Written by Manabu Bannai

フリーランスとして大切なことは「5つ」くらいある【拝金主義です】

Freelance LIFE

こんにちは、マナブです。

フリーランスとして生きており、現在は3年目です。
日々、努力しまして、売上は月200〜300万くらいになりました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

フリーランス歴3年くらいの僕ですが、売上を伸ばす際に大切だと思うことがいくつかあります。

・よく寝て、食べる
・規則正しく生活する
・得意分野で戦う
・作業を習慣化する
・ライバルを決める

基本的なことだけど、あまり出来てる人がいません。これらを半年くらい続けると、成果を伸ばしやすい

上記のツイートを深掘りします。
とてもシンプルだけど、マジで重要です。

過去の僕は、月の売上が12万円くらいで停滞していたのですが、今回の記事は「売上が低迷していた過去の自分」に向けて書いていきます。
※似た状況の方にとっては、参考になると思います。

スポンサードサーチ


フリーランスとして大切なことは「5つくらい」ある


繰り返しですが、次のとおり。

  • その①:よく寝て、食べる
  • その②:規則正しく生活する
  • その③:得意分野で戦う
  • その④:作業を習慣化する
  • その⑤:ライバルを決める

それぞれにちょっとしたコツがあるので、実体験を元に書いていきます。

その①:よく寝て、食べる

健康のためです。

過去の僕は、睡眠時間は長かったり短かったりとバラバラで、食事はジャンクフードばかりでした。 すると、毎月のように風邪で寝込んでおり、、、そのたびに「自分は体が弱いし、仕方ないな」と思っていたのですが、完全にアホでした。

体が弱いならやるべきことは「ちゃんと寝て、ちゃんと食べること」ですよね。基本的すぎるのに、なんでやってなかったのかが謎すぎる。

あと、仮に「忙しくて寝る時間が足りない」とかなら、そういった働き方に未来はないので、どこかで考え直すといいかなと思います。短期集中で作業しまくるのもいいけど、3ヶ月〜半年が限界かなと思います。それ以上だと体を壊します。

その②:規則正しく生活する

生産性を高めるためです。

僕の場合は、毎日をルーティン化しており「起きる→朝ごはん→ニュースを読む→ブログ書く→ランチ→筋トレ→仕事→読書→夕飯→リラックス&読書&お酒→寝る」みたいな感じです。

ルーティン化のメリットは「心の迷いがなくなること」ですね(`・ω・´)ゞ

あと、生活リズムがグダグダだったりすると「将来の投資になる活動」が続けづらいと思いまして、例えば毎日寝坊していたら「ブログ(=将来の投資になる活動)」は続かないですよね。規則正しい生活はマジで重要ですよ。

その③:得意分野で戦う

自分のタイプを見極めるべきです。

あなたはどちらのタイプですか?

  • プレーヤータイプ
  • マネージャータイプ

プレーヤータイプなら、個人でゴリゴリとプログラミングしたり、ブログを書いたり、デザインしたり、ライティングしたり、、、という感じでいいと思います。

マネージャータイプなら、フリーランスとしての横の繋がりを活かしつつ、イメージとしては「団体競技」みたいな感じで戦えばOKです。

なお、僕は「完全にプレーヤータイプ」でして、マネジメントとかチームプレイが苦手です。なので、組織として働くことは辞めました(`・ω・´)ゞ

余談:やってみないと分からない。

自分がプレーヤータイプなのか、マネージャータイプなのか分からない人も多いと思います。結論として「まずは両方経験すべき」と思ってまして、経験しつつ「自問自答」してみましょう。それで答えがでるかなと思います。

その④:作業を習慣化する

成果を出すには習慣化が必須です。

Twitterとかでフリーランスを見ていると気づきますが、トッププレイヤーは作業量が半端ないです。なんであんなに作業できるかというと、下記2つの理由があると思います。

トッププレイヤーが膨大に作業できる理由

  • その対象が好きである
  • 作業を習慣化している

ブログで例えると、生まれつきでブログが好き、みたいな人って存在しません。

僕はブログ収益で生活をしていますが、ブログが好きになった流れは「なんとなく書こうと思う→アクセスが伸びる→ちょっと稼げる→楽しい→さらに続ける→もっと稼げる→超楽しい」という循環です。

そして、毎朝絶対にブログを書く、という決意をしまして、死ぬ気で継続しつつ、作業を習慣化しました。

習慣化では、最初の3ヶ月が一番シンドイですが、、、徐々に慣れます。そして、習慣化できると、淡々とレベルアップを重ねることができます。
» 参考:ブログを習慣化する方法【驚くほどに効果的です】

