Written by Manabu Bannai

【脱・依存】フリーランスエンジニア向けのエージェント3選【大差なし】

Freelance LIFE

フリーランス独立を考えているエンジニア「フリーランスエンジニアにおすすめなエージェントを知りたい。 これから独立を考えているけど、仕事を探すにはエージェントが便利と聞きました。 色々と不安はあるけど、エンジニアなら独立しても稼げるという話もあるし、、、チャレンジしてみようかな。 知っておくべき情報が欲しいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • フリーランスエンジニア向けのエージェント3選
  • フリーランスエンジニアがエージェントから学ぶべきこと

この記事を書いている僕は、フリーランスエンジニア歴3年ほど。
最近は文章を書きつつ生活していますが、2017年のエンジニア収入は1,800万くらいでした。 フリーランスエンジニアは稼ぎやすいですね。

本記事では「フリーランスエンジニアにおすすめなエージェント」を紹介しつつ、記事の後半では「脱・エージェントする方法」も解説します。

記事で伝えたいことの本質は「収入を増やすための思考法」です。

※3分くらいで読めますので、読了後は行動に繋げてみてください。

スポンサードサーチ


フリーランスエンジニア向けのエージェント3選


エージェントは「労働者の紹介料」で稼いでいます。

なので、ぶっちゃけどこを選んでも大差はなかったりしますが、今回は大手をベースにしつつ、すこし特徴のある3社をピックアップしました。

大手エージェント3選【フリーランスエンジニア向け】

  • Midworks:手数料を公開しています。あと、独立保証といったサービスもあり、全体的に良心的だと思います。
  • ギークスジョブ:定番のフリーランス向けエージェントです。案件数が業界最大級なので、とりあえず登録すべき。
  • コデアル:リモートワークの求人がメインです。スタートアップ系の案件が多く、全体としてイケてる感じです。

上記のとおり。

あまり大差はなかったりしますが、登録&相談は無料です。
とりあえず登録しつつ、案件紹介とかを受けつつ、考えるのもありです。

フリーランスは、ぶっちゃけ稼げる

Midworksの案件ですが、下記の僕のツイートをご覧ください。

Web制作系の案件で、たぶん1年くらいで身につくスキルですが、これで「月収50万円〜」ですね。 急募と書かれているので、60万くらいを希望したら、通るかもですね。

Twitterから頂いた質問

上記に関して、僕の回答は下記です。

朗報:経験年数は「満たしてなくてもOK」です

ありがたいことに、Twitterから情報をいただきました。

要するに「経験年数はあくまで目安であって、スキルが十分なら採用されますよ」ということです。 考えてみたら当たり前かもですが、、、経験者からの声をいただけるのはありがたいですm(_ _)m

なぜ、フリーランスだと収入が上がるのか?

本質を考えるために、1分だけ時間をください。

本質的な問い

そもそも、なんでフリーランス独立するだけで、収入が上がるのか?

考えてみたらおかしな話です。 フリーランスになるだけで収入が上がり、ネットの記事をみると「収入が上がるから、独立すべき」みたいな意見が多いですね。

ある会社の調査では、平均して200万円も上がった、というデータもあります。
※エージェント会社の調査なので、データの信憑性は高くないかもです。

フリーランスエンジニアの価値が上がる理由

その理由は、安定を捨てているからです。

日本だと、正社員採用をすると、解雇しづらくなります。 つまり、フリーランスエンジニアの付加価値は「いつでも解雇できる労働者である」とも考えることができますね。

会社にしがみつきますか?

