Written by Manabu Bannai

【断言する】会社では、適当に働けば大丈夫です【サボるコツも解説】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。
会社員の時代は、すこし適当に働いていました。

先日に下記のツイートをしました。

🔽異動直後、26歳が自死 残業113時間、土曜出勤の夜asahi.com/sp/articles/ASM64...

酷すぎる話です。亡くなった方を見る感じだと、とても真面目そうです。かなり本気で伝えたいですが、仕事なんて適当でOKですよ。適当でも、社会は回りますので。日本人は真面目すぎ。全力でサボり、楽して稼ぐ方がいい

上記を深掘りします。

結論を書いてしまうと、会社では適当に働くべきですね。なお、記事後半で「サボるコツ」も書いたので、参考にしてみてください。

スポンサードサーチ


断言 : 会社では、適当に働けば大丈夫です


仕事は適当でオッケイです。

真面目な人ほど、精神を病んだりしますからね。精神を病んでしまうと、復活にかなりの時間がかかります。

適当に働き、楽して稼ぐべき

僕の結論は下記です。

僕の結論は上記のとおり。
会社で頑張りすぎても、別に給料は上がらないですからね。

なお、もし「明確な理由ありきの頑張り」なら素晴らしいと思います。例えば、会社のプロジェクトが楽しくて、楽しいから誰よりも頑張りたいとかですね。

こういった場合なら、全力を出すべき。

適当に働きつつ、逃げ道を作ろう

会社で頑張りすぎてしまう人は、視野が狭くなってる可能性があります。

  • ここで逃げてしまうと、人生が終わりだ
  • こんなことも出来ないなら、自分はダメだ
  • みんなこれくらい頑張ってるから、当たり前

例えば上記のとおり。

そして過去の僕も「この仕事から逃げたら、ずっと逃げ続ける人生だ」と考えていましたが、心が辛くて逃げました。

そして逃げてみて思ったのですが、人生には色々な生き方があります。会社の数も、星の数ほどあります。

余裕で逃げれるので、ガンガン逃げましょう。

会社で働きつつ、逃げ道を確保する方法

とりあえずは、新しいコミュニティを探すのがいいと思います。

  • 会社の交友関係
  • 昔からの、友達
  • 新しいコミュニティ ←これです

上記のとおりで、例えば「副業する方向けのサロン」とか「趣味で繋がるコミュニティ」とか「気になるインフルエンサーのイベントに行く」とかですかね。

オフラインの交流を増やし、新しい人と関わることで、新しい生き方の発見にも繋がると思います。

例えばですが、趣味で繋がるコミュニティに参加しつつ、その「趣味」で稼ぐ人に会うことで、自分にも「趣味で稼ぐチャンス」が生まれますよね。

ちなみに、東京近辺の在住なら、趣味とかを軸にしたイベント主催でも、十分な額の副収入が作れると思います。
わりとチャンスは無限にありますね。

コミュニティを増やしつつ、稼ごう

仕事で消耗してる方にお聞きしたいですが、もし「月20万の副収入があったら、どうしますか」ということです。

たぶんですが、月20万ほどの収入があれば、意味不明なブラック企業は辞めますよね。

理不尽な上司にも、すこし反論できるかもです。寝坊して遅刻しても「まぁ、、、いいか」と思えるはずです。

やはり生きる上でお金は大切なので、コミュニティを広げ、新しい価値観に触れつつ、さらに「稼ぐ努力」もするといいと思います。

具体的な方法は、新しいコミュニティで繋がりを増やし、その中で「個人で稼いでいる人」を見つけ、そういった人に相談するといいかなと思います。

僕のブログにも方法論は書いていますが、目の前の相手に言われた方が、現実味が湧くかもです。

会社で適当に働く際に、覚えておくべきこと


適当に働くコツ、、、を解説してみます。

現在の僕はフリーランスなので書いちゃいますが、会社員だと書きづらい内容かもです。

会社で適当に働くコツ

  • その① : 成果物はギリギリの提出が良い
  • その② : 忙しい雰囲気を、出しておこう
  • その③ : 単純作業は、外注をしましょう

上記のとおりなので、順番に解説します。

その① : 成果物はギリギリの提出が良い

スイマセン、これを読むと、マネージャー系の方は、気分を害すかもです。
しかし、働きすぎの日本人が多いので、書いてしまいます。すいません。

まず初めに、成果物の提出はギリギリがいいですね。
例えば提案資料が木曜日までに必要なら、水曜日の夕方には出すなど。

言うまでもなく、早めに提出すると「あなた=余裕がある」という判断になり、新しい仕事が来ます。これを避けるために「ギリギリ提出」です。

なお、期限に遅れるのはNGです。迷惑をかけてしまうと、仕事できない認定されるので、社内で生きづらくなると思います。

その② : 忙しい雰囲気を、出しておこう

先ほどにも少し書きましたが「暇そうにしてる=新しい仕事がくる」ですよね。
なので、どんなに暇だったとしても、渋い顔をして、PCディスプレイを見つめておきましょう。

なお、可能であれば「PCでの読書」がオススメです。Kindleのクラウドリーダーという機能を使うと、パソコンから電子書籍を読めますので。

スイマセン、過去の僕も、こうやって勤務中に読書しました。しかし、ちゃんと仕事は終わらせていたので、どうか許してください<(_ _)>

その③ : 単純作業は、外注をしましょう

大半の仕事が単純作業なら、辞める or 外注がいいですね。

過去の僕は小規模な会社で働いていたので、雑務が生まれたら「この仕事って、外注してもいいですか?」と聞くようにしていました。

例えば、データ入力とかって、マジで時間の無駄です。こういった仕事は、クラウドソーシングとかに出しておけば、子育て中で外出できない主婦とかがやってくれますので。

機密情報を扱う場合は厳しいかもですか、基本的に大半の単純作業は外注できると思いますよ。

そして、外注のディレクションは自分でやりましょう。このタイミングで「外注管理」というスキルが身につき、これは価値が高いと思います。

ゆるゆると、生きていこう

仕事で疲れきるとか、体を壊すとか、精神を病むとか、、、頑張りすぎです。

冒頭のツイートでも書きましたが、どうしても真面目になってしまうなら「東南アジア旅行」とかをするといいですよ。

東南アジアは日本より伸びてますが、圧倒的に「みなさん適当」です。

しかし、適当でも世の中は回るし、別にあなたがサボっても、誰かが死ぬとかもないですよね。なので、もっと気軽に、多すぎる責任感は捨てつつ、ゆるめに生きるのもありだと思います。

というわけで、僕もゆるめに生きつつ、自分が楽しいと思うことに注力しつつ頑張ります。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】