Written by Manabu Bannai

Web系フリーランスが「運用保守」の契約を受注する方法【売上が爆増】

Freelance LIFE

こんにちは、マナブです。
Web系フリーランスとして、年間1,800万くらい稼ぎました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

Web系のフリーランスにお伝えしたいですが、ドメイン取得とサーバー契約は、完全代行しつつ、保守契約にした方がいいですよ。
そうしたら毎月お金が取れるし、サーバーエラーも起きづらい。大半の発注者はWebの初心者なので、代金の支払い忘れとかでサーバーが止まります。僕の経験から思うことです

上記のツイートを深掘りしつつ、「フリーランスが安定的に稼ぐ方法」について解説していきます。

スポンサードサーチ


Web系フリーランスが「運用保守」の契約を受注する方法


繰り返しですが「サーバー&ドメイン管理」で受注しましょう。

費用目安:月額5,000円くらい

ここは値付け次第ですが、まぁ5,000円くらいが相場かもです。

クライアントが大手なら多めにとってもいいと思いますが、ぶっちゃけ「サーバー&ドメイン管理」ってやることないですからね…。

やることがゼロで月額の固定費用がとれるなら、まぁ美味しい訳です。

やることがゼロでも、お金を取ってOKです

「やることがないのにお金を取るなんて、、、申し訳ない…。」と思う方が多いかもです。
しかし、そんなことはなくて、そこに価値があります。

  • あなたにとってのサーバー管理 → やることがない。とりあえずクレカ登録して、ちゃんとお金を払っておけばOK
  • お客さんにとってのサーバー管理 → サーバーとか意味不明すぎるので、なにも考えたくない。支払いメールとかもすぐに見逃す

まぁこんな感じな訳でして、、例えばサーバー契約をすると「新しい機能が追加されました」とか「◯日からメンテナンスがあります」みたいなメールが届きますよね。

お客さんにとっては、そういったメールは「悪魔のようなもの」なので、そこを代わりにチェックしてあげるだけでも、価値ありです。

運用保守を、値上げする方法

値上げの解説の前に、「値付けの本質」を説明すると、それは「納得感」です。

つまり、相手が納得すればいくらでも値上げできる訳ですね。
そして、運用保守を値上げするなら、下記の感じです。

上記の感じです。このまま使ってもいいですが、自分なりにカスタマイズするのもありです。

ツイートにも書いたとおりですが、15,000円で10社くらいとれたら、それで15万円ですからね。

さらに良いことに、運用保守をとれたら、別の新規依頼も獲得しやすい、という状況になります。

なぜなら、あなたがサーバー情報を握っているので、クライアントは別の会社を探すのが面倒になるためです。控えめにいって、ウマウマですね。

積み上げ式で、稼いでいこう

Web系フリーランスのあるあるな悩みは「売上が安定しないこと」です。なぜなら、すべて売り切りで仕事をするからですね。

しかし、塵も積もれば山となるです。運用保守で、少なくとも1社から8,000円とかを受注できれば、どんどん売上が積み上がるわけなので。

こういった働き方をしないと、いつまで経っても、心の安定は獲得できず、です。

フリーランスが運用保守を受注して、売上を爆増させる方法


月額でコンサル契約を受注することです。

僕が使った手法:SEOコンサルの受注

もはや僕の場合は「Web制作で儲けた」というより「SEOコンサルがメインで、制作はそのためのツール」という位置づけでした。

SEOコンサルが売れる理由は次のとおりです。

  • SEOコンサル→売上が上がる→経営者が興味を持つ
  • Web制作→制作費で売上が下がる→経営者が嫌がる

こんな感じですね。
要するに、自分の商品は「将来の投資になりますよ」という位置づけにするわけです。そうしたら、めっちゃ売りやすくなります。

SEMコンサルでも、良いと思う

SEMコンサルといっても幅広いですが、ここでは「リスティング代行」とします。
概要を下記に3行で解説します。

  • リスティング代行は、月額費用で受注可能
  • 料金相場は、広告費用 × 20%くらい
  • 1社から受注したら、わりと食べれる

こんな感じ。結構美味しい仕事なのですが、フリーランス系だとやっている人はあまりいないですね。

僕は結構受注していたので、月額の売上を積み上げ式にしていました。

サーバーの運用保守とかでも積み上げ式にできるのですが、、、どうしても単価が下がるので、マーケティング系で受注できると、強いですね。

すべてを自分で、やらなくていい

ここまで話すと「あぁ、、、プログラミングだけじゃなく、マーケティングも勉強しないとなのか…」と思うかもですが、そんなことはないです。

世の中には「マーケティングは得意だけど、Web制作は苦手」という人がいるので、そういった方と組む感じです。

まずは「マーケティング会社で営業する人」とかに会ってみるといいかなと思います。そこからビジネスモデルを学べますので。

モデルを学んだら、それをカスタマイズしつつ自分の商品プランを作り、売るだけです。

フリーランス=会社と同じです

というわけで、まとめですが、フリーランスが売上を伸ばし、かつ安定させるには、シンプルに「会社のマネをする」という感じでOKです。

Web系フリーランスなら、Web系で稼いでいる会社のビジネスモデルを真似したら、そのまま売上を伸ばせますので。

会社経営する人は、月収20万円を支払ってでも、社員を雇いたいと考えています。なぜなら、その金額をペイできる「ビジネスモデル」を持っているからですね。

そしてフリーランスも同じなので、売上を安定させたいなら、それ相応の「仕組みづくり」に注力しないとでして、簡単な方法は「企業を真似すること」です。

というわけで、以上となります。幸せな、フリーランスライフをお送りください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】