Written by Manabu Bannai

お金を稼ぐのが苦手なら、あまり無理しなくていい話【人生の進め方】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

お金を稼ぐのが得意です。
よく「感情がないね」と言われます。

さて、先日に下記のツイートをしました。

世の中には「稼ぐのが得意な人」がいます。その一方で「そこまで得意じゃない人」とかもいると思っており、例えば「人に共感しやすい人」とかは、ビジネス向きじゃないかも。
そういった人は、無理して月100万とか稼がずに、例えば「無理なく月20万を稼ぎ、幸せに暮らす」という目標も、ありだと思う

本質的な幸せに目を向けて、生きる話です。

お金を稼ぐのが苦手なら、あまり無理しなくていい話


無理しなくていいと思います。

月100万を稼いでも、豊かじゃない

月100万にせよ、月80万にせよ、月60万にせよ、あまり豊かじゃないです。
仮に「月100万=豪華な暮らし」とかをイメージすると、それは間違いです。

質問:人生の優先度は何ですか?

僕の場合だと「時間のゆとり」とか「自由」とか「南国暮らし」とかなのですが、友人にも聞いてみたところ、下記でした。

  • 1位:美味しいご飯
  • 2位:好きな人と暮らす 
  • 3位:好きな漫画を読む

上記のとおりで、こういった人も多いんじゃないですかね。
それだとすると、ぶっちゃけ「月20万」とかで足りますよね。

将来を心配すると、すっと休めない

計画性も大切ですが、それと同じか、もしくはそれ以上に「今を楽しむこと」も大切です。

フィリピン人は、人生の勝ち組

僕はセブ島に4年ほど住んでいました。
よく聞くかもですが、フィリピン人は幸せそうなんですよね。

彼ら彼女らに聞いてみると、下記の回答です。

  • 僕「なんでそんなに幸せなの?」
  • フィリピン人「今を楽しんで生きてるからよ」

こういった回答が来ます。
そして、彼女たちは速攻でお金を使います。

貯金できないので、国全体として「給料日が2回」に設定されてるレベルですからね。
給料日だと、みなさんパーティに行き、タクシー帰宅します。

早めに、幸せになるのもあり

というわけで、日本人は頑張りすぎなのかもですね。

そして「稼ぐこと」に囚われている人も多いかもです。

稼げなかったり、仕事で成果がでなかったりすると、それで「自分=価値がない」と考えたりして、そうじゃないですよね。

結局は、幻想を追いかけてるだけ

年収1,000万にせよ、月収100万にせよ、あとはキラキラなフリーランスにせよですが、そういった憧れだけを追いかけても、実は幻想かもです。

キラキラなフリーランスとかでも、そのキラキラはSNS上だけかもですからね。

それよりも、SNSはやらずに、静かに生きてる人の方が、心は豊かかもです。
なので、お金に囚われずに「本質的な幸せ」に目を向けるのもあり。

僕からの依頼:3つの価値軸を決めよう

先ほどの例を出します。

  • 1位:美味しいご飯
  • 2位:好きな人と暮らす
  • 3位:好きな漫画を読む

こういった感じで「人生の幸せベスト3」を考えてみてください。
そして更に「これに必要なお金は?」と考えてみるといいかもです。

要するに「月100万=豊かになる」といったイメージで行動するんじゃなくて、まずは幸せの定義を決めて、そこを達成&維持できるお金を考える感じです。

なお、先にネタバレしておくと、大半の人は「あれ、お金って、そこまで要らないな」と感じるはず。

本当に欲しいのは「人から認められたい」といった気持ちかもですね。

本質的な幸せを決めたら、やるべきこと【人生の進め方】


結論は「生活に取り入れて、できたら仕事にする」です。

まずは生活に取り入れる

言うまでもなく、好きなことをしましょう。
僕の場合だと「時間のゆとり&自由&南国」という要素ですが、ぶっちゃけ毎日満たしているんですよね。なので、幸せです。

そして、例えば「美味しいご飯」が好きなら、どう考えても食べるべきだと思います。

そこに時間がかかるにせよ、それが人生の幸せなら、むしろ「そこに時間を割かず、どこに時間を使うんだ」と思ったりします。

ご飯の時間を節約するほどに、幸せから遠ざかることを意味しますからね。

そして、徐々に仕事化する

幸いなことに、現代は「好きなことの仕事化」がしやすいです。
いきなり多くは稼げないかもですが、たぶん「1年くらい頑張って、月5万」とかじゃないですかね。

しかし幸せな生活維持には、そこまでお金が不要なはず。問題なし。

ビジネスの基本は、まずやってみる

まずは行動が必須です。

ブログでも、SNS発信でも、YouTubeでも、絶対に始めてください。

たまに「○○を始めたら稼げますか」と聞く人がいますが、こういった質問だと相手が萎えます。そして一般的な回答しかできないので、時間の無駄になります。

なので、繰り返しです。
まず始めてください。今日からです。

ヒント:漫画が好きなら仕事になる

例えばですが、僕なら「漫画 × YouTuber」とかを狙うかもです。
なお、僕は漫画を一切読まないので、あくまで想像して書きますが、例えば「無料なのに泣けるマンガ5選」とかですかね。

もしくは「無料で読めるマンガ30冊をまとめて紹介」とかですかね。

あえて「無料系」にて攻めてみました。
ネット世界において「無料」というワードは最強です。

そしてYouTubeを見ている人は「暇つぶし層」が多いので、もし「無料マンガを10冊ほど紹介」みたいな動画がでてきたら、とりあえず見るかもですよね。

そしてチャンネル登録を促して、毎週とかでマンガ紹介していく感じです。
世の中にマンガが多すぎるので、ある程度は「おすすめを知りたい」という人もいるはず。

好きが仕事だと、強い

というわけで、今回はこれくらいにします。
僕の場合だと「ブログ」とか「YouTube」とかで稼いでいるのですが、発信内容は「ビジネスの話」ばかりです。

なぜかと言うと、昔からビジネス書が好きだったんですよね。

猛烈に「稼ぎたい」と思っていた訳じゃないのですが、なんとなく「ビジネス書」とか「経営者の自伝」とか「自己啓発書」が好きでした。そして読んできて、仕事に活かしたら収入が伸びました。

なので、これを語っているだけです。

そして、今だに好きなので、今だに読んでいます。
だから情報不足で困ったりもないです。

マンガが好きなら、マンガを発信するのもありですよね。
最初は大きく稼げません。しかし、幸せになるには、そこまでお金は必要ありませんので。

最後に:共感力が高いと、エネルギー消費が多い件

いま気付いたのですが、冒頭のツイートで「人に共感しやすい人はビジネス向きじゃないかも」と書きつつ、ここの伏線回収を忘れていました。

上記のとおりで、共感力の高い人は、実はエネルギー消費が多かったりします。
とはいえ感情を消すのは簡単じゃないので、目指すべきは「自分なりの、幸せな生き方」だと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】