Written by Manabu Bannai

【2018年】カンボジアSIMなら、SMART社の一択です【10ドル】

スポンサー

これからカンボジア旅行する人「カンボジアのSIM事情を知りたい。現地でも快適なネットサーフィンをしたいので、おすすめのSIMと購入方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • カンボジアのSIMなら、SMART社がおすすめ
  • カンボジアSIMの購入後にやるべきこと

この記事を書いている僕は、2018年の2月にカンボジアのプノンペンに行ってきました。今回で合計3回目のカンボジア渡航でして、少しノウハウが溜まってきたかなと考えています。

そこで今回は、カンボジアで快適に過ごすためのSIM事情をまとめました。

補足:SIMフリーのスマホを持っていない方へ

この記事はSIMフリーのスマホを持っている方が対象です。もし持っていない場合は、日本でポケットWiFiをレンタルしておきましょう。

種類は色々ありますが、最大手のグローバルWiFiで良いかなと(カンボジアでも利用可能)。まずは無料でお見積からどうぞ。
» グローバルWiFiの詳細を見てみる

スポンサードサーチ


カンボジアのSIMなら、SMART社がおすすめ


結論を箇条書きでまとめます。

  • おすすめなSIM:SMART社のSIMカード
  • おすすめな理由:速度が爆速だから
  • 購入場所:空港で購入できます

上記のとおり。

SMART社のSIMが爆速の理由

4.5Gを採用しているようです。
4.5Gとは要するに「4Gよりも早いですよ」って意味です。細かい話はぐぐってみてください笑。

僕も実際に使ってみたのですが、爆速すぎて驚きました。日本のスタバより早いかも、、って感じですね。

なお、場所によっては速度が遅くなります。
イメージとして8割型は快適だったのですが、たまに遅い時がありました。現地の友人曰く、SMART社の基地局から離れると遅くなるとのこと。まぁ仕方ないですね。

購入場所のイメージ図


上記はプノンペン空港のSMARTのSIM売り場です。
空港から外に出るとこういった店が目に入ると思います。見つからなかったら、インフォメーションとかで「I want to buy traveller sim.」とか言えば、場所を教えてくれるはず。

料金の選び方


販売店に行くと「How long travel here? (どれくらい旅行する?)」って聞かれますので、「◯ days.」と答えましょう。そうすれば適切なプランを選んでくれます。

選び方の目安

  • 1週間以内:10USDプラン
  • 2週間以内:15USDプラン
  • 4週間以内:25USDプラン

こんな感じでいいかなと。
なお、「You want call? (通話はいる?)」と聞かれますが、「Yes」と答えておきましょう。そうすると、1ドルの通話が追加されます。要らない場合は「No」でもいいのですが、1ドルくらいなので、、、念のためにあってもいいかなと。

というわけで、カンボジアのSIM事情はこれだけです。
空港でSMART社のSIMを買ってしまえば、快適LIFEになりますよ。

カンボジアSIMの購入後にやるべきこと


タクシーの呼び出しアプリをダウンロードしましょう。

カンボジアのタクシーはボッタクリだらけ

カンボジアのタクシーやトゥクトゥク(小型のバスみたいな乗り物)はボッタクリだらけです。

タクシーの交渉も旅の醍醐味って言う人がいますが、、、僕はそう思いません。
不毛な交渉に時間を使っても、観光時間が無駄になるだけです。かつ、交渉しないといけない場合は、基本的に割高になる場合が多いですし。時間とお金を無駄にする行為です。

快適に旅するための鉄則

道端でタクシーを拾うのはNGです。
すべてアプリから手配しましょう。

基本的に次の2つをダウンロードすればOKです。

順番に解説します。

まずダウンロードすべきはUber

Uberはちょっと高いですが、初回無料のクーポンがあるので、これがオススメ。
空港から市内に出る時は、Uberのプロモを使い、0円で移動しましょう。
» Uberをダウンロードする(こちらのリンクから登録するとクーポン付与されます)

普段使いの移動にはGrabTaxi

Uberとほぼ同じですが、GrabTaxiの方が少し安いですね。
なお、GrabTaxiには2パターンの利用方法があります。

  • GrabBike:一人で移動するときにオススメ。バイクを呼べまして、10分の移動なら1ドルくらいです。
  • GrabTaxi:Uberと同じです。複数名で移動する or 長距離の移動なら、こちらを使いましょう。

双方ともに、アプリ内から操作できます。

上記のとおり。
左側がGrabBikeの画面でして、右側はGrabTaxiの画面です。初めて使う人でも、一回使えば慣れますので、まずはダウンロードしてみましょう。

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted with アプリーチ

補足:ローカル向けのタクシーアプリもあります

UberとGrabTaxiは世界的に展開しているアプリですが、カンボジアに特化しているアプリもあります。

  • iTsumo:Uberと同じ。わりと高級車を呼べるけど、、、Uberで十分かなという印象です。
  • PassApp:車 or トゥクトゥクを呼べます。複数名で安く移動したいなら、トゥクトゥクを呼ぶのはありです。

上記はカンボジアの電話番号がないと使えませんが、興味ある人は使ってみるといいかなと。とはいえ、UberやGrabTaxiなら、日本の番号でそのまま使えますので、、、ぶっちゃけローカル向けのアプリは使わなくてもいいかな、、、と思います。

というわけで今回は以上となります。
快適なカンボジアLIFEをどうぞ!

人気記事海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。