Written by Manabu Bannai

ビジネス系YouTuberの有名チャンネルまとめ【稼ぐための戦略も解説】

LIFE YouTube

こんにちは、マナブです。

ビジネス系YouTuberとして、発信しています。
開始して1年ですが、チャンネル登録17万人を超えました。

先日に下記のツイートをしました。

ビジネス系のYouTuberが、今後はさらに伸びそうですね😌
最近だと、ホリエモンがチャンネル強化をしており、与沢さんも地味に力を入れており、ひろゆきも地味に放送が増えたりしており、あとはマコなり社長が伸びており、僕もわりと伸びており、その他にも伸びてる人が多い。小さなトレンド発生中です

ビジネス系YouTuberの僕が、ビジネス系YouTuberを分析しました。
業界に詳しい方なので、濃密な記事かなと思っています。

ビジネス系YouTuberの有名チャンネルまとめ【戦略も解説】


結論は、下記のとおり。

ビジネス系YouTuberの総まとめ

チャンネル名 登録数 動画の本数 登録率(※) 予想収益(月間) ジャンル
メンタリストDaigo 1,690,000 1,342 1,259 509〜1,610万円 心理学/ネタ系
中田敦彦のYouTube大学 1,300,000 172 7,558 488〜1544万円 知識
講演家 鴨頭嘉人 816,000 1,335 611 258〜816万円 オピニオン/知識
ホリエモンチャンネル 642,000 2,305 279 282〜893万円 オピニオン/知識
モチベーション紳士 343,000 29 11,828 25〜78万円 知識
クリスの部屋 322,000 179 1,799 12〜37万円 オピニオン/知識
仮メンタリストえる 315,000 114 2,763 18〜57万円 恋愛
マコなり社長 223,000 104 2,144 71〜225万円 オピニオン/知識
マナブ 173,000 342 506 55〜175万円 オピニオン/知識
与沢翼 114,000 185 616 2万円 オピニオン/ネタ系
俺たち天下のゆとりーマン 107,000 181 591 105〜334万円 ネタ系
ひろゆき 106,000 103 1,029 9〜21万円 オピニオン/知識
両学長 お金の勉強 102,000 407 251 51〜162万円 オピニオン/知識
もふもふ不動産 86,500 294 294 23〜73万円 オピニオン/知識
年収チャンネル 66,300 358 185 30〜96万円 インタビュー/知識
AKIOBLOG 65,600 91 721 21〜68万円 オピニオン/筋トレ
イケハヤ大学 62,900 433 145 5〜17万円 オピニオン/知識
やまもとりゅうけん 54,400 239 228 14〜43万円 オピニオン/知識
動画集客チャンネル 30,800 577 53 5〜17万円 動画集客
迫祐樹 12,000 242 50 1.5〜5万円 オピニオン/知識

上記のデータは、2019年10月時点です。
そして登録率とは「動画1本当たりの、チャンネル登録数」という意味です。

登録率が高いほどに、少ない動画でチャンネル登録が増えているということです。

ビジネス系YouTuberは、完全に追い風

かなり驚くことですが、僕はYouTubeを始めて1年で、収益100万を超えました。
月によって変動はありますが、最近だと「安定して100万は超えたかな…」という感じ。

僕はブログでも100万以上を稼いでいますが、ブログでは5年くらいかかりました。YouTubeでは、1年も経たずに達成しており、驚きです。

続けるだけで、伸びていく

かなりありがたいことですが、中田敦彦さんやホリエモンから、おすそ分けを頂いている感じです。有名人が盛り上げていくので、そこの関連動画とかに表示されると、閲覧数がぐいっと伸びます。

要するに「コバンザメ戦法」ですね。
僕は引き続き、コバンザメとして生きています。

コバンザメ戦法の、具体例

参考までに、具体例を出しておきます。

「手取り14万?お前が終わってんだよ」について解説します

上記は「2019年10月12日」に公開されました。

たぶん一発撮りですよね。
そして、160万再生を超えており、、凄すぎる。

【重要】手取り「15万円」から抜け出す方法【5つのアイデア】

上記は「2019年10月12日」に公開されました。
完全に乗っかっていますよね。

そして、案の定ですが閲覧が伸びました。

通常より、ざっくり2倍ほど再生されており、理由は「ホリエモン動画の、関連動画枠に掲載されたから」だと思っています。

こんな感じで、適切にコバンザメをすると、伸ばしやすいですね。引き続きチャンスを待ちます。

まだまだチャンスも多すぎる

ちなみにですが、下記も良いです。

StockSun-WEBコンサルティング

上記は「StockSun」というWebマーケ会社の専用チャンネルです。
なにをやっているかというと、要するに「動画でノウハウ発信→見込み客の集客→自社コンサルで受注」という流れですね。

まだスタートしたばかりのチャンネルですが、すでに売上7,000万とのこと(チャンネル登録は5,000人ほど)。

人によっては「そんなの嘘だろ…」と思うかもですが、普通に可能だと思いますよ。僕は企業向けコンサルに興味ないからやらないですが、仮に始めるとしたら、めっちゃ受注する自信があります。

