Written by Manabu Bannai

【結論】ブログテーマは3つに絞れ。かつ、そのテーマでSNS発信セヨ

Blog LIFE SEO

ブログのテーマで悩んでいる人「ブログのテーマを絞らないってどうなんだろう? これからブログを書こうと思うけど、テーマ選びに迷うなぁ…。思いついた記事を雑記として書いていけばいいのかな? 早くブログを成長させたいので、上級者の意見を聞いてみたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログのテーマを絞るべき理由【稼ぎやすいです】
  • ブログのテーマは得意分野の3つでOK【挫折防止】
  • ブログと同じように、SNSの発信テーマも絞るべき

この記事を書いている僕は、ブログ歴6年ほど。
現在は、このブログからの収益で生計を立てている感じです。

最近はTwitterでフォロワーが1万人を越えたこともあり、初心者からの質問が増えてきました。中でも多いのが、「テーマ選びはどうしたらいいですか?」という質問です。

結論は「テーマは3つに絞れ。かつ、そのテーマでSNS発信もセヨ」なのですが、本記事ではこの点を深掘りします。

※ブログ歴6年、ブログの月間収益200万くらいの僕が、経験から分かったことを、3分ほどでまとめようと思いますm(_ _)m

スポンサードサーチ


ブログのテーマを絞るべき理由【稼ぎやすいです】


雑記ブログでもいいですが、それだとアクセスが伸びづらいです。
アクセスが伸びづらいことは、稼ぎづらいことを意味します。

ブログで収益が生まれる仕組みとは

超ざっくり言うと、アクセスがあればお金は稼げます。
例えるなら、駅前のビルにある広告と同じです。

上記は見慣れている光景だと思いますが、広告主はビル所有者にお金を払っています。

でも、冷静に考えたら分かりますが、ビルの壁に広告を貼っているだけ、ですよね。こんなの誰でもできますが、それでもお金が生まれます。 その理由は「人の流れ」があるからです。

ブログでも駅前広告でも同じです

  • 渋谷駅前の広告:とても高い=人が多いから
  • 千葉駅前の広告:わりと高い=人がわりと多いから
  • 群馬駅前の広告:わりと安い=人がわりと少ないから
  • 人気ブログの広告:とても高い=人が多いから
  • 人気のないブログの広告:とても安い=人が少ないから

上記の感じ。

要するに「人が多い場所には価値が生まれる」ということです。 このあたり詳しくはブログで稼ぐことは可能だと断言します。理由+方法をセットで解説あたりをどうぞ。ブログで稼ぐ仕組みはシンプルですね。

アクセスが集まるブログの作り方

要するに「アクセスが多いブログ=稼げるブログ」なので、ブログで稼ぐにはアクセスを増やせばOKです。

じゃあ、どういったブログにアクセスが集まりやすいかというと、「ある程度はテーマは絞って運営されているブログ」ですね。

じゃあなんで、「ある程度はテーマは絞って運営されているブログ」にアクセスが集まりやすいかというと、「読者の知りたい情報が豊富になりやすいから」です。

具体例で考える:スマブラの最新作をググる場合

分かりづらいので具体例で考えてみます。

例えば、あなたが「スマブラの最新作」を検索するときに、Googleで[スマブラ 最新作]で検索したとします。

そうなったときに、「スマブラの最新作が発売されたニュースだけ」のサイトには価値を見出しづらいですよね。

もちろんピンポイントで知りたい情報はそこかもですが、それ以外でも「キャラクターも知りたいし、利用者の声も知りたいし、必殺技やコンボも知りたいし、動画解説やプロのプレイ動画も見たい」ですよね。

こういった理由もあり、「ある程度はカテゴリーが絞ってあるブログの方が、1つの情報を深掘りして解説できるので、結果としてアクセスが集まりやすい」という感じです。

裏返すと、「雑記ブログ=情報が分散しやすい=訪問者に豊富な情報を与えづらい=アクセスが集まりづらい=稼ぎづらい」という図式にもなりますね。

ブログのテーマは得意分野の3つでOK【挫折防止】


ここまで頭の良い読者さんは、このように考えるはず。

「それなら、カテゴリは1つで良くないか…?」

完全におっしゃる通りなのですが、1つでもいいですが、それだと「挫折しやすい」というデメリットがあります。 なので、これは個人的な意見ですが「カテゴリは3つくらいでいいかな」と思っています。

