Written by Manabu Bannai

【2020年】これから稼げるビジネスとは【未来予想は、超簡単です】

LIFE Work

こんにちは、マナブです。

時代の波をみつつ、稼いできました。
月収8桁を超えたので、すこし安定しました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

これから伸びる領域って、簡単に予想できます。例えば、次のとおり。

・ゲーム
・人の拡張
・VRやAR
・暗号通貨
・音声配信

こんな感じ。投資家のお金を流れをみたら、分かります。僕はすべてに、小さくコミットしています。未来を見据えて、行動してますか😌

上記を深堀りします。
稼ぐ際には、かなり重要なテーマです。

これから稼げるビジネスとは【2020年】


繰り返しですが、下記のとおり。

  • ゲーム
  • 人の拡張
  • VRやAR
  • 暗号通貨
  • 音声配信

上記の分野で、なにかしらコミットしていますか?

僕は、すべての分野で「小さく張る」という感じで動いています。
ここを解説します。

ゲーム

ここは、間違いないですね。
下記は重要ですね。

  • eスポーツ
  • eスポーツ学校
  • ゲームの配信者
  • クラウドゲーム
  • ゲームのサブスク化

まず「eスポーツ」に関してですが、世界的に加速していますよね。

日本はすこし出遅れているかもですが、僕が住んでいるバンコクだと、大会の賞金も大きかったりして、盛り上がっております。

eスポーツの学校とは

これからは、eスポーツの学校も増えるはず。
すでに数件は出てきており、さらに考えると「ゲームの先生」とかも必要になりますよね。

僕は「ゲーム × ビジネス」あたりで、どこかで講義でもしてみたいです笑。

こういった「講師職」のニーズも高まります。

ゲーム配信者の未来と、クラウドゲーム

まず「クラウドゲーム」について解説すると、要するに「高性能PCがなくても、誰でも高品質なゲームができる時代」です。

Googleだったりの会社が、自社サーバーで重たい処理をしてくれます。プレイするユーザーとしては、軽量なデータ受信のみでプレイできるので、世界が変わると言われています。

こうなってくると、ゲームをする層が増えますよね。
そして、配信者の収入も上がる構造です。

ゲームのサブスク化について

最後に「ゲームのサブスク化」を解説します。
有名なサービスは、次のとおり。

  • Xbox Game Pass(特定のゲームがプレイし放題)
  • Apple Arcade(広告なしで大量のゲームをプレイ可能)

上記の感じで、サブスクが増えています。

SONYもサブスクを提供していますが、それは「PS Plus」という機能で、これがないと「オンライン対戦できません」といった月額課金サービスです。

海外勢と比べると、ちょっと狙いが違いますよね。
プラットフォームとしてのサブスクと、SONYの場合は「機能としてのサブスク」ですね。

僕は毎日、ゲームをする

ゲームは間違いなく伸びるので、僕はコミットしています。
コロナ期間では「毎日10時間のゲームプレイ」とかをしていました。

とはいえ、現状だと「まだ稼ぐのは、ちょっと難しいかな」という印象。
ゲームしつつ、市場をみつつ、考えています。

僕がゲームにフルコミットし始めたら、そこが稼げるタイミングかもです。

人の拡張

個人的に、かなり注目しています。
分かりやすい例が「ニューラリンク」ですね。

イーロンマスクさんが起業した会社で、脳ミソに電極を差し込みます。

そして「記憶障害、難聴、抑うつ、不眠、依存症、脳卒中、麻痺、発作」といった症状の回復を目指しています。

僕の思考:健全な人にも治療を

こちらのツイートのとおり。

ちょっと分かりづらいというか、、日本でこんなことを言ってるのは、ごく少数です。ほぼ居ませんね。

簡単に説明すると、幻覚剤とかの「体験」に着目しています。

幻覚剤とかって、ある意味で「人生を変える体験」を与えたりします。するとアルコール依存の患者にも有効だったりしますが、これを例えば「成功体験を植えつける」といった使い方があるのでは、、と思ったりしています。

たぶん伝わらないかもですが、僕は注目しています。
※この領域は、まだ研究が進んでいません。なので、現状は未知が多いです。

VRやAR

ここの領域は、Facebook、Apple、Microsoftが強いですね。

  • Facebook:オキュラスシリーズを多数発売
  • Apple:Appleグラスも、近いうちに発売予定
  • Microsoft:ホロレンズが有名ですね

