Written by Manabu Bannai

【カンボジア】ATMの使い方【たぶん、キャッシングだと手数料無料】

TRAVEL

カンボジアのATM事情を知りたい人「はじめてのカンボジア旅行なので、ATMの使い方や手数料の知識を知りたいな。 文章を読むのが面倒なので、画像多めで、わかりやすく解説してください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • カンボジアでATMを使う前に知っておくべきこと
  • カンボジアでのATMの使い方【画像14枚で解説する】

この記事を書いている僕は、カンボジア旅行を5回ほど経験済み。 シェムリアップ3回、プノンペン2回という感じです。

今回は「カンボジアでのATMの使い方」を解説していきます。

本記事のノウハウは、カンボジア以外でも適用できますので、この機会にぜひどうぞ。

なお、文章を読むのは面倒だと思いますので、できる限りコンパクトにまとめました。 たぶん、2分くらいで読めると思います。

スポンサードサーチ


カンボジアでATMを使う前に知っておくべきこと


使い方は後述しますが、1分だけお待ち下さい。
事前に知っておくべきことがありまして、読んでおくとお得です。

お金の引き下ろしなら、キャッシングがお得です

キャッシングと聞くと、借金に聞こえるかもですが、海外によく行く人からしたら、わりと常識な知識です。 キャッシングは全然危なくなくて、日本で使っているクレジットカードを、海外のATMに差し込むだけで使えます。

キャッシングとして借り入れした分は、翌月に銀行から引き落とされますので、要するに「普通にクレジットカードを使うときと、体感的には大差なし」ですね。

持っていくクレジットカードに関しては、「楽天カード」と「リクルートカード」あたりでいいかなと思っています。まだ作っていない人は、作っておきましょう。

キャッシングだと手数料は無料です

ATMによって手数料が変わるという記事もありますが、たぶんですが、、、キャッシングだと手数料が無料のはずです。

ATMを使う際には手数料が発生するという表記がでるのですが、実際には請求されないかなと思います。※間違っていたらスイマセンm(_ _)m

なお、カンボジアのATMでは、手数料が5ドルくらいなので、念の為、下ろすときは、すこし多めがいいかなと思います。

引き出す金額は100~200ドルでOK

ATMにもよりますが、限度額は250ドルの場合が多いです。
※250ドルはカンボジア人の月収くらい。

旅行期間が1週間くらいなら、たぶん100ドルで足りると思います。
ある程度、高級なホテルなら、クレカ払いもできますので、現金を使う機会は、タクシー移動や屋台くらいかな、、と思います。

カンボジアでのATMの使い方【画像14枚で解説する】

それではATMの使い方をみていきましょう。

手順①:ATMを探します。


今回はホテル内のATMを使います。道端のATMとかは危ないので、必ずホテル内、モール内、空港内のATMを使いましょう。

手順②:ATMが海外キャッシングに対応しているか確認する。


上記画像の「PLUS」というマークがついていたらOKです。

手順③:カードを挿入する。


赤枠の部分ですね。

手順④:カードを挿入する。


こんな感じで挿入します。

手順⑤:すこし待つ。


カード処理中なので30秒くらい待ちます。

手順⑥:言語選択をする。


英語を選びましょう。

手順⑦:暗証番号を入力する。


4桁の暗証番号を入力します。海外だと「PINナンバー」と言われますね。

手順⑧:WITHDRAWAL(引き出し)を選択する。


画像のとおり。引き出しを選択します。

手順⑨:引き下ろす金額を選択する。


今回は100ドルを選択しました。200ドルとかを降ろしたいなら、「OTHER AMOUNT」を選択してから、引き下ろす金額を入力します。

手順⑩:引き出しタイプの選択をする。


「CREDIT/DEBIT CARD」を選択しましょう。

手順⑪:手数料の確認をする。


手数料は5ドルになります。しかし、たぶんこれは無料のはずです。たしかキャッシングだと手数料は返金されるはず。間違っていたらスイマセン。

手順⑫:すこし待つ。


処理中なので、10秒くらい待ちます。

手順⑬:引き出し成功する。


成功しました。

手順⑭:現金とカードを引き抜く。


このときにカードの引き抜きを忘れる人が多いです。注意しましょう。

最後に:カードは複数枚あった方がいいですよ

年間で10回くらいは海外旅行をしている僕ですが、持ち歩いているクレカの枚数は、8枚ほどです。

なぜかというと、「海外だといきなりクレカが止まったりするから」です。

カード会社にもよるのですが、いきなり海外でキャッシングとかしようとすると、セキュリティの影響で止まったりするんですよね。

そして、電話すればクレカの凍結解除されるのですが、凍結解除までに3日かかる、みたいな場合もありまして、そうなると「3日間、現金がない」みたいな状況になりかねないです。

なので、「海外旅行するなら、クレカの複数持ちがおすすめ」ですね。

このあたり詳しくは「海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。」をどうぞ。それでは、良いカンボジア旅行を。

人気記事海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。