Written by Manabu Bannai

【発表】無料の商品開発コンサルを始めます【個人特化のベンチャー投資】

Investor LIFE

こんにちは、マナブです。

個人で商品を作り、収入を得つつ、生きています。
2019年の利益1億ほど、2020年は2億の見込みです。

さて、先日に下記のツイートをしました。

よし、実験として「無料の商品開発コンサル」を始めます😌
詳しくはブログにまとめますが、概要は「僕が無料でコンサル→強みなどを明確化する→仕組み化できる商品を作る→僕も販売支援をする」という内容。報酬は「利益の10%」にてお願いします。個人に特化した、ベンチャー投資ですかね

上記を深堀りします。
新しいカタチの、ベンチャー投資です。

無料の「商品開発コンサル」を始めます


結論は、次のとおり。

  • 手順①:僕が「無料」でコンサル
  • 手順②:強みなどを、明確化する
  • 手順③:仕組み化できる商品開発
  • 手順④:僕も「販売支援」をする
  • 手順⑤:利益の10%が、僕の収入

上記のとおりで、わりと価値あると思います。
順番に解説しつつ、最後に「応募条件&方法」をまとめます。

手順①:僕が「無料」でコンサル

まずは「無料コンサル」をします。
この時点で、かなり有益だと思っています。

というのも、僕は月間で2,000万くらいは稼いでいるので、時給換算すると「15万円」くらいです。なので、通常のコンサルなら「1時間で15万円」という値付けになるはず。

しかしここを無料にして、最終的に「売れたら、僕にもフィーをください」という条件になります。 成果報酬型の、コンサルですね。

とはいえ、条件もある

言うまでもなくですが、応募者全員のコンサルは難しいです。

というのも、僕の時間も限られていますし、成功率の低いプロジェクトだと、僕の報酬も減ります。

なので、イメージは「月100万は目指せそうだな」と感じたら、個別コンサルしようと思っています。

手順②:強みなどを、明確化する

商品開発では、独自の強みが必須です。
言うまでもなくですが、どこにでもある商品を作っても、たぶん売れませんよね。

じゃあ、売れている商品はなにか?
それは「オリジナルで、そこでしか買えない商品」だったりします。

あなたの強みは、発信から生まれる

今回の企画では「フォロワー数」をかなり重視します。数が多いから良いとかじゃなく、基本的には「SNSで1,000名以上のフォロワーがいる」という方を条件にしようと思います。

フォロワーが伸ばせるということは、ある意味で「独自の価値提供」ができている証拠でもあります。とはいえフォロワー1,000名なら、しっかり取り組めば、誰でも達成できるハードルだと思います。

手順③:仕組み化できる商品開発

ここも重要ですね。
いままでに、多くの失敗をみてきました。

  • 商品を作ったけど、、、自分の手間が多すぎる
  • サロンを始めたけど、、手間の割に全く稼げない

よくある悩みが、上記のとおり。
多くの人は「価値提供=自分の時間を割く」という思考になっていたりします。

たしかにそれも正しいですが、自分の時間を切り売りしていたら、結局は「会社で働くのと、同じでは」と思ったりします。

ちょっと会社員の批判みたいで、スイマセン。
ただ、わかりやすさの為に、採用しています。

要するに「時間の切り売りだと、最終的に”暇な人生”は出来上がらない」ということです。 ここを、僕がコンサルします。

手順④:僕も「販売支援」をする

この部分に関しては、ある意味で「ベンチャー投資」に近いです。

ベンチャー投資では、投資家の方々が「資金提供の代わりに、株を貰う」という契約です。 そしてベンチャー企業が上場したら、投資家は巨大なリターンを得る訳ですね。

そして投資家は、言うまでもなくベンチャー企業を応援します。人の紹介とか、知識共有です。

ベンチャー投資の、マイクロ版

僕が考えているのは、ベンチャー投資の「マイクロ版」です。

個人に対して「知識」の投資をして、そのリターンとして「利益の10%を貰う」という感じ。

その際に、僕も商品販売の応援をします。
総フォロワーで70万人なので、ある程度のリーチ力はあります。

なお、こういった思考に行き着いた理由は、現代において「上場って、目指すものなの?」と考えているからです。

ここを話すと長いので省略しますが、これからは「上場を目指す」といった価値観は、徐々に減ると思うんですよね。

そうじゃなく、非上場で、大きな責任も持たず、個人で月100万くらいを稼げていたら、それで幸せじゃないですかね。僕は、そう思いました。

手順⑤:利益の10%が、僕の収入

ここが僕の取り分です。商品が売れ続ける限り、10%を頂く契約です。
とはいえ、これ以外の縛りは、いっさいありません。例えば、下記です。

  • 新商品は、いくらでも作ってOK。僕の取り分は不要です。
  • コンテンツや商品の所有権が、すべてあなたに属します。
  • 僕が渡すのは”知識”のみ。僕が受け取るのは”利益”のみ。

