Written by Manabu Bannai

【近況報告】お金の執着から、わりと「開放」されました【原点回帰】

LIFE

こんにちは、マナブです。
当サイトでは、定期的に振り返りの記事を書いています。

過去の人生の振り返りの記事

2022年になったので、思考をまとめます。
有益じゃないので、暇なときの息抜きにどうぞ。

※価値の低い記事なので、Googleの検索結果には表示されないように設定しています。

本記事のもくじ

  • 1.色々なビジネスを経験して、原点に戻りました
  • 2.お金の執着から、わりと「開放」されました
  • 3.しばらくの間、発信量は減ってしまう予感です

1.色々なビジネスを経験して、原点に戻りました


最近は「自分の原点」に戻りました。

僕の原点:マイペースにブログを書くこと

やはり、なんだかんだでブログが好きです。ブログというか、文章を書くことが好きです。過去に色々な仕事に挑戦したのですが、結局は「原点」に戻りました。

僕が経験してきた仕事

飲食バイト→塾講師→営業→エンジニア→Webマーケ→経営者→Webエンジニア→SEOコンサル→ブログ→YouTuber→音声配信者

色々と挑戦してきて、本当に良かったです。過去の経験があるからこそ、その分野を「捨てる」という決断ができます。

例えば僕は「YouTubeでの発信は、捨てる」と判断しました。

約1,000本の動画を録り、チャンネル登録は50万人まで伸ばせましたが、これ以上は伸ばせないと判断しました。話すことは得意じゃないです。戦場をズラします。

自分に最適な仕事 = 小汗をかかない

ここが重要なのですが、僕の定義は下記です。

  • 自分に最適な仕事 = 小汗をかかない

人に言ったら笑われそうですが、僕は「この軸」で判断しています。YouTubeを撮っていた時期は、小汗をかいていました。緊張やストレスを感じていたからです。

音声配信をしていた時期は、若干だけの「小汗」がありました。雑音が入らないように注意していたのですが、それがストレスだったのかもです。

今は「この文章」を書いていますが、小汗はゼロです。むしろ心がスッキリしており、思考が整理される感じです。やはり僕は、文章が好きだと判断しました。

原点に戻りつつ、利益を追いかける

色々なビジネスをしてきて、改めて思いました。

  • 見せかけの数字はどうでもいい
  • ちゃんと利益を積み上げること

例えばですが、僕は「YouTubeの登録数が50万人」です。この数字を言うと、大半の場合は驚かれます。しかし結局のところ、これはただの数字です。ちゃんとYouTubeを軸にビジネス構築しない限り、広告収益は「微々たる金額」です。

※補足:全盛期の広告収益は「月300万円」くらいだったと思います。一般的には大きな金額ですが、ビジネス観点からすると、効率性は低いです。

なお、今までに僕は「3億円」くらいをビジネスで稼ぎました。その収入源は「ブログ&Twitter」です。結局のところ、僕は文章を通して稼ぐほうが得意です。選択と集中をしたいので、YouTubeやラジオは停止しました。

2.お金の執着から、わりと「開放」されました


ここ最近は、お金に対する執着が減りました。ビジネスで億を稼ぐことができ、さらに投資でもラッキーなことに、億単位の利益を出せました。

お金を稼ぎつつ思ったこと

結論は「お金は簡単には増えない」ということです。

なにかを作るなら時間がかかります

例えば僕は「ブログを通して、SEOコンサルを受注したい」というモチベーションで発信を始めました。そして受注できたのは、本気で発信を始めてから「8ヶ月後」です。

投資に関しても、僕の場合は「クリプト相場のラッキー」で資産が増えましたが、大きなバブル以降は、ほとんどお金が増えていません。むしろ、いくつか損切りしましたので、減ったと思います。

