Written by Manabu Bannai

ブロガーは「孤独」になるべき【孤独を使い、思考を深める方法】

LIFE

こんにちは、マナブです。
孤独と一緒に生きつつ、ブログで生計を立てています。

先日に下記のツイートをしました。

個人的な考えだけど、ブロガーは「孤独になるべき」だと思う。
文章を書く行為って、わりとクリエイティブだと思いまして、そういった行為をするときは、孤独じゃないとできません。友達と会話しながら文章を書くとか無理なので、孤独に苦しみつつ、自己対話を繰り返しつつ、非リアに生きると、書ける

ブロガーにとって、孤独は「武器」になります。
本記事では、孤独を使い、思考を深め、集中力を高める方法を書いていきます。

※すでに孤独なブロガーなら、あまり読む必要はないです。

スポンサードサーチ


ブロガーは、孤独になるべき


孤独じゃないと、文章は書けません。

会話のある環境=思考を深めることができない

文章を書くときは、外界をシャットアウトする必要がありまして、書いているときに話しかけられたら、思考を深めることができないです。

記事を書くときって、1つの事象を「とことん掘り下げて考える」という作業が必要なので、そこでかなりの集中力を使います。 なので、外界からの刺激(例:話しかけられるなど)があると、キツイですね。

※すこし極端かもですが、僕は誰かに話しかけられる環境だと、文章を書けません。

思考を深めるには、自己対話が必須です

思考は「広げること」と「深めること」が大切です。

  • 思考を広げる → 他人との会話
  • 思考を深める → 自己との会話

他人との会話は無駄じゃないです。
なぜなら、思考を広げる、ということに役立つからです。

しかし、思考を深めるには「自己対話」が必須なので、要するに切り分けて考えましょう、ということです。 なお、自己対話をするときは「雑念」が浮かびやすいですが、それを消しつつ、思考を深めることが大切だと思います。

文章を書き終えたら、孤独を捨てていい

完全に孤独になり、一人暮らしをして、自己対話をしまくりつつ、外界をシャットアウトして文章を書き続けたら、たぶん病みます。

アーティスト系の人って、悲しいことに自殺とかが多いですが、それって「作品作りのために孤独になって、最終的には精神が病んでしまうパターン」だと思います。

死んじゃったら意味ないので、そこまでやる必要はないです。

文章を書いて、思考を深める作業が終わったら、あとは積極的に外に出るとか、読書をするとかで、いわゆる「思考を広げる作業」をするのがオススメです。

人と会う時=ブログを書き終わっているとき

繰り返しですが、思考を深めるには、思考の体力を消費します。 なので、記事を書くのは朝がいいですね。

毎日の、一番最初のタスクとして「文章を書く」というのが、オススメです。 僕はこれを実践したら、ブログの月間収益を月200万まで伸ばすことができました。

最大の集中力と思考力でブログを書き、人と会ったりするときは「常に記事を書き終えている状態」で会います。 会話とかに「集中力や思考力」を使ってしまうと、記事が書けなくなりますからね。

ブロガーが孤独を利用して、集中力を高める方法


僕が使っている方法でして、参考までにどうぞ。

  • その①:話しかけられない環境に行く
  • その②:時間制限を設けない
  • その③:メッセージの通知は全てオフ
  • その④:エディタ以外は全て閉じる
  • その⑤:歌詞の聞き取れない音楽を聞く

順番に解説します。
意識的に孤独になれる環境に身をおきつつ、最大限の集中力を発揮しましょう。

その①:話しかけられない環境に行く

繰り返しですが、思考を深めるには、会話をシャットアウトすべきです。

偏見もあると思いますが、友達とカフェにいって、一緒に記事を書く、、、とかって、それじゃあ深い記事は書けないと思います。

友達と一緒にカフェにいくなら、別々で遠くの席に座りましょう。そして、記事を書き終えたら、一緒に話したりすればOKです。

その②:時間制限を設けない

文章を書くとか、絵を書くとか、音楽を作るとか、、、こういった作業には時間制限を作ってはダメだと思います。

時間制限がないからといって、記事を書きつつ、ダラダラとYoutubeを見るのはNGですが、「1時間で記事を書ききる」とかって決めるのもNGだと思います。

やるべきことは、PCでエディタを開きつつ、自己対話を繰り返しつつ執筆することです。時間の目安だけ書いておくと、3,000文字で2〜5時間かなと思います。
» 関連記事:ブログを習慣化する方法【驚くほどに効果的です】

その③:メッセージの通知は全てオフ

メッセージの通知は全てオフにしましょう。
スマホは電源を落とす感じでもいいと思います。

ダメな例としては、「ブログを書く→途中でメールチェック→またブログを書く」みたいな進め方です。 これだと集中力が分散するので、いつまで経っても完成しませんよ。

ブログを書くなら、1つのタスクに集中して、雑念(例:メールが気になるな)を消しつつ、最大の集中力を注ぎましょう。

その④:エディタ以外は全て閉じる

シンプルなエディタを使い、それ以外は閉じましょう。

なお、いきなりWordPressとかに下書きをするんじゃなくて、まずはワードとかに下書きした方がいいですよ。 その方が書きやすいですし、集中しやすいかと。

そして、「改行の位置調整」とか「文字修飾」とかは、記事を書き終えてからでOKです。文章を書きつつ、改行調整とかもすると、文章への集中力が分散します。

その⑤:歌詞の聞き取れない音楽を聞く

無音の環境ならそれでいいですが、僕はアップテンポの洋楽を聞いています。

とくに、作業用としてはクラブミュージック系が好きでして、機械音っぽい音声を聞きつつ、脳ミソをハイテンションにしつつ執筆しています。

※洋楽を聞くなら、Spotifyがオススメでして、僕が聞いているプレイリストは「Dance Hits」です。

孤独を味方にして、圧倒的に執筆しよう

孤独という言葉はネガティブに聞こえがちですが、孤独に向き合い、孤独を利用することで、文章の力を高めることができます。

というわけで、今回は以上です。
孤独と一緒に生きつつ、ブログを書きつつ、快適な人生をおくりましょう(`・ω・´)ゞ

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】