Written by Manabu Bannai

【経験談】夜型のフリーランスだと「将来的な売上停滞」に繋がる話

Freelance LIFE

早起きを検討している夜型のフリーランス「夜型のフリーランスってどうなんだろう…? 朝型の方がいいとは思うけども、、、どうしても早起きがシンドイ…。できる人は早起きとかっていうけど、、、自分はそんな立派に生きるつもりもないし、、、このまま夜型でいいかな…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 夜型のフリーランスは、マジでオススメしない話
  • 夜型フリーランスが「朝型人間」になるための方法とは

この記事を書いている僕は、もともとは夜型フリーランスでした。
酷いときは、起きるのが19時とかで、起きるたびに、なんとなく絶望していました。

とはいえ、現在は朝型になれたので、本記事は「夜型で、気づかずに消耗しているフリーランス向け」にアドバイスを書きました(`・ω・´)ゞ

スポンサードサーチ


夜型のフリーランスは、マジでオススメしない話


夜型フリーランスだと、将来的な売上の停滞に繋がります。

夜型人間=自己投資の時間が減る

夜型フリーランスの日常をみてみましょう。

夜型フリーランスの日常

  • 月曜日:14時起床。深夜までダラダラと作業をして、日付が変わって3時に就寝。
  • 火曜日:アポなので9時に起床。ちょっと睡眠不足で体がダルい。23時に就寝。
  • 水曜日:13時に起床。前日の疲れは取れたけど、体がダルい。まぁいつものこと。

続いては「朝型フリーランス」をみてみましょう。

朝型フリーランスの日常

  • 月曜日:9時起床。18時までに仕事を終わらせて読書して寝る。
  • 火曜日:9時起床。アポに出かける。帰宅後は18時まで仕事し、読書して寝る。
  • 水曜日:9時起床。仕事を進め、早めに仕事を終えたので長めの読書。

こんな感じです。
朝型フリーランスは、自己投資として「読書」できていますよね。

こんなことを書くと、「夜型でも読書はできる」と言われそうだけど、習慣化が難しいです。夜型フリーランスだと、急なアポとかで、どうしても生活リズムが崩れるので、、、結果として、自己投資の時間を習慣化しづらいです。

夜型人間=どうしても生活リズムが崩れる

アポのないフリーランスならいいですが、そういった人って少ないですよね。

あと、仕事のアポじゃなく、例えば「友達とのランチ」とかでも、夜型になりすぎると、ランチの時間に起きれないですからね。

そして、無理に起床すると生活リズムが崩れ、せっかくの外出とかでも体調が優れなかったりと、不健康になりやすく、、、不健康をカバーするために睡眠時間が長くなり、、、自己投資の時間が減っていきます。

夜型フリーランス=たぶん生産性も下がる

夜型になると、仕事の終了時間が適当になります。

昼夜逆転していた過去の僕は、夜の23時とかでも、当たり前のように仕事をしていました。 でも、これってある意味では「だらだらと仕事をしているサラリーマン」とかと同じだと思います。

時間で締め切りを作れば生産性や集中力が高まるのに、それをやらないからダラダラと仕事をしており、結果として夜型になっているだけです。

一方で、朝型ならそんなことはないです。 翌日に起きないといけないので、必然的に「夜の締め切り時間」が明確になり、結果として生産性も高まると思います。

夜型フリーランスは、あまりメリットがない

こうやって考えると、夜型にあまりメリットはないです。
強いていうなら、「2度寝が気持ちいい」くらいじゃないですかね。

序文でも書きましたが、僕が完全に夜型でした。
酷いときは19時起床ですよ。起きた瞬間に、なんかやる気が消えます。

そして仕事をしつつ、「深夜はメールが来ないから、集中できるぜ、最高!」とかって自己肯定をしていましたが、15時のアポでも寝坊を気にするという状況だったので、、、わりと生きづらかったです。

そして、アポがあるたびに寝不足になり、体調を崩し、結果として生産性は下がりまくりでしたね。

朝型フリーランスで、人生が変わった

しかし、朝型フリーランスになることで、繰り返しですが「自己投資」の時間が増えました。具体的には、読書とブログです。 そして、ブログからは収益が生まれるようになったので、いいことだらけです。

夜型として自分を甘やかしていたら、自己投資の時間が減り、将来的な売上の低下につながっていたことは、間違いないです。

夜型フリーランスが「朝型人間」になるための方法とは


めっちゃ夜型人間だった僕ですが、最近は毎日9時起きです。
そして、事実として売上にも良い影響を与えたので、経験からアドバイスを書きます。

朝型フリーランスになるためのコツ

  • その①:早起きしすぎない
  • その②:朝にタスクを入れる
  • その③:運動する(ランニング)

順番にみていきます。

その①:早起きしすぎない

朝型にしようと思ったら、いきなり高すぎる目標を設定しちゃダメです。

NGな目標設定と、その末路

6時起きの目標を立てる→なんとか起きる→夕方に寝落ち→夜に寝れなくなる→翌日に寝坊する→やはり自分に早起きは無理だと確信して、夜型に戻る。

僕の起床時間は「9時」です。

普通の会社員からしたら「は?」って感じかもですが、充分に早起きです。この記事の想定読者は「午前中に起きることができない、過去の自分」に向けているので、別に9時でいいと思いますよ。

その②:朝にタスクを入れる

僕の場合だと、「朝にブログを書く」という目標を決めました。

この記事を書いている2018年10月現在だと、500日くらいの毎日更新をしておりまして、ブログ収益は月200万円くらい。

「毎日、絶対にブログを書く」と心に誓い、ブログを書き終えない限り、他の仕事に手をつけないようにしました。そしたら、徐々に起きれるようになってきました。

早起きもブログも習慣なので、3ヶ月位で体に覚え込ませると良いです(`・ω・´)ゞ
» 参考:WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説

その③:運動する(ランニング)

かるくランニングとかを始めるといいですよ。

もしくは筋トレでもOKですが、筋トレだとメニューを考えたりで少し大変なので、最初はランニングでいいかなと思います。 シューズをポチって、やる気を出しましょう。

1年くらい愛用しているランニングシューズ

わりと有名なランニングシューズですが、履き心地が素晴らしいです。

毎日30分くらいランニングしつつ、心地よい汗をかきつつ、新しいアイデアを考えたり仕事について考えるのは、素晴らしいと思います。

オマケ:売上目標を高める

売上目標を高くすることも大切です。
夜型人間だった僕は、毎月20〜30万円の売上で満足していました。

しかし、ここ最近は月商500万円を目指しており、ここを達成するには夜型じゃあ、たぶん無理です。朝に起きて、生産性を高めていかなくてはいけません。

なお、500万は高すぎかもですが、例えば現在「月収30万」くらいなら、とりあえずは「月収80万」とかを目指すといいかなと思います。すると、もっと頑張ろう、そして、朝も起きよう、という気持ちになりますので。

というわけで今回は以上です。
朝型フリーランスになって、世の中に価値創造していきましょう(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】