その⑤:ライバルを決める

ライバルがいると、モチベーションが高まります。
ライバルは「身近な友達」でもいいですし、もしくは「SNSで探す」とかでもいいと思います。

僕はTwitterで自分のライバルを探しており、探すコツは「自分よりすこし先にいるフリーランス」という感じです。

例えば、自分がエンジニアで売上が月30万とかなら、ライバルは「月収80万クラスのフリーランスエンジニア」とかでいいかなと思います。 そういったアカウントを探し、ライバルを分析しつつ、勝利を目指します。

ちなみに、ライバルのツイート頻度とか、ツイートの時間とかを見ていると、その人の作業時間とかも予想できるので、ちょっとストーカーみたいでキモいですが、、、わりと価値あるので、お知らせしておきます。

フリーランスとして最も大切なことは、金稼ぎに尽きる


いろいろと書いてきましたが、最重要は「金稼ぎ」ですね。

お金がないと、幸せになれない話

ぶっちゃけ、売上が停滞していた頃の自分は、幸福度が低かったです。

当時は自己対話しつつ「自分はきっと幸せなはず…」と自己洗脳してたけど、ぶっちゃけどうなんだろう・・・と思っています。

お金がないと不便が多いですし、別に豪遊したいとかじゃなくて、基本的に「休みなしで働いて、月収30万円以下」とかって、まじでシンドイです。

Giveも大切だけど、確実にTakeしないとダメ

フリーランスには「Give精神」を持っている人が多く、気が利く人も多いです。
Giveの精神は素晴らしいですが、ぶっちゃけ「Giveする相手を選ぶこと」もかなり重要です。

よくある話として「Giveしたら自分に返ってくる」みたいな言葉がありますが、これって宗教にすがるのと似ている感じあり、、、Giveしつつも、ちゃんと現実を見つめることも大切ですよ。

Giveされても「戦略的にGiveを返さない」という人も存在する訳なので。あと、友達からの依頼だったとしても「しっかりお金を請求する」といったクセを付けたほうがよくて、なぁなぁでやると「友情の亀裂」に繋がったりして、悲しいです。

良く生きて、稼ぎ、社会に貢献しよう

まずは「良く生きる」というスタンスが大切です。

良く生きるとは、要するに「仲間から支持される生き方」みたいな感じです。

身近な友人から支持されて、仲間が増えやすい生き方をしたら、そこからメリットを受け取れますので。 ※サイコパスな意見ですが、仲間が増えることはビジネスをする上で確実にプラスに働きます。

動いたら、時給換算すること

仲間を増やしつつも、同時に「金を稼がないとダメ」です。

例えば、アポとか時間を使ったら「自分は◯時間を投下したから、本来は△円を貰わないと損している」という事実を直視すべきかなと思います。 こういったマインドを持っていると、確実に稼ぎやすいと思います。

そして、ある程度の収入が増えてきたら、同時に社会貢献をして、例えば「ブログで有益な情報を発信する」とか「SNSで情報発信する」とかですね。 こういった行動からポジティブループが増幅されたらいいかなと思っています。

拝金主義でいいと思う

「社会に対して無料で情報を発信する」とか「SNSで有益な情報を発信する」とかって、根本的に「ある程度は稼げている」という状態じゃないと継続が難しい訳です。

当たり前ですが、明日の生活費に困っていたら、ブログなんて書きません。

なので、社会貢献するためにも「しっかりとお金を稼ぐ」ということは、まじで大切だなと思っています。お金を重要視する、拝金主義でいいと思います。

最後に:悩みは時間と共に解決するけど、友達にも相談しよう

フリーランスって、わりと心に負担がかかりやすい働き方かな、、、と思っていまして、シンドイなら友達に相談すべきです。 身近にそういった友達がいないなら、コミュニティとかに入ったほうがいいと思います。

話すことで心が軽くなったりしますし、大半の問題は「時間と共に解決する」と思いますが、とはいえ、1人だと「時間が過ぎるのを待つのもシンドイ」という状況もありえる訳なので、そういった場合は休みつつ、人と話すのがいいですね。

というわけで今回はこれくらいにしようと思います。

フリーランスとして生きる上で大切なことを書いてみました。 フリーランスはたまに疲れたりしますが、人生を楽しむ上では良い働き方だと思いますので、引き続き僕はフリーランスを続けようと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】