Written by Manabu Bannai

【2018年】IT転職するメリットとデメリット【人生のリスクヘッジ】

LIFE Work

ITへの転職を考えている人「IT業界へ転職するメリットとデメリット知りたい。現時点では特にスキルとかないけど、こんな自分でも大丈夫だろうか?業界経験者から話を聞きたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • IT業界”以外”に転職するメリットはあまりない
  • IT業界に転職するメリットとデメリットとは
  • IT転職する流れとは【独学方法も解説する】

この記事を書いている僕は、IT業界にどっぷりでして、現在5年目。
職業としては、IT系のフリーランスエンジニア兼マーケターとして活動しています。

フリーランスだとか、エンジニアだとか聞くと、もしかしたら優秀な響きが有るかもですが、そんなことはない。
ただ何となくITが好きだったのでこの業界を選んだら、結果論として良かった事に気がついたという感じ。もちろん最初は未経験だったし、業界のトレンドも無知だった。でも、毎年経験を重ねるうちに上達できました。

こういった背景の僕がIT転職のメリットとデメリットをまとめました。

スポンサードサーチ


IT業界”以外”に転職するメリットはあまりない


結論として、現代なら圧倒的にITかなと。
日本だと金融業界も良いと言われたりしますが、、、今後の流れを考えると、金融系もITにリプレイスされるはず。このあたりは仮想通貨やフィンテックの流れをみると、それが予想できます。

この先の未来は”分散化”が進む


※引用:Why the Web 3.0 Matters and you should know about it
上記は既存サービスが分散化しているイメージ図です。
現時点でこれが分からないと、、、少し時代遅れかもです。

とはいえ、このあたりってIT業界にいても知らない人が多いので、、、少し難易度は高めですね。

でも、IT業界にいる人なら、画像の左側のサービスは知っているはず。
2018年現在で、左側すら知らない状態は、、、ちょっとやばいかなぁと思ってしまいます。

深い理由がない限り、”消去法”としてIT業界を選ぶべき

特に希望する業界がないなら、消去法としてITが良いかなと。
現代においてITリテラシーは必須スキルですし、これからも重要性は増していくかなと思います。それ以外の細かい理由もありますが、とりあえず”ITを選ぶのは無難”ってことです。

とはいえ、希望する業界があるなら、無理にITを選ぶ必要はないです。
やりたいことがあるなら、そっちを選ぶべき。

しかし、この記事を読んでいる人は、”IT業界を希望するけど、メリットとデメリットを整理したい”という人のはず。

なので、次の項では、この点を整理しますね。
メリットとデメリットを比較しつつ、まぁ悪くないなと思えたら、IT業界に転職してみるのが良いかなと思います。

IT業界に転職するメリットとデメリットとは


箇条書きでまとめます。

メリット

  • ① 業界が伸びている
  • ② 給料が高い
  • ③ 専門スキルが身につく
  • ④ 独立しやすい
  • ⑤ 風通しが良い

デメリット

  • ① 実力主義である
  • ② 変化が早い
  • ③ 勉強が多い

メリット① 業界が伸びている

最重要な点がこちら。
日本の高度経済成長期と現代の違いがこれですよね。

  • 高度経済成長期:業界が伸びているので、努力すれば結果が出る時代だった。
  • 現代:大半の業界は停滞している。努力しても結果に結びつかない。

仕事で結果を出せないのは、全てがあなたの責任って訳じゃないです。
業界が伸びてないなら結果を出すのは難しい訳でして、、、それなら伸びている業界で気持ちよく働くほうがいいですよね。

IT業界なら、現時点でも、これからも伸びていくでしょう。
伸びている業界で、波乗りしつつ生きることが大切ですね。

メリット② 給料が高い


» 参考:業界別・年齢別の平均年収ランキング
結論は上記のとおり。
情報通信業は給料が高いですよね。給料は高いに越したことはないですよね。

給料が高いことのメリット

  • 給料が高い→心が豊かになる→ポジティブな人間が生まれる
  • 給料が低い→心が狭くなる→ネガティブな人間が生まれる

上記はすごい大雑把ですが、わりと正しいかなと笑。

これを言うと怒られそうですが、、、飲食業を見ると分かりやすい。
飲食業って給料が低く、心の狭い人(すぐに怒る人)が多いなぁという印象です。

学生時代にアルバイトしていましたが、怒鳴る人が多くて本気で萎えました。
IT業界だと、怒鳴る人ってほぼ見かけませんので。怒りっぽい人と働きたい人なんていませんよね。

メリット③ 専門スキルが身につく

次の例をご覧ください。

  • Aさん:ユニクロで5年勤務。ユニクロ社員が知っておくべき知識はマスター済み。
  • Bさん:IT企業で5年勤務。基礎的なプログラミングスキルはマスター済み。

どちらが社会に評価されますか?