カテゴリの決め方とは

結論は、「好きな分野を3つ選べばOK」だと思います。

好きな分野の定義とは

無意識に3年以上、継続していること。

下記に貼った僕のTweetのとおりです。

なお、僕の場合だと「プログラミング・アフィリエイト・ブログ運営」あたりでした。なので、これらのトピックを扱っています。
※僕のブログは運営歴が長いので、カテゴリは3つ以上あります。

カテゴリが決まったら、SEOを意識してライティングするのみ

カテゴリが決まったら、SEOを意識してライティングを始めましょう。

「SEOってなにそれ?」という方は【完全な初心者向け】SEO対策の基本をマルっとまとめたので、見てねの記事をどうぞ。

ブログ初心者の方の中には「ブログ=自己表現ツール」と考える人もいますが、自己満足的なブログを書いても、届く層はとても狭いです(身近な友人くらい)。

なので、どうせならSEOとかを意識して、「読まれる&稼げるブログ」を作っていくことをオススメします。

なお、ブログ運営に関する詳しい話は【超初心者向け】ブログ型アフィリエイトの教科書【実名サイトを人生の母艦にしよう】でも解説しています。お値段は飲み会1回分なので、次の飲み会をキャンセルしつつ、ポチってみてください。

ブログと同じように、SNSの発信テーマも絞るべき


ブログ運営とSNSを切り離して考えている人もいますが、それだとモッタイナイです。

というのも、過去の僕がそうでして、「ブログはブログ」で「SNSはSNS」という感じで、ぶっちゃけSNSなんて遊びでしょ、と思っていました。

しかし、実際にちゃんとSNS発信をしてみて、ありがたいことに1万人フォロワーを越えたのですが、今思うことは「SNSはめっちゃ大切じゃないか・・・!」ということです。

SNSはブログ成長を加速させます

ブログ読者を増やすには、SEOから検索して流入した読者を増やすのが一番大切ですが、SNSからも集客すべきです。

その理由は「SNSから流入する読者は、あなたに興味をもって流入している可能性が高いから」です。言い換えるとブランディングなのかもしれませんが、まぁそのあたりはよく分かりません。

しかし、SEOのみで戦うよりも、SNSもかけ合わせたほうが、ブログ成長が早まることは、確実に間違いなしですので。

SNS発信もブログと同じ

基本的にSNSもブログも同じです。

ブログ&SNS運用で大切なこと

カテゴリを決めて、有益な情報を発信し続けること。

ぶっちゃけこれだけです。 そして、ブログアクセスが伸びるなら、それに伴ってSNSのフォロワーも増えますので、掛け合わせ的に成長することができます。

最初はもちろん難しいのですが、具体的なテクニックは世の中に公開されている時代なので。あとは、やるか、やらないかですね。

なお、Twitterの運用テクニックはTwitterでフォロワーを増やす方法【失敗する理由は超簡単です】で書いています。僕のフォロワーが4,000名のときに書いた記事ですが、その後は順調に増えまして、現在は1万人を越えました。なので、わりかし間違っていないはず。

あわせて、僕のTwitter(@manabubannai)もフォローしてもらえたら嬉しいです。というのも、フォロワーを伸ばすってことをある程度意識しつつ運用しているので、そこから勉強できるはずです。

というわけで、今回はこんな感じです。
この記事を閉じつつ、ブログテーマを3つ考えつつ、さっそく記事を書き始めましょう。

テーマが決まったけど、ネタはどうしようかな・・・と迷う人は、下記の記事もサクっと読んでいただけたら、参考になるはずです(`・ω・´)ゞ
» ブログが思いつかない人の問題点とは【本質的な解決策を解説するよ】

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】