こんな感じ。面倒な条件は、なにもありません。
条件を細かくすると、お互いに面倒ですからね。

なお、こんな感じで僕が進めると、もしかしたら「それだと、裏切られるかもよ」と言われるかもです。

この「裏切りリスク」に関しては、許容しています。起こってしまったら、諦めます。

結局のところ、お互いに良い関係を保てなかったら、ビジネスは続きません。
ビジネスは信頼関係がすべてだと思っているので、この方針です。

商品開発コンサルへの、応募条件&応募方法


結論は、次のとおり。

  • 応募条件:フォロワー数が1,000名以上
  • 応募方法:専用フォームからお問い合わせ

以上です。とてもシンプルですね。

応募フォームは、細かいです

スイマセン。応募フォームに関しては、かなり細かい記入が必須です。
というのも、ここで「合否判断」をするので、本気の記入をお願いします。

記入の注意点

例えばですが、こういった質問があります。

  • あなたの実績を教えてください
  • あなたの強みを教えてください
  • 作りたい商品を教えてください

こういった記入欄は、すべて「長文での記入可能」となります。できるだけ細かく、かつ読みやすく記入をお願いします。

なお、記入のわかりやすさとかも、合否判断に繋がります。文章がわかりやすい人は、商品開発でも売れやすいと思っています。

注意点:実名を出せる方向けです

1つだけ注意点として、商品販売では「基本的に、実名販売」をお願いします。

ここは必須じゃないですが、これからビジネスをしていくなら、基本的には「実名の方が良い」と思っています。もちろん僕のように「マナブ」みたいな表記でもOKですが、プロフィールページなどには、本名記載を必須とさせてください。

ネットからの個人販売とかって、まだまだ抵抗感を持っている方が多いです。こういった状況で匿名販売だと、よけいに怪しさが増えると思い、ここはご了承ください。

まぁ、たぶん問題ないですよね。

僕は、投資家を目指していく

というわけで、お知らせしたいことは、書き終えました。
最後に、こちらをご覧ください。

上記のとおりで、最近は「思考法」を変えています。

ぶっちゃけ、仮に僕が商品を作ったら、すぐに月100万くらいは稼げる自信があります。 しかし、それを繰り返しても、結局は「5つの商品=月500万」くらいで止まると思うんですよね。

これが、個人の力の限界です。

しかし、世の中には才能に溢れた人が多いです。 そういった人を応援することで、たぶん「100個の商品=月1億」くらいは目指せると思っています。

100人のコンサルは大変ですが、徐々に働き方をシフトしたいと思っています。
そして稼げるようになって、かつ自由になったら、タイに遊びにきてください笑。暇してます。

応募フォームは、こちらです

応募は、下記よりどうぞ。

» 無料コンサルに応募する
※応募が多い場合は、途中停止します。

僕としては、新しい試みです。うまくいくか、失敗するか、謎です。
しかし失敗するにしても、本気でコミットします。

なぜなら、言うまでもないですよね。
僕の報酬は「利益の10%」になるので、言うまでもなく「頑張るインセンティブ」が働きます。

通常のコンサルは、売上に関係なくフィーをもらいます。 しかし僕は、成果報酬の方がモチベアップしますので、応募者の方と一緒に「リスクを取る」という覚悟でやります。

というわけで、意識高い文章を書いたのですが、根は適当な人間です。
楽しく生きる、ゆるく生きる、自由に生きるが大切だと思っているので、一緒に頑張りましょう😌

P.S:普段の僕は「Twitter」を軸に発信しています。また最近は「Webマーケ教材」の作成に注力しており、ネットで稼ぐスキルを学べます。ブログの更新通知は「メルマガ」から送っています。スパムは送りません。更新通知だけ送ります。