Written by Manabu Bannai

働き続けるのが辛いのは、いたって普通な考え方です【脱出方法の解説】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

働き続けるのが嫌だったので、徐々に自動収入を作りました。
響きは怪しいかもですが、、これは事実で、いまは働かなくても収入が入ります。

さて、先日に下記のツイートをしました。

冷静に考えて思うけど、資産にならない労働を続けても、その先の未来は「70歳くらいまで、休まず労働」ですよね。
会社が好きなら否定はしないけど、やはり僕はあまりオススメしない生き方なので、最初は小さくてもいいから小銭を稼ぎ、少しずつ「資産になる労働」をしないと、ずっと休めません

働き続けるのが辛いと考えている方向けに、その感情は「普通である」という話をした後に、じゃあ「どうやったら労働を減らせるか」という内容を解説していきます。

働き続けるのが辛いのは、いたって普通な考え方です


ぶっちゃけ思いますが、23歳とかで就職して、そこから70歳近くまで働き続けるって、、、異常じゃないですかね。期間は47年間ですよ。長過ぎる。

仕事を辞めることで、キャリアに穴が開くという絶望

さらに悲しきこととして、日本では次のような価値観があります。

  • 転職が多いと、キャリアにマイナスです
  • 転職するときは、空白期間を作っちゃいけません
  • 嫌な職場でも我慢しましょう。それが仕事です

上記の感じです。
その結果として「会社を辞めるハードルがめちゃくちゃ高い」という状況になっていると思い、、、シンドいですね。

人生とは「忍耐力の試練」なのか

世の中を見ていると、人生を「試練」のように考え、生きている人が多いようにも思えます。

  • 嫌な仕事でも続ける
  • 満員電車のストレスに耐える
  • 疲れ果てて、コンビニ弁当ばかり
  • 常に体がダルいけど、会社に行く
  • 今後の人生に希望が見えない

上記のような感じだと、控えめにいって「人生=試練」だと思います。

これは言い過ぎかもですが、、「死ぬのが怖いというか、死ぬ勇気がないから生きる」という、いわゆる「リビングデッド(生ける屍)」ですよね。

事実:遊びながら生きている人もいる

人生という試練を生き抜く人もいますが、その一方で「遊んでるように生きている人」がいることも事実です。

  • 好きなことを仕事にしている
  • よく分からないけど、旅ばかりしている
  • 起業に成功して、悠々自適を達成

上記のようなパターンの人もいて、同じ地球に住みつつも、随分と生き方が変わるなと思いつつ、どちらを選ぶかと考えたら、圧倒的に「楽しく生きる人生」ですよね。

日本では「我慢すること=人生」と考えている人が多すぎて、かなり違和感です。

仕事を頑張っても、人生は好転しません

悲しき事実として、仮に仕事を頑張っても、ぶっちゃけ人生は好転しません。今の仕事が辛いなら、そのまま頑張っても、たぶん仕事は辛いままです。

じゃあ、世の中で「わりと楽しく生きている人」とか「働かずとも稼げている人」はどうしているかというと、まったく別軸で努力をしています。

それが「資産になる労働」なのですが、次の項目にて、その話をしていきます。

働き続けるのが辛いなら、資産になる労働をすべき話


やることは簡単で、「資産になる労働」をすべきです。

資産になる労働の具体例

すべての結論は、下記のツイートのとおりです。

現在の僕は、わりと働かずとも「月100〜300万」くらいの収入が入りますが、その理由は「事業収入」を作ってきたからです。

当サイト(マナブログ)は月間100万回以上閲覧されており、そこから月100万以上の収入があります。
その他にも「有料Note」といった商品も作っており、そちらからは「毎月50〜80万円」くらいの収入です。

質問:資産になる労働をしていますか?

この記事を読んでいる方の大半は、たぶん「資産になる労働」をしていないと思います。

多くの場合は「とりあえず給料を貰い、生活するための労働」をしているかなと思い、、それでもいいのですが、それを続けても「生涯労働」です。

繰り返しですが、僕はそれが嫌だったので、徐々に仕組みを整えて、収入を増やしました。

簡単ではないです。時間はかかりますが、行動する価値はあると思います。

資産になる労働の始め方

ざっくり結論だけいうと「事業を作りましょう」ということです。

しかし「事業なんてわからない・・・」とか「起業なんて怖い・・・」という人が大半だと思うので、さらに掘り下げます。

最初の一歩は「自分で1円を稼ぐこと」でOKです

結論がこれです。まずは「自分の力で、1円を稼ぐ」という行為をしてみてください。

なお、ここでの注意点は「給料じゃダメ」ということです。

アルバイトをしたら、すぐに稼げますよね。それは、仕組みを作っているビジネスオーナーがいるからです。

しかし、ビジネスオーナーの元で働くことを続けても、繰り返しですが「生涯労働の人生」しか待っていません。なので、自分で稼がないとダメということです。

最初の一歩の踏み出し方

まずはなんでもいいので「1円を稼ぐ」という行為をしてみてください。

たぶん友達には笑われますが、現時点で稼いでいる起業家も、フリーランスも、インフルエンサーも、みなさん最初は「1円を稼ぐ」という地点からスタートしています。

1円を稼ぐための方法論の記事

とりあえず上記の記事からどうぞ。ネットで稼ぐ方法を解説していますが、最初の入り口としてはいいと思います。

ぶっちゃけ99%の人は行動しないと思いますが、行動する1%の人しかチャンスを掴めませんので。
失敗してもデメリットはゼロなので、やらない理由はないと思っています。

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。
もしこの記事を読んでも「うーむ、、、不安だ」と思う方は、僕のTwitterとYouTubeも見ていただけると嬉しいです。

基本的には「個人で稼ぐ方法」にフォーカスして発信しておりますので、情報シャワーを継続的に浴びることで、徐々にマインドも変わってくると思います。

変な商材とかは売りつけませんし、情報は無料で出しています。お気軽にどうぞ。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】