントを主催する=勝手に話しかけてもらえる、に繋がりますので、とても助かります。

準備はすこし大変なのですが、そんなものは3回くらい経験したら慣れますよ。

コミュ障だったとしても、「イベント主催者」というポジションを手に入れることで、「勝手に話しかけてもらえる&人を紹介してもらえる」という感じになりますので、とても良いですよね。

フリーランスエンジニアとして交流会を開くための手順


とはいっても、、、主催なんて怖い、と思う人が多いはず。

当たり前ですが、僕も最初は怖かったです。

人が集まるかどうかもわからないし、失敗したら恥ずかしいし、ぶっちゃけ準備もだるいなぁ…と思いますし。

しかし、今回説明する手順を使うことで、わりと誰でもイベント主催の実現は可能になると思います。 必要なのは、すこしの勇気と、すこしの行動力だけです。

イベント主催するための手順

  • 手順①:まずは参加する
  • 手順②:主催者を手伝う
  • 手順③:仲間と始める

簡単ですよね。
順番に解説しますね。

手順①:まずは参加する

まずはイベントに参加しましょう。

そして、どういったイベントがあるのかを知りつつ、自分はどういった交流会を開きたいかを考えるべしです。 やはり、自分が楽しいと思えるイベントじゃないと、開くのはキツイですからね。

僕が過去に参加したのは、スタートアップウィークエンドというイベントでして、週末でWebサービスを作りましょう、みたいなイベントです。 海外での開催(in フィリピン)だったので、グローバルにも交流できて、とても楽しかったです。

交流会や勉強会はいろいろありまして、普通の勉強会とか、あとはモクモク会(みんなで集まって作業するだけ)とかもありますね。

※勉強会だと、毎回の資料準備とかが大変そうなので、継続することを考えたら、あまり手間のかからない方法が良さげかもです。

手順②:主催者を手伝う

「お、このイベントはいいな」と思ったら、主催者の手伝いをしましょう。

イメージとしては、「イベントが素晴らしかったので、次回開催のときに、無料でお手伝いしたいです」といった感じでOKです。

この時点で、「主催者=わりと影響力のある人」と繋がることができますし、そして、イベント主催とかのノウハウも吸収できますよね。一石二鳥です。

手順③:仲間と始める。

何度かイベントを手伝ったら、ノウハウが溜まります。
そしたら、自分でも企画してみたらOKです。

仲良くなった主催者と一緒にやってもいいですし、完全に自分だけでやるのもいいですし、ここは自由です。

なお、僕が思うにですが、完全にゼロベースから自分で動いた方が、横の繋がりとかは増やしやすくなると思います。なので、できたら、自分主体でゼロからの主催をすべきです。

そして、「1人でやるのが怖いな…」と感じたら、友達を誘えばOKです。

僕の場合だと、基本的にはコミュ障でして、人の前で話すのは苦手です。 
なので、イベントの仕組みづくりは僕が担当して、当日のトークは、リア充っぽい友人に任せました。これなら安心です。

※補足:イベントを開くときは、誰かのコンセプトを真似する感じでいいと思います。完全に新しい感じのイベントにしちゃうと、集客できるかわかりませんので。最初は既存のイベントを真似することで、集客の見込み人数とかも、予想しやすいと思います。

あとは継続するだけ

当たり前ですが、最初からうまくはいきません。
僕の場合は、1回目は失敗、2回目はまぁまぁ、3回目は成功、みたいな感じでした。

いきなり人数を大きく集めるのも難しいので、5〜10人くらい集まったら、それは素晴らしいと思いますよ。

5〜10人が少ないように感じるかもですが、普通に生きていたら会うことのなかった人達ですからね。 そして、積極的に交流会とかに参加する層は、わりと優秀な確率も高いと思います。

まとめ:自分が動くと、それにつれて世界も動きます。


下記の僕のツイートをご覧くださいm(_ _)m

世の中の常識では「世界は最初から存在する」という解釈だけど、その一方で「自分の動きにつれて世界が現れる」という解釈も可能でして、これは素晴らしい思考だと思う。
これはよくある事でして、例えば、何か目標を宣言して、そこに向けて動くなど。そうすると、自分に合わせて環境が変わりますよね。

上記のとおりでして、要するに「自分から動いて、世界を変えよう」みたいな発想です。しかし、これだけだと抽象的すぎるので、具体的な手順に落とすのが大切です。

目標があるなら、手順を分解して達成すればいい

今回の例もそうですが、いきなり「交流会を主催する」とかって考えると難しいので、「手順①:イベント参加→手順②:主催者を手伝う→手順③:自分で始める」といった流れに分解すると、「お、これならいけるかも」って思いますよね。

目標を分解すると、達成するための手順が見えるということです。

自分の動きにつれて、世界が現れる

大雑把にまとめると、「自分主体で動きましょう」ということです。 自分を起点に動くことで、それにつれて景色が変わってきます。

他人に期待してもいいですが、他人はコントロールできませんよね。

コントロールできるのは「常に自分だけ」なので、まずは目の前の現実から変えていくべきかなと思います。 主人公は自分なので、世界の見え方を変えていきましょう。

というわけで今回は以上です。
すべての出発点は行動なので、まずは今週中くらいに、イベント参加すべきです。

交流会やイベント検索に便利なサイト

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】