ビジネスにしろ投資にしろ、時間がかかります。ラッキーで波乗りできる時期もありまますが、それは長く続きません。

どうせ暇なので、働くだけ

幸いなことに、僕はビジネスが好きです。

お金を稼ぐことや、ブログを書くことや、調べ物をすること。あとはプログラミングも楽しいし、サイト制作も楽しいです。金銭的には困っていませんが、しかし暇なので働きます。暇なので働くと、そこそこの収入が入ります。

このように考えると、お金に執着しても意味ないな、、という思考になりました。大雑把にいうと、楽しい労働を続ける限りは、それは「リタイア」と同じだと思っています。

海外マーケットに挑戦します

今までは「日本語を軸にしたビジネス構築」をしてきました。しかしこれからは、明確に「海外マーケット」を狙っていきます。

同じことを繰り返しても飽きる件

最近の僕は、必死こいて「クリプト学習」をしています。といっても、DeFiにお金を入れたり、NFTを買ったり、DAOを作ったりなので、座学というよりも、アクティブラーニングです。

そして、仮に僕が「日本向けにクリプト発信のブログ」を作ったとしたら、たぶん「日本トップクラス」を目指せると思っています。こういった書き方だと「自信過剰」に思われるかもですが、理由があります。

  • 過去に1,300本のブログを書いてきた
  • 過去に5,000本以上の記事外注をしてきた
  • ブログにて「数億円」を稼いだ経験がある
  • 文章を書くことが苦じゃない。余裕で継続
  • 英語圏の情報も、わりと適切に調査できる

上記のような人は、たぶん日本で少ないはず。なので日本マーケットなら、たぶん勝てると思っています。とはいえ、同時に思ったことは下記です。

「自分の実績なら、海外マーケットでも戦えるかも…」

上記のとおり。まだまだ英語の「ライティング力」は雑魚ですが、ここは鍛えたら成長しますよね。

ここ最近は、約5ヶ月ほど英語学習を続けてみたのですが、リーディング力は大きく向上しました。次はライティングを鍛えます。

数十億のマーケットを狙う

ちなみにクリプト発信では、下記の状況があります。

  • 日本向けに発信 → 年間で「数億円」は稼げそう
  • 海外向けに発信 → 年間で「数十億円」は稼げそう

上記のとおり。というわけで、僕は海外デビューです。失敗したら帰宅して、また準備をして、再度挑戦します。

初回の起業でも、そうでした。初回は失敗して、全てを失いました。でも実家に帰宅して、再度決意をして、独立しました。今は3社目を起業しています。

3.しばらくの間、発信量は減ってしまう予感です


そろそろ記事を終えます。

発信量は、たぶん減ってしまいます

今後は「グローバル市場を狙いたい」と考えているので、現状は「日本向けの発信は、どうしようか」と考えています。

基本的に「Twitter」は続ける予定ですが、適切な運用方法を模索したいと思っています。ここは、まだ悩み中です。

実績が出来たら、発信に戻りたい

まずは海外マーケットに向けて動き、長期的に挑戦します。

挑戦をして、その後に「なにかしたらの結果」を出せたら、そしたら「日本向けの発信活動」を増やしたいと思っています。これは「新卒時代」にも思っていたことで、当時の記事から引用します。

僕の場合は、いったんはある一定の実績を作ることにフォーカスしていこうと思います。一定の実績を作ったあとに、その背景を踏まえ情報発信をしてきます。

どうせ死ぬまで働く訳ですし、そして簡単にお金は増えません。

それならば、長期的にコミットできる市場を探し、かつ「小汗の出ない領域」にフォーカスして働きつつ、人生を楽しもうと思っています。

というわけで、以上です。仕事に戻ります(`・ω・´)ゞ

P.S:最近の僕は「Webマーケ教材」の作成に注力しており、Webマーケにおける「本質的な知識」を全て書きました。また「テクノロジー情報の無料メルマガ」も運営しており、最前線のテック情報を学びたい方は、是非どうぞ。