Written by Manabu Bannai

【経験談】失敗から立ち直る方法【猛省し、その後に、猛烈に稼ぐ】

LIFE

こんにちは、マナブです。
先日に、下記のツイートをしました。

今から4年前の僕は、ちょうど起業失敗し、絶望している時代でした。月収でいうと、月5万まで落ちた。
失敗と連動して、ほぼ全ての人間関係も消えました。ビジネスに100%コミットしていたので、失敗すると何も残らない状況。そこから4年が経ち、総フォロワー数70万人を超え、資産は2億を超えた。復活です

会社の売上が、月300万円を超えたときです。
組織内で亀裂が入り、そして崩壊となりました。

当時の僕は「やっと少し休めるかも…」と思っていました。
しかしそれは幻想で、一気にどん底に落ちました。

そこから徐々に、復活した際の話です。

失敗から立ち直る方法


結論は「猛省し、その後に、猛烈に稼ぐ」です。

失敗後は、猛烈に反省した

まず、僕が起業に失敗した理由は、結論として「自分の弱さ」だと思っています。
例を出したらキリがないですが、例えば下記のとおり。

  • 面倒な仕事は、自分でやる(部下に投げない)
  • 儲からない仕事でも、本気を出す(利益減少)
  • 人を雇ってから配置を考える(人員配置ミス)
  • 会社における、最大目標を明確化していない
  • やる気のないメンバーでも、解雇しなかった

こんな感じです。

これの1つ1つを解説しても、かなりの情報量になると思います。
しかし今回は、ここを深堀りはしません。

反省後に、意識を変えた

ここが、ぶっちゃけ最重要かもです。

  • 昔の僕「お金は要らない。最低限あればいい」
  • 今の僕「お金は大切。最大限に稼ぐべきである」

一見すると、昔の僕は「綺麗な心」を持っているように思えるかもです。
しかし、こういったマインドだと、ぶっちゃけ「失敗する」と思います。

ビジネス世界を見てきて思いますが、やはり甘くないです。
知識が少ないと、搾取されます。僕もずっと、搾取されてきました。

しかし徐々に学習し、経験を積み、いまは搾取されません。
仮に僕が「若い人を騙して稼ぐ」といった行動をしたら、速攻で稼げる自信があります。

もちろんやりませんが、ビジネス世界には、こういった「悪い人」も存在しています。

その後に、猛烈に稼いだ

ちょっと「悪い人の言葉」に聞こえるかもですが、結論は下記のとおり。

「常に”自分が圧倒的に勝てる状況”を作ること。」

これですね。

例を出すと、昔の僕は「企業向けのコンサル」をする場合とかで、次のような思考をしていました。

「本気でコンサルをするけど、成果が出なかったら、相手の会社が損をしてしまう。なので、成果が出たら、そこから費用を少し頂こう。」

こういった発想です。
しかし、これだとぶっちゃけ、色々と損をします。

まず第一に、コンサルをしても、すべての企業で成果が出るとも限らないです。
というのも、僕が本気になっても、相手の会社が本気を出さない場合もあるから。

相手の会社が「ちょっと忙しいので、、、作業が遅れます」といった感じだと、ぶっちゃけ無理ゲーなんですよね。

こういった経験も多いので、いまは必ず「着手金」などを貰うようにしています。
受注した時点でお金を貰い、かつ「成果が出なくても、お金は貰う」という感じ。

昔の僕は、こういった行動ができなかったです。いまは余裕です。

失敗すると、成長する

最後に下記をご覧くださいませ。

上記のとおり。
ここは繰り返し伝えたいことですが、失敗することで、人間は成長します。

成果がグイグイ伸びてるときって、ぶっちゃけ「成長はゼロ」です。
なので、みなさんはどうですか? ここ最近で、シンドイことはありましたか?

僕の例を出すと、最近は「有料コミュニティ」を始めたのですが、新しい試みだったので、かなり緊張しました。

もっというと、なんか頭痛が取れない時期も多かったです(※頭痛薬で乗り切った)。
しかし今は乗り越えて、新しい景色が見えています。

これ本当の話で、コミュニティを始める前の僕と、始めた後の僕だと、完全に思考が変化しています。

いまは「コミュニティの可能性」に気づき、次なる階段を登っています。

失敗をしないと、腐る話


こちらのツイートをご覧くださいませ。

上記って、わりと重要だと思っており、そして「全員に当てはまること」だと思っています。

ここを少し、解説します。

質問:失敗していますか?

記事の読者さんに質問です。

「最近に、なにか”辛い失敗”をしていますか?」

人間の成長は「辛い失敗を乗り越えたとき」と書きましたが、裏返して考えると、要するに「失敗してない人=挑戦していない」ですよね。

挑戦していないと、言葉が悪いですが、人間は腐っていきます。

輝いている人って、なにかに挑戦している人ですよね。
お金を持っていても、挑戦しない人からは、人が去っていきます。

挑戦と失敗と成長と人望は、セットです。

20代の方に、伝えたいこと

ちょっと年代別で書いてみます。

20代とかで「最近は失敗していないな…」という人は、かなりヤバいと思います。
というのも、最大限でヤンチャできるのが、20代だからですね。

僕は30歳を超えてしまったので、もうオジサン世代です。
まだまだ挑戦する予定ですが、20代のときのように、意味わからん挑戦とかは、徐々にしづらくなっていきます。

会社が微妙なら、すぐに辞めましょう。
来年に辞めるとかって言っていたら、貴重な20代の浪費ですよ。

即行動。即失敗。即成長です。

30代の方に、伝えたいこと

結論として「大きなリスクを取れる、最後の世代」だと思っています。

もちろん40代や50代でも挑戦できますが、やはり「体力の差」があります。
30代だと、まだまだ体が動くので、鬼労働にも耐えれるはず。

僕の場合を例にすると、基本的には休みなしで働いており、作業していない時間でも、常にビジネスのことを考えています。

20代よりも知識面で勝てる場合も多いので、やはり最大限に挑戦すべきですね。

そして同時に、投資の資金も作れるとベスト。
30代で資産をつくり、そして40代で投資をメインにしていくのが、良いと思っています。

僕の今後の人生について

結論は、下記のとおり。

本来は「40代から投資を本格化」でいいと思うのですが、僕は早送りできました。
現状でも資金が貯まってきたので、投資を頑張っていきます。

といっても、別に短期トレードする訳じゃないので、時間はかかりません。
金融について深く学び、日々の経済動向を見て、あとは仮想通貨に関しても、継続学習してきます。

残りの人生は、投資していけばいいかなと思っています。
というわけで、今回は以上です。

P.S:最近の僕は「Webマーケ教材」の作成に注力しており、Webマーケにおける「本質的な知識」を全て書きました。また「テクノロジー情報の無料メルマガ」も運営しており、最前線のテック情報を学びたい方は、是非どうぞ。