上記のとおり。
そして、僕が思うに「SNSの次に来るのは、VR世界のプラットフォーム」だと思っています。

レディプレイヤーという映画がありまして、これを見ると伝わるはず。

もしくは、、、例えば「すばらしい新世界」という小説をご存知ですか。
下記の小説ですが、発売日は1932年です。

こちら「2540年の社会」が描かれていますが、ここでも「バーチャル・リアリティ」が描かれています。

とはいえ、それ以上の存在感が「ソーマ」ですね。

お酒とドラッグの悪い部分をすべて取り除いた薬品で、ストレスを感じたら、すぐに飲みます。すると、人間が幸福を感じる薬。

VRやARの延長線には、こういったディストピア(=理想郷の反対の意味)があるように、個人的には考えています。

思考停止して、幸福を感じれる世界ですかね。

暗号通貨

続いては暗号通貨です。

僕の場合は、現状だと「約1,000万円」の投資をしています。
今後も投資を増やそうと思っており、あと4,000万くらいは投下予定です。

チャートを見つつ、定期的に購入しています。

なぜ、暗号通貨が伸びるのか

暗号通貨というより、デジタル通貨といった方がいいかもです。

あとセットで「ブロックチェーン技術」ですね。
こういった技術を使うと、既存の金融の仕組みを、アップデートすることができます。

例えばですが、現在だと海外送金には時間がかかります。
しかしブロックチェーン技術を活用することで、セキュリティの自動化ができます。

要するに、人員削減につながるわけですね。
ヒューマンエラーを減らせるし、速度も早くなるし、間違いなく伸びるはず。

現状だと、中国では国家プロジェクトとしてデジタル通貨発行が進んでおり、カンボジアでも進んでいます。

タイだと、国債のブロックチェーン化が進んでおり、日本でも日銀が「CBDC」というデジタル通貨の取り組みをスタートしましたね。

音声配信

音声配信に関しては、わりとすぐにブームが来るかな、、と思ったりしています。
日本でどこまで伸びるか微妙ですが、間違いなくチャンスですね。

なお、この点は下記にまとめています。


上記のとおり。
そして僕は「StandFM」で配信をしていますが、参考までにデータ公開します。

上記のとおりで、思ったりよりも収益が大きかったです。
わりと狙い目なことが、わかるかなと思います。

チャンスありですね。

稼げるビジネスを、予想する方法【簡単】


めっちゃ簡単なのですが、それは「お金の流れ」ですね。

伸びる分野に、お金が流れる

資本主義はシンプルで「時代の流れ=お金の流れ」だと思います。

現代の場合、大雑把に解説すると「GAFAが取り組んでいる領域=これから伸びる」で間違いないと思います。

というのも、GAFA+Microsoftの時価総額を合計したら、日本の東証1部を超えますので。

これほどまでに、GAFAは巨大です。
そして研究投資、技術投資にも積極的です。

こうなってくると、もはや無双していますよね。
みなさんの生活でも、GAFAのサービスが無くなったら、かなり困る状態だと思います。

どうやって稼ぐか

伸びる分野は分かります。じゃあ、どうするか。
結論は「はやめに参入しておく」だと思います。

僕の状況をまとめます

  • ゲーム → 毎日プレイしています
  • 人の拡張 → ベンチャー企業に投資済み
  • VRやAR → 最新ガジェットが出たら買います
  • 暗号通貨 → 5,000万円を投資します
  • 音声配信 → すでに配信中。収益化も完了済み

上記の感じで、すべてに「少しずつの注力」をしています。
注意点としては「フルコミットは危険」だと思っています。

というのも、いつ伸びるかは分からないので、いきなりのフルコミットだと、稼げない時期が長くなります。

それだときついので、すこしだけコミットがいいかなと思います。

しかし、大半の人は動かない

結論は、次のとおり。

上記のとおりで、例えば「暗号通貨はチャンスです」といっても、みなさん動きません。

ビットコインの価格が急上昇したら、たぶん皆さん動きます。
それだと、ちょっと遅いんですよね。

なお、たぶんですが「音声メディアを始める人は増えるかな」と予想します。
なぜなら、僕がすでに収益化できており、すぐに稼げそうだから。

そういった感じで動いてもいいですが、もうワンテンポ早いと、さらにチャンスが増えたりします。

とはいえ、音声メディアは、まだまだ余裕でチャンスばかりです。狙いましょう。

失敗しつつ、ネタを増やそう

というわけで、今回は以上にします。
最後に、こちらのツイートをご覧ください。

上記のとおりで、挑戦と失敗はセットです。
スマートウォッチは、約3万円ほどしました。

以前にはVRキットも買ったのですが、それもタンスの中です。
色々と試すと、お金は減ります。

しかし、そのお金と引き換えに「新しい体験」ができますよね。
体験をすると、サービスの「本当の質」に気づけたりします。

例えばVRを試してみて、それで「あぁ、、VRはたしかに凄いけど、、まだまだの技術だな」と気づくなど。

このように、未来を予想しつつ、同時に体験しつつ、予想の質を高めるイメージです。

というわけで、コツコツとやっていきましょう。
世の中には、チャンスばかりです。

P.S:最近はブログ更新が少なめですが、しかし「テクノロジー発信のメルマガ」をやっています。無料で「最先端のテクノロジー」を学べます。気になる方は「こちらのリンク」から登録できます。是非どうぞ。