Written by Manabu Bannai

【初心者OK】IT転職で必要なスキルは『興味関心』です【手順の解説】

LIFE Work

ノースキルでIT転職を考えている人「IT転職に必要なスキルを知りたい。現在は別業界で働いてるけど、将来性を考えるとITに転職しておきたい。IT業界で重宝されるスキルや資格、あとはこれから伸びる業種も知っておきたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • IT転職で必要なスキルは『興味関心』です
  • ノースキルでIT転職する3つの手順とは
  • IT転職ならWebマーケティングがオススメです

この記事を書いている僕は、IT業界歴6年ほど。
現在はWebマーケティングを専門にフリーランスとして生活しています。

他業種で働く友達からIT業界について聞かれることがあるけど、、、現代ならIT一択だと思っています。

IT業界がオススメな理由

  • 業界が伸びている
  • 給料が高い
  • 風通しが良い

ざっくりですが、上記のとおり。
停滞している業界って、結局はポジティブな空気が流れづらい訳なので…。どうせなら成長している業界で気持ちよく働きたいですよね。

そこで今回は、”IT転職におけるスキル”についてまとめました。
ノースキルでもIT転職は可能ですので、是非記事をご覧ください。

スポンサードサーチ


IT転職で必要なスキルは『興味関心』です


IT業界は変化が早いので、”その分野を好きになること”が大切です。

Webマーケティングは2年で陳腐化する

僕が専門とするWebマーケティングですが、2年前の手法なんてオワコン化しています。「変化が早くて辛い」って感じるかもですが、裏返して考えれば、新規参入しやすいって意味にもなります。

例えば、有名なSNSのインフルエンサーを見ると分かりやすい。
大半の人は、ここ2年くらいでブームになってきた人ですよね。

なので、2年くらいあれば、ある程度は上を狙える業界なので、個人的には素晴らしいなぁと思います。言うまでもないですが、無駄な下積みとかもありません。

IT転職に必要な資格とは

結論、”資格は無視してOK”です。

2年とかで業界が大きく動くので、、、資格なんて速度的に間に合いません。
経営者さんとかと話しても、資格を重視する人なんて見かけたことがないですね。

もしかしたら一部の大企業が重視するかもですが、そういった採用基準を使っているIT企業は、、、ぶっちゃけ将来性どうなんだろうって思います。
» 参考:【オワコン】IT業界の転職で有利になる資格など存在しない【正論】

ITでの業種選びとは

ぶっちゃけ何でもいいかなと。
ITといっても幅広いですが、ゴリゴリ伸びている分野とそうじゃない分野があります。

  • ゴリゴリ伸びている分野:フィンテック系・VR系・ソシャゲ系
  • あまり伸びていない分野:企業向けの業務ツール・古き良きPCツールなど

ざっくりですが上記の感じ。
とはいえ、どの分野でも”伸びている”ことには変わりないので、どこでもいいんじゃないかなって思います。

一点だけ注意をするなら、金融ITはちょい微妙かな…という印象。
金融ITとは、金融機関向けに大規模な開発案件を請け負う会社など。このあたりはAIで自動化されやすいと思っていまして、詳細は下記記事で解説しています。
» 参考:未経験でIT転職する前に仕事内容を理解すべきです

ノースキルでIT転職する3つの手順とは


ノースキルで転職する手順の解説です。

  • 手順①:興味関心を見つける
  • 手順②:転職先を開拓する
  • 手順③:自分なりに勉強する

手順①:興味関心を見つける

興味関心を見つけるには、私生活を振り返ればOKです。

  • ゴシップニュースが好きなら、ゴシップ記事を配信をしているWebメディア
  • 洋服が好きなら、ファッションをECサイトで売っている会社
  • テレビが好きなら、AbemaTVやHuluといった動画系の会社

すんごい大雑把ですが、上記の感じ。
大切なのは、自分の興味関心に忠実に選ぶことだと思います。

興味関心があれば、あとから知識は付きますので。
興味ゼロの分野で働くひとよりも、圧倒的に成長速度が早くなると思います。

手順②:転職先を開拓する

ここはエージェントに相談すればOKかなと思います。
興味関心を明確にした上で、自分の要望をエージェントに伝えましょう。

なお、『テレビが好きだからAbemaTV』で、『洋服が好きだからZOZOタウン』といった考え方だと、、、ちょっと視野が狭いかも。

確かに正しいのですが、それだと1社に落ちたら終わりですよね。
基本的に、理想と現実は離れていることが多いので、仮にAmebaTVに落ちたとしても、自分なりの妥協点を探すのがいいかなと。

AbemaTVじゃなくても、動画を作っている会社は多いです。
例えば、delyといった会社は料理の動画を作っていますし、MixChannelとかだと若者向けに動画のプラットフォームを提供していますよね。こういった感じで、自分の関心に近い分野を開拓するのがいいかなと。

IT転職でおすすめなエージェント

上記が大手の転職エージェントです。
転職エージェントは案件数の多い場所に登録しておけばいいので、上記で問題ないかなと。自分の希望を伝えて、マッチする会社の提案を待ってみましょう。

手順③:自分なりに勉強する

転職活動をして終わりじゃないです。
その業界について、少しでもいいので勉強すべき。

ファッション系のIT企業を目指すならZOZOタウンが有名ですが、その競合は高島屋といった大手百貨店だったりします。

じゃあ現在はお互いにどういった関係なのかを調べるのもいいですよね。
売上やその歴史から学べることが多いかなと思います。

あとは、ファッション系でいうとSTUDIOUSというブランドが大きく伸びており、この会社の成長戦略を学ぶのもありかなと思います。

こういった学習を通じて、自分の興味分野がより明確になったりしますので。

例えばこういった本を読むと、色々と勉強になりますよ。

IT転職ならWebマーケティングがオススメです


最後にちょっとオマケです。

興味分野を模索するの大切だけど、1つの選択肢として”Webマーケティング”をおすすめします。

Webマーケティングは全ての入り口です

Webマーケティング業界にいると、新しい情報が入りやすいです。
基本的に流行っているものはWebから拡散されていくので、世の中のトレンドに敏感になれるかなと思います。

また、世界的に有名な企業は広告費で儲けています。

  • Googleのメイン収益は広告費です
  • Facebookのメイン収益は広告費です

世界の巨人企業たちはWeb広告で儲けていまして、そこに乗っかって仕事をするのが、Webマーケティングです。

Webマーケティング会社といっても、ぱっと思いつかないかもですが、、、実は儲かっている企業が多いです。

基本的には興味のある会社を探しつつ、ちょろっとだけWebマーケティング会社を候補にいれるのもありかな、、と思います。僕自信はこの業界に大満足しており、独立したり、個人で稼いだりもしやすい分野です。人生の安定にも繋がるのかなと思います。

Webマーケティング会社はSwitchで探すのがオススメです。
Facebook認証で登録すると、勝手にスカウトが届きます。ぜひお試しあれ。
» Facebookを使った新感覚スカウト型転職サイトSwitch

というわけで今回は以上です。
IT業界は心地よいので、完全にオススメです(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】