すでに仕組みを持っている企業と組むのはありかもですね。
僕がコンテンツだけを作り、そして流す感じ。

興味ある企業さんがいたら、ご連絡くださいませ。

YouTubeが、控えめにいってヤバい

参考までに、僕は先日に下記のツイートをしました。

現在の僕は「ブログを900日ほど、毎日更新している」という状況です。
そして、ブログ収益は利益ベースで月400〜500万なのですが、更新頻度を下げようと思っています。

普通に考えたら「そこまで稼げてるなら、もっと頑張れよ」と思うかもですが、今後の伸びしろを考えたときに、、、やはり「YouTubeだな…」と思うんですよね。

ブログも伸ばせると思いますが、たぶん800万くらいのイメージしか湧きません。
YouTubeは現在100万ですが、月500万くらいまでのイメージは、簡単に湧きます。

というわけで、徐々にYouTubeにシフトします。

ビジネス系YouTuberもアツいけど、他ジャンルもアツい


ビジネス系YouTuberの領域では、今後は「ビジネス界のモンスター」が参入してくるはずです。

現時点での有名人も、その大半が圧倒的な高収入プレイヤーです。今後も加速します。

他ジャンルでも、稼げる

ここまで聞いて「やはり、、勝ち組が勝ち続ける構造か…」と思うかもですが、YouTubeは伸びしろなので、下剋上できます。

個人的に狙っている分野は、下記です。

  • メンズ美容系YouTuber
  • マリファナ系YouTuber
  • 経営者向けYouTuber

上記のとおりなので、具体的な参考例も出して解説します。

メンズ美容系YouTuber

ここは、今後の開拓が進むはず。
現時点でのトップ層は、下記のあたり。

こんどうようぢ(登録数:30万人)

上記なのですが、たぶん中高生向けですかね。
たぶん「元々メイクが大好きで、好きなことを発信していたら、人気になった系YouTuber」ですね。

とはいえ、彼の場合は「コアすぎる」という問題があるかなと思い、要するに「メイクがガチ」なんですよね。

ここまでを求める男性層が少ないと思うので、僕はもう少し「ライトな層」を狙います。

具体的には「収入が高いビジネスマンで、人と会う機会も多いので、清潔感を保ちたい」というユーザーです。

独身でお金持ちが多い層なので、ここにメンズ美容品とかを売りたいです。
皆さんお金が余ってるし、買いますよね。

補足:メンズ美容で、月数百万は狙える

参考までに、ヒゲ脱毛でブログ記事を書くと、上位を取れば月収100万を超えます。
YouTubeでメンズ美容でポジションを取れたら、数百万かなと思っています。

マリファナ系YouTuber

これは先日にYouTube解説しました。

以前から「狙い目だな」と思っていたのですが、案の定でした。

上記の動画を出したところ「合計4社」からの広告&提携オファーが届きました。

公開して3日くらいで届いたので、やはりニーズはありますよね。
今後も届きそうな予感です。

しかし、現時点だと「僕の知識不足」という状態なので、良い商品の見極めができません。もう少し勉強&リサーチして、マリファナ分野に詳しくなったら、開拓していきます。

経営者向けYouTuber

ここは先ほどの「StockSun」が良い領域ですね。

経営者とかに向けて動画を作り、そしてリストを作ります。
その後に自社商品を売っていく感じですね。

悲報:大半の会社は、情報発信できない

ちゃんと知識がある人は、チャンスです。

というのも、大半の会社は「情報発信するほどのノウハウがない」という状態だったりしますので、ちゃんと知識のある人が、しっかり時間をかけて発信したら、すぐに売上が伸びるはず。

ちなみに最近だと「税理士YouTuber」とか「弁護士YouTuber」も増えていますが、僕が思うに「同業者向けの動画」とかもありかなと思っています。

税理士なら、税理士向けに「売上の伸ばし方」を発信して、同業者から収益化する感じですね。

補足:モトブログも良い

これは余談ですが、最近は「モトブログ系」もありかなと思っています。

モトブログとは、バイク系YouTuberです。
例えば下記です。

こちらのチャンネルは「登録数20万」とかなのですが、わりと狙い目だと思うんですよね。

というのも、バイク動画とかって「いい感じの映像を流しておけば、トークは適当でも成り立つ」という感じだからです。

なお、本人はもちろん色々な工夫をされていると思いますが、とはいえ「おもしろ系YouTuberよりも、圧倒的に効率的だな」と感じます。

というわけで、バイクじゃなくてもいいのですが、例えばサーフィンとか、あとはスキーとかですかね。
このあたりが好きなら、ずっと好きなことをして映像を撮っていたら、生活費以上は稼げそうな時代です。

YouTube時代は、素晴らしい

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。
控えめにいって、YouTube最高ですね。

すこし前に「好きなことで、生きていく」というキャッチコピーが流行りましたが、どんどん現実味を帯びてきていると思います。

なお、言うまでもなく「失敗する人も多い」という現実ですが、そういった人は「好きなことを発信しつつ、ビジネス視点を持つといいかも」と思います。

今回の僕の記事のように、ある程度は分析をして、そしてバズる動画を作っていけば、わりと生きやすい時代かもです。

それでは、以上にします。

YouTubeでオススメな撮影機材の紹介【カメラ・マイク・三脚】

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】