Written by Manabu Bannai

ブログで予約投稿を使うメリットは3つある【人生の満足度を高めよう】

Blog LIFE

ブログで予約投稿するかどうかを迷っている人「ブログで予約投稿するメリットを知りたい。ブログを始めたばっかりなので、予約投稿の使い道がいまいち分からない。ベテランの意見を聞いてみたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログで予約投稿を使うメリットは3つある
  • ブログの予約投稿とセットで覚えておくべきこと

この記事を書いている僕は、ブログ歴が6年ほど。 思考停止してブログ更新するだけじゃなく、収益アップも意識しており、ブログでの月商は250万円くらいになりました。

こういった背景の僕が、今回は「ブログを自動投稿するメリットや方法」について解説していきます。

スポンサードサーチ


ブログで予約投稿を使うメリットは3つある


次の3つです。

  • その①:読者の日常に溶け込める
  • その②:精神の安定に繋がる
  • その③:人生を楽しめる

その①:読者の日常に溶け込める

最大のメリットは下記の僕のツイートのとおり。

大切なこと

予約投稿を使い、毎日、同じ時間に投稿すること

こういった感じでブログ更新をルーティン化すると、固定読者を作りやすいです。

あと、仮に固定読者にならないにしても、ふとした空き時間に「あ、あの人のブログは更新されてるかな」と、サイトに訪問する動機にも繋がります。

予約投稿を単体で使ってもあまり効果はないですが、「予約投稿+毎日同じ時間」という要素が加わると、大きなパワーを生み出すと思います。

余談:毎日更新は効果ありすぎな件

僕はブログ歴6年ですが、もっとも効果的な施策は何かと聞かれたら「毎日更新」と答えます。 毎日更新しつつ、予約投稿を駆使しましょう。

その②:精神の安定に繋がる

毎日更新をする前提の話ですが、予約投稿で3日くらい先まで設定しておくと、心の安定に繋がります。

仮に、毎日19時に更新する、とかって決めたとしても、その日が忙しくてブログ執筆の時間がないと、、、「はやくブログを書かないと…」という心理状態で1日を過ごすことになります。

予約投稿せずに毎日更新していた頃の僕は、たまにこういった状況でした。
すると、その1日はそわそわするので、、、萎えますね。

しかし、予約投稿してからは、QOL(人生の質)が向上しました。

余談:僕は3〜5日先まで予約投稿済み

最近は570日くらいブログを毎日更新していますが、基本的には3〜5日先まで予約投稿しているので、精神が安定しています。風邪とかをひいても、毎日更新はストップしません。

その③:人生を楽しめる

これも毎日更新する前提の話ですが(予約投稿は毎日更新とセットで使うべき機能です)、そもそも論として「毎日ブログを書くのは、シンドイ」ということがあります。

基本的には毎日書いたほうがいいですが、友達とディズニーランドとかにいったら、その日は書けないですよね。

そういった日も、ディズニーとかでスマホでブログを書いていたら、、、わりと人生を損していると思います。 ブログは人生を豊かにするためのツールなので、そこに振り回されるのは良くないです。

予約投稿することで、ちゃんと人生を楽しもう、という気持ちに繋がります。

余談:昔の僕は、友達と遊ぶ日にも記事を書いていた

友達と旅行しているときも記事を書いており、当時は「これくらい頑張るべきだ」と自己正当化していたけど、、、よくよく考えたら「たまにはオフがあってもいいでしょ」という思考になりました。

ブログは基本的には仕事という位置づけですが、仕事よりも友達を優先すべきですね。

デメリットは、記事の鮮度が低下すること

例えば、予約投稿で7日くらい貯めていると、記事の鮮度が低下します。

ブログを書くときって、なんだか「テンションがすこし高い状態で書く」という場合が多いのですが(たぶん似ている人も多いはず)、熱を込めて書いた記事が、予約投稿で7日後とかに公開されると、、、なんか萎えます。

公開日に自分の記事を読み返しつつ、鮮度が失われたな・・・という気持ちになります。ここはかなり抽象的な話ですが…。

対処方法:予約投稿の日付を入れ変えたらOK

記事執筆後に「この記事は、鮮度が落ちたら微妙だな・・・」と感じるなら、予約投稿を翌日にして、翌日公開予定だった記事の日付をずらしたらOKです。

鮮度が落ちるからすぐに公開すべきという人もいますが、僕は予約投稿を使って、心の安定を重視したいので、すぐに公開はしないようにしています。

ブログの予約投稿とセットで覚えておくべきこと


結論は、Twitterでの拡散時間は、ABテストをしましょうということ。

基本的には、夜が良いかも

これは人によって異なりますが、僕のブログ読者は「個人で稼ぐ力を身に着けようとしている人=現在は会社勤めしている」という感じなので、3パターンでテストしてみました。

  • 朝の時間:通勤中に読んでもらえるように、9時くらいにツイート
  • 昼の時間:ランチ中に読んでもらえるように、13時くらいにツイート
  • 夜の時間:寝る前に読んでもらえるように、22時くらいにツイート

結果としては、夜の時間の方が反応が高かったので、最近のブログ更新ツイートは、夜の22時くらいにしています。

ブログ更新ツイートのサンプル例

Twitterの反応が低すぎる場合の対処方法

よくある話で、ブログ更新をツイートしても、フォロワーからの反応が低すぎる、という状況があります。

問題点:フォロワーが求めていない記事をツイートしている

解決策はシンプルで、フォロワーが求める内容と、ブログでの発信内容を統一したらOKです。

よくある失敗例としては、Twitterではブロガー系の人と交流して、ブログでは英語学習情報を発信する、といった感じですね。

  • ブログでの発信 → 英語学習の情報を発信している。
  • Twitterでの交流 → ブロガー層と交流している。なぜならブログ運営の情報収集をしたいから。

上記の場合だと、フォロワーとブログ記事でのミスマッチが起きているので、まずはTwitter運用を変えたほうがいいですね。

具体例には「Twitterはブログ集客のツール」という立ち位置なので、Twitterで交流する対象を「英語学習に興味関心のある層」にシフトすべきです。 そして、Twitterからブログ運営の情報収集をしたいなら、サブアカウントとかに切り替えたほうが良さげです。

SNS運用にも、本気を出そう

ちょっと話が脱線気味ですが、現代だとブログ単体だと戦うのが難しい時代です。
なので、「予約投稿+毎日更新+読者の多い時間に更新ツイート」という3つを駆使すべきですね。

そして、そもそもフォロワーが多くないとアクセスが入ってこないので、ブログを書きつつも、Twitterでも有益な情報発信を続けて、徐々にフォロワーを増やすべきかなと。

なんだか大変に聞こえるかもですが、ネット広告市場は伸び続けているので、ブログやSNSで稼ぎやすい時代です。 すぐに稼げるとかは難しいですが、徐々に積み上げつつ、アクセス数や発信力を高めていきましょう。

というわけで今回は以上です。
最後に、フォロワーの増やし方も、下記に貼っておきますね。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】