Written by Manabu Bannai

【不可能】フリーランスとして「地雷案件」を避ける方法【損切りしろ】

Freelance LIFE

地雷案件を恐れているフリーランス「フリーランスとして地雷案件の避け方を知りたい。 これからフリーランスとして、しっかり稼いでいきたいので、事前に情報収集して、地雷を避けつつ効率的に稼ぎたいです。地雷経験者の声を聞かせてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • フリーランスとして地雷案件を避ける方法
  • フリーランスが地雷案件をハンドリングする方法

この記事を書いている僕は、フリーランス歴3年ほど。

過去には、数多くの地雷案件を経験してきました。
そして、当時は萎えていたけど、現在は鉄の心を手に入れた気がします。

本記事は、これから「ビジネスという戦場」に旅立つフリーランスに捧げます。

スポンサードサーチ


フリーランスとして地雷案件を避ける方法


そんなことは無理なので、諦めて体力をつけましょう(`・ω・´)ゞ

地雷を避けることは、基本的に不可能

経験から思うことですが、どうしても地雷案件はでてきます。

近くに稼いでいるフリーランスの友達とかがいたら、過去の失敗談を聞いてみてください。たぶん、稼いでいる人ほど、過去の失敗経験も多いと思いますよ。

地雷の爆発は、確率論です

地雷案件は経験年数に応じて減っていきます。

経験年数別の地雷遭遇率

  • 1年目:40%
  • 2年目:20%
  • 3年目:5%

上記の感じです。 なお、ベテランフリーランスで地雷に遭遇した回数が少ない人は、たぶん「挑戦回数(=過去に受注した案件数)」が少ないのでは、と思います。

地雷を踏んだら、起き上がるだけ

繰り返しですが、地雷を踏んでも大丈夫な「体力」をつけるだけです。

イメージとしては、経験の少ないフリーランスは「裸で戦場にいる」みたいな感じです。 なので、火の粉とかが飛んできたら「アツっ」ってなりますが、徐々に強化されます。

経験値に応じて強化されていきまして、例えばベテランのフリーランスとかだと、鋼の鎧を着ていたりします。なので、火の粉なんて「無感覚」ですね。

こういった背景から、稼いでいるフリーランスは「心が安定している」という場合が多く、たまに地雷を踏み、その都度のレベルアップを繰り返すことで徐々に体力が付き、小さいダメージには反応しなくなる感じです。

なお、ちょっと余談ですが、大企業の経営者とかだと、悩みがなさそうに見えたりしますが、よくよく聞くと「裁判中」とかだったりもするので、、、やはりレベルアップは大切ですよ。裁判でも動じない心は、素晴らしいですね。

地雷は避けられないので、対処方法を学ぼう

繰り返しです。
地雷なんて確率論です。

どうしても地雷を避けたいなら、挑戦回数を減らしたらOKです。 しかし、挑戦回数を減らすということは、つまり「地雷への衝突を先送りにしているだけ」なので、成長速度や売上増加は遅くなります。

初心者のうちは、同時に2つくらいの地雷を踏んでる感じで、いいかなと思いますよ。

フリーランスが地雷案件をハンドリングする方法


次の3つです。

  • その①:損切りする
  • その②:着手金を貰う
  • その③:経験者に相談する

その①:損切りする

地雷案件って、もはや単価が崩壊していると思うので、続ければ続けるほどに「あなたが損をする」という状況です。

投資用語だと「サンクコスト」って呼んだりしますが、要するに「つまらない映画を見続けますか?」ということです。

サンクコストは、低くすべきです

  • サンクコストが高い例:映画館に入る→映画がつまらないと気付く→しかし、お金を払ってしまったので最後まで見る
  • サンクコストが低い例:映画館に入る→映画がつまらないと気付く→映画館を出て、他のことに時間を使う

上記の感じでして、フリーランスに置き換えて考えてみます。

フリーランスも、サンクコストを低くすべきです

  • サンクコストが高い例:案件を受注する→地雷だと気がつく→すでに作業してしまったので続ける→代金を回収するために消耗しつつ働く
  • サンクコストが低い例:案件を受注する→地雷だと気がつく→案件を断る→気持ちを入れかえて、稼げる案件に集中する

どうでしょう。

地雷案件を途中で断ると、大半の場合はお金が回収できません。 しかし、もはや単価が崩壊していますし、心の消耗とかを考えるなら、早めに切ったほうがいいと思いますよ。

なお、僕の経験としては「100万で受注した案件を、途中で切る」という経験をしており、回収できたのは50万円ほどでした。 しかし、すでに外注費として50万以上がかかっていたので、結局は赤字でした。
※地雷案件だったので、納期が延び続け、結果として外注費も膨れました。

その②:着手金を貰う

できれば、受注金額の「50%」くらいは着手金として貰うべきです。

そして、着手金を嫌がる発注者は、その時点で「地雷率が高い」とも言えるので、ここでもある種の線引きになりますね。

あと、先ほど損切りの話をしましたが、着手金があれば損切りをしても、50%くらいは回収できる訳なので、着手金は重要ですね。

その③:経験者に相談する

近くにベテランのフリーランスがいるなら、相談してみましょう。

もしくは、毎回聞いてても相手の時間を奪ってしまうので、そういった場合は「◯◯さんなら、この時にどういった判断をするだろう」と考えるのもありだと思います。

ちなみに、ダメな選択肢としては「決めない」ということでして、要するに「黙って相手の言うとおりにすること」です。 問題を先送りにしても何も解決しませんし、疲労が貯まるのは自分自身ですよ。

ビジネスは戦場です

下記の僕のツイートをご査収ください。

悲しい話ですが、ビジネスで「全員が幸せになる」ってことは、わりと少ない気がしています。 フェアな取引にみえても、完全にフェアなんて状況は起こりえない訳なので、どちらかが小さく譲歩していたりしますね。

そして、地雷案件で消耗しがちな人は、基本的に「良い人」である確率が高く、それは素晴らしいとは思いますが、頑張りすぎると心が消耗しますので。

たまには自己犠牲の精神も大切ですが、そもそも「自己犠牲するだけの、価値ある仕事なのか」という見極めも大切じゃないですかね、と思いました。

というわけで今回は以上です。

フリーランスという生き方を選んだのに、消耗し続けるのは悲しいです。 無理せず、楽しく、ときには損切りをしつつ生きていきましょう(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】