  • Aさん→ユニクロで評価される人材。ユニクロ内で生きやすい。
  • Bさん→社会で評価される人材。IT業界で生きやすい。

ニュースをみていると、「50代の社員がリストラ」みたいな話を見かけますが、、、その50代の方がAさんのような人だと、すこし悲惨ですよね。

会社では教えてくれませんが、横展開できる(つまり、他業種にも適用できる)専門スキルを身につけることは、まじで大切です。

メリット④ 独立しやすい

専門スキルが身につくとも似ている話です。

僕自身もそうですが、最初はIT企業に勤務していましたが、スキルが貯まったので独立しました。

これはIT業界でアルアルなのですが、会社で結果を残せる人はガンガン独立しますね。独立したら基本的には給料も増えますので、良い業界だなと思います。

メリット⑤ 風通しが良い

裏を返すと転職が多いとも言えますが、、、風通しは大切です。

テレビ業界と比較すると分かりやすいです。
以前にテレビ業界の人と飲みに行ったのですが、、、控えめに言って最悪でした笑。

上下関係をめっちゃ重視する風潮でして、基本的に年下は”ビールを注ぐ”、”無茶振りされる”といった被害に遭います笑。

当たり前ですが、そんな飲み会なんて楽しいわけがないです。
こんな飲み会に行くくらいなら、一生引きこもりたいな、と思った記憶があります。

その一方で、IT業界だと(会社にもよるけど)、面倒な風習が少ない。
というのも、全体的な年齢層が若いので、老害が少ないだけとも言えますが…。とりあえず風通しの良さは大切かなと。

続いてはデメリットを見てきましょう。

デメリット① 実力主義である

実力主義を裏返すと、”成果が正当に評価される”とも言えます。

どの業界でも言えることですが、結果を一切出せない人って、、、言ってしまえば会社のお荷物です。なので、IT業界でもそれ以外でも、実力主義は当たり前のことなのかなと思います。

とはいえ、”数字を伸ばす人”と”数字をキープする人”と”下がっている数字を食い止める人”など、、、人それぞれ向き不向きがあります。なので、IT業界にいってみて、そのポジションが苦手だと感じたら、別のポジションに移るのは大いにありだと思います。

デメリット② 変化が早い

最近は銀行員の転職希望者が増えているようです。

※参考:銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

変化が早いの裏返しが銀行員なのかな、、と思います。
というのも、”銀行=安定”みたいな神話がずっとありましたが、最近になってようやく崩れ始めたのだと思います。

変化が早いのは確かに大変ですが、変化が遅く、船が沈没するまで気が付かないのも、、、結構つらいですよね。

デメリット③ 勉強が多い

IT業界は成長が早く、変化も多いので、勉強することも多いです。

2018年に理解しておくべきトピック

  • シェアリングエコノミー
  • フィンテック
  • 仮想通貨

このあたりは必須だと思いますが、まぁ勉強するのは少し大変です。

しかし、こういった分野を理解しておくと、今後の時代の流れが分かります。
”時代の流れが分かる = 安定に繋がる”と思うので、ざっくり勉強するのはありじゃないかなと思います。
※おすすめ本は記事の最後で紹介しています。

IT業界にいれば、自然とこういった会話が耳に入るので、興味が湧きやすい状態になると思います。

IT転職する流れとは【独学方法も解説する】


転職において”経験” or ”未経験”は関係なし。
なぜなら、未経験だからといって、、、ぶっちゃけどうしようもないですよね。

IT転職する際に、まずやるべきこと

転職サイトや転職エージェントに相談すること。

基本的にIT業界は人手不足なので、受かりやすいかなと思います。
転職サービスはいくらでもありますが、オススメを下記にまとめます。

おすすめな転職サイト・転職エージェント

エンジニア転職する近道とは【無料】

IT転職するなら、エンジニアを目指したいって方も多いはず。
そういった方には、TechAcademyキャリアがおすすめです。

TechAcademyキャリアとは、プログラミング学習と転職サポートがセットになっているサービスでして、なんと受講料は無料です。

0円でプログラミングを学び、0円で転職サポートをしてもらい、IT企業にエンジニアとして就職できるなんて、、、お世辞抜きで素晴らしすぎるなぁと思います。

完全無料なので、下記より是非トライしてみてください。
» TechAcademyキャリアの無料相談はこちら

ITに転職するまえに読むべき本【3冊】

最後に、ITに業界のトレンドを知っておくために、読むべき本3冊をまとめました。

フィンテック

フィンテックの概要や今後の流れをざっくり理解できる本。

社会を根底から変えるシェアリングエコノミーの衝撃! 仮想通貨ブロックチェーン&プログラミング入門

仮想通貨やシェアリングエコノミーがどういったインパクトをもたらすかを理解できます。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

お金の価値が変わりつつある現代において、その本質と未来の形を理解できるようになる本です。

このあたりは基礎教養的な位置づけですので、ぜひ一読してみてください。
トヨタ自動車幹部が『若者の車離れは”自動車ゲーム”が原因』とかって言ったりしていますが、それがいかに的外れなのか理解できるはずです。

というわけで、今回は以上となります。
ITを理解して、IT業界で楽しく生きていきましょう。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】