Written by Manabu Bannai

【安すぎオワタ】Web系フリーランスの単価【格安受注で消耗しない方法】

LIFE

Web制作に関する質問です。
クラウドソーシングで仕事を見ているのですが、どのくらいの値段で提案していいのかもよくわからず・・・大きめの物件は避けている状態です。何かアドバイスがアドバイスが有れば、ぜひ教えて下さい!(価格の相場とかポイントなど)

こんな質問が来ました。
たしかに迷いますよね。僕も日々迷います。

とはいえ、ある程度の単価は分かってきたのでまとめます。

もくじ

スポンサードサーチ


1.Web系フリーランスの単価の決め方【経験年数別に解説】


あくまで参考ですが、次のとおり。

  • 経験1年未満:1ページ:15,000円〜
  • 経験2年未満:1ページ:25,000円〜
  • 経験2年以上:1ページ:35,000円〜

上記値段に含まれるものは次のとおり。

  • ヒアリング費用(MTGなど)
  • デザイン費用(ラフデザイン作成+本場デザイン作成)
  • コーディング費用(レスポンシブコーディング)
  • テキストは先方支給(SEO最適化は別途費用)
  • 写真は先方支給 or 有料素材を実費精算

こんな感じ。

よくある質問:なぜ、ページ数で単価計算するの?

結論、分かりやすいからです。
コーディング時間を細分化して見積もり作成してもいいですが、それだと発注側はよくわかりません。なので、個人的には、程度はページ数で区切ったほうが明確だと思っています。

ページ数を減らしたら価格が下がるのか?

とはいえ、ページ数で見積もり作成すると、ページをくっつけたりして値下げしてくる方が多いです笑。その時は『ページ数で見積もりを作る理由は、双方にとって分かりやすいから』ということを話して、ページを合体させても単価を下げれない旨を伝えましょう。

次の項からは参考サイト付きで単価を深掘りします。

コーポレートサイト(5ページ)の場合


» 参考:株式会社サンプル

  • 経験1年未満:75,000円〜
  • 経験2年未満:125,000円〜
  • 経験2年以上:175,000円〜

ちょろっとページ数超えちゃっていますがイメージはこんな感じです。
トップページだけある程度作ってしまえば、あとはテキスト+写真で完了の感じ。

開発ではHTML or WordPressでのテンプレ利用。
ゼロベースから開発したら完全に赤字です。

美容院サイト(8ページ)の場合


» 参考:Organic&HairDesign canna

  • 経験1年未満:120,000円〜
  • 経験2年未満:200,000円〜
  • 経験2年以上:280,000万円〜

コーポレートサイトよりもちょっと大変かな程度のサイト。
トップページ作り込み+各ページのちょっとしたデザインという感じです。

開発ではHTML or WordPressでのテンプレ利用。
ゼロベースから開発したら完全に赤字です。

オンライン英会話サイト(15ページ)の場合


» 参考:オンライン英会話のブレント・イングリッシュ・オンライン

  • 経験1年未満 225,000円〜
  • 経験2年未満 375,000円〜
  • 経験2年以上 525,000円〜

トップページの作り込みと各種ページの作り込みが必要な場合。
とはいえ、これくらいの規模になると要相談な価格の場合が多い。


例えばサイト内でスカイプの使い方があるが、これは先方が作ってくれるのか、など。
大半の場合は全部お願いしたいと言われるので、そこは見積もりに追加します。

高度なサイト:新卒採用サイトの場合

先日、新卒採用サイトを作りたいという相談を受けたのですが、この場合は高度になります。

  • ヒアリングしつつ設計
  • デザインにこだわる場合が多いので、テンプレ利用不可
  • ペルソナの明確化やコピーライティング必須

ざっくりこんな感じ。しっかり数字をあげるには結構大変です。
作成イメージとしては下記かなと。


» サイトデザインを全画面でみる
» 参考サイト:Mixiの新卒採用サイト

概算見積の作成例:70万円〜

費用感は70万円〜といった感じです。
とはいえ、撮影も絡んでくるともっとかかると思います。

2.Web系フリーランスが単価割れする理由、それは『やること大杉』な為


価格表を再度まとめます。

  • 経験1年未満 1ページ:15,000円〜
  • 経験2年未満 1ページ:25,000円〜
  • 経験2年以上 1ページ:35,000円〜

とはいえ、現実をみるとこの数字で取れている人は少ないです。
1ページ1万円とかで取る人もみかけますが、それだと時給1,000円以下になります。

実際の業務を考えてみましょう

ざっと書き出してみます。

要件のヒアリング、テンプレの提案、ラフデザイン提出、ラフデザイン修正、本場デザイン提出、本場デザインFIX、コーディング開始、コーディング修正、サーバーUR&納品完了。

こんな感じ。
さらに細かくすることもできますが、要するに『やること大杉オワタ』ということです。

時給3,000円を確保したいなら、1ページ3万円は必須

というわけで、1ページの3万円は目指したいところです。1ページ3万円とかだと、わりと余裕をもって仕事ができるかなと思います。

安くしか受注できない、、、どうする?

冬眠しましょう。
ぶっちゃけ安請するなら、やらないほうがマシです・・・。僕もたまにミスって安く請けてしまいますが、そのたびに人生を消費して制作に消耗します。安い依頼しか来ないということは、価格競争に巻き込まれているので、付加価値をつけないとダメです。

※新人はとにかく作ること
1年目とかなら、格安で作りまくるのはありです。
僕もそうでしたが、15ページサイトで20万とかでもゴリゴリ請けていました。当時は消耗しましたが、スキルアップしたからいいかなと笑。

3.単価割れしないWeb系フリーランスは『付加価値』を持っている


僕も試行錯誤中ですが、個人的にうまくいっている方法は次のとおり。

  • SEOという付加価値をつける(単発じゃなく、継続案件にできる)
  • Web系ワーカーの少ない国に移住する(セブ島だと競争率が低かったです)
  • ブログで情報発信する(Web上での信頼を高める方法)

こんな感じ。
例えば、SEOで年契約もらえるなら、初期の開発費用を安くしますよといった提案ができます。とはいえ、SEOもオワコン化が始まっているので、別の付加価値を考え中。

国の移住は良いですよね。日系企業がちょくちょく進出している国が狙い目。
例えば、バンコク、チェンマイ、マニラ、セブ、クアラルンプール、インド、バリ島あたりでしょうか。カンボジアやラオス、ミャンマーとかだと単価が下がりすぎてキツイかも。個人的には、バンコク、チェンマイ、バリ島あたりを狙っています。

あとはブログ発信は必須。ライティング好きならイチオシですので、ぜひ。
» WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説