安定を目指すために「会社に残る」という選択をしてもいいですが、IT業界で終身雇用とかって現実的じゃない訳なので、、、多少はリスクを取るのもありじゃないか、と思います。

ちなみに、「副業」や「週2稼働OK」な案件もあります。

怖いなら最初は小さくスタートでもいいと思いますが、とはいえ副業や週2可動だと、実質的に「あなたの休みがゼロ」になるので、シンドイ気がします。

それよりも、エージェントに相談してみて「年収が上がる案件が確定したら、独立する」とかでもいいかなと思います。

フリーランスエンジニアがエージェントから学ぶべきこと


自分を「商品化する思考」を学びましょう。

あなたはエージェントの「商品」です

言葉を選ばずに言うと、エージェントはあなたという商品を企業に販売して、そこから紹介料を貰って儲けています。

紹介料は安くて10%くらいでして、業界平均は35%と言われています。 つまり、あなたの年収が600万円なら、エージェントに「60〜210万円」を支払っていることになります。

なので、エージェントを通さなければ、それだけで年収が上がります。

エージェントから「商品思考」を学ぼう

最終目標が「エージェントを使わないこと」です。

理由は簡単で、その方が利益が上がるからです。 あと、在宅ワークとかを目指す場合も、エージェントを通すと達成しづらいですね。

学ぶべきは「商品思考」です

要するに「どうやって自分をパッケージ化して、どうやって企業に売るのか」です。

エージェントはあなたを商品化しています。
その際に大切なことは、エージェントを使いつつ学べます。

自分を「商品化」するときに必要な情報とは

  • スキルセット
  • 前職の経験
  • 過去の実績
  • 希望収入
  • 稼働時間

エージェントの仕事は上記をまとめることで、情報をまとめ、あなたを商品にして、それを企業に売るわけですね。 なので、エージェントに手数料を払わずに利益を高めたいなら、自分で自分を商品化したらOKということです。

商品化は、最初だけ大変です

最初は資料の準備とかで大変かもですが、このあたりはエージェントから学べます。

例えばですが、まずは週4の案件を紹介して貰いつつ、さらに、週1〜2のサブ案件も紹介して貰います。

すると、「週4の人材を求める企業&条件」と「週1〜2の人材を求める企業&条件」を学べる訳です。まぁ当たり前の話ですが、気付いてない人が多いです。

そして、基本的には「週4よりも、週2案件の方が受注しやすい」という場合が多いので、週2案件はエージェントから断り、自分で探してみる、などです。

フリーランスエンジニアの営業方法

商品化思考と企業が欲しがる条件が分かってきたら、あとは営業したらOKです。

フリーランスの営業方法は5つある

  • その①:求人サイト
  • その②:知人からの紹介
  • その③:営業パートナー
  • その④:ブログ発信
  • その⑤:自ら営業する

上記の感じです。

いきなり全てやるのは大変ですが、徐々に進めていけば、1年もかからずに「脱・エージェント」できると思います。 それはつまり、収入アップに繋がります。

なお、具体的は営業方法は「【効果ある】フリーランスエンジニアの仕事探し方法【5種類あり】」で解説しています。

とりあえず、動いた方がいい

エンジニアなら、仮にフリーランスとしてうまく稼げなかったとしても、そしたら会社員に戻ればいいだけです。

スキルがあれば採用される訳なので、年収が上がるチャンスを求めて行動してみて、とりあえず試してみる方がお得だと思います。

繰り返しですが、いきなり独立が怖いなら、最初の一歩は「副業」でもいいと思います。 もしかしたら、副業でも本業くらいに稼げる案件があるかもですので。

というわけで、今回は以上です。

エンジニアの価値は無限に続く訳じゃないので、稼げるうちに動き、そして稼ぎ、そして貯蓄するのが良いと思います。 あまったお金は資産運用とかをして、「お金がお金を生み出す仕組み」を作っていくのが良いのでは、と思っています。

大手エージェント3選【フリーランスエンジニア向け】

  • Midworks:手数料を公開しています。あと、独立保証といったサービスもあり、全体的に良心的だと思います。
  • ギークスジョブ:定番のフリーランス向けエージェントです。案件数が業界最大級なので、とりあえず登録すべき。
  • コデアル:リモートワークの求人がメインです。スタートアップ系の案件が多く、全体としてイケてる感じです。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】