Written by Manabu Bannai

【事実】ブログで「質の高い記事」を書く方法【記事を資産にしよう】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。
このブログで月200万くらい稼いでいます。

本記事のテーマ

ブログで「質の高い記事」を書く方法。

ブログは質が大切だ、みたいな話がありますが、そもそも「質」ってなんですか?
文章の綺麗さ? 意見の鋭さ? 情報の網羅性?

結論は「市場の評価次第」だと思いまして、ここを解説していきます。

スポンサードサーチ


ブログで「質の高い記事」を書く方法【3種類あります】


そもそも論として、「質の高い記事」ってなんですか?

質の高い記事の結論

市場から評価されている記事

市場評価は数字で測れます。
数字で測れる=改善できる、ので、おすすめな指標です。

市場評価の高い記事とは

より具体的には下記のとおりです。

  • その①:検索からよく読まれる記事
  • その②:ソーシャルでバズる記事
  • その③:売上増加に繋がる記事

上記の3パターンでして、これらを意識して記事を増やしていくと、徐々に「アクセス・サイト知名度・サイト収益」が伸びていきます。

その①:検索からよく読まれる記事の書き方

上記の記事をどうぞ。 最初は少し難しいかもですが、SEOを意識しつつ書き続けたら、徐々に慣れてくるかなと思います。

ブログで月200万くらい稼ぐ僕ですが、基本的に使っているテクニックや知識は、上記の記事で紹介しているとおりです。

その②:ソーシャルでバズる記事の書き方

ここは色々な方法がありますが、シンプルに「ソーシャルでの影響力を高める」というのが大切だと思います。

反社会的な意見を書くと、バズったりもしますが、とはいえ誹謗中傷も増えるので消耗します。 それよりも、ソーシャルでのフォロワーを増やして、記事が安定的にバズる、という状況が理想かなと思います。

その③:売上増加に繋がる記事の書き方

売上を伸ばすには、稼げるキーワードで上位を取るべきでして、その方法は上記の記事にまとめました。なお、稼いでいる記事も公開しちゃっているので、控えめにいって、かなり参考になる記事だと思います。

ブログで稼ぐために、100記事を書く必要はないです。

「ブログで稼ぎたいなら、まずは100記事」みたいな話がありますが、事実ではあるけど、言葉をそのまま理解してはダメです。

言葉をそのまま理解しちゃうと、「100記事を書いたら、稼げる」みたいに考えがちですので、それは手段と目的が混合しています。

手段と目的を混合してはいけない

目的は売上を伸ばすことだと思いますので、そのための手段として記事を書いている訳ですよね。 

なお、ブログでの稼ぎ方なんて自由なので、別にサボってもOKです。
最高の状態とは、何もせずにお金が入ってくる状態だと思いますので、「每日、絶対に記事を書かないとダメだ」とかではないです。 ※每日更新すると、ライティング力が伸びることは事実です。

ちなみに、これは読書でも同じですね。
読書の目的は「知識を身につけること」でして、その手段として「本を読む」という行為をしています。なので、最高の状態とは、本を読まずとも知識を身につけることでして、要するに「全ページをくまなく読む」とかって、あまり価値はないです。

繰り返しですが、「知識を身につけるための読書」なので、「知識を身につけるために必要なページのみ」を読めばOKですね。

ブログで質の高い記事を書くには、「成功体験」が大切な話


ここまでをおさらいします。

質の高い記事とは「市場から評価される記事」でして、要するに「①検索からよく読まれる記事、②ソーシャルでバズる記事、③売上増加に繋がる記事」ですね。

それぞれ①〜③の詳細は前半の段落で語ったとおりでして、わからない場合は前半にもどって、参考記事を読んでみてください。

そして、①〜③の詳細に加えて「成功体験」も必須だと思います。

ブログで成功体験を積むことの重要性

成功体験を積むことで、自分なりの成功パターンが明確になります。

有名ブロガーを思い出してみてください。
みなさんのブログ運営スタイルって、少しずつ違っていますよね。

共通点としては、膨大な量をこなしている、という点かなと思いますが、記事の書き方とか、更新頻度とか、ソーシャルの運用方法とか、、、みなさん異なります。

なぜかというと、みなさん「自分なりの勝ち方」があるからでして、この「勝ちパターン」を作るために、ブログでの「成功体験」が大切だと思います。

ブログでの勝ちパターンを構築する方法

基本的には次の手順です。

行動する→分析する→次に施策を考える。

※ポイント:初心者こそ、ソーシャル分析に力を入れるべき

繰り返しですが、質の高い記事とは「市場から評価される記事」でして、それは要するに「①検索からよく読まれる記事、②ソーシャルでバズる記事、③売上増加に繋がる記事」ですね。

しかし、①と③の検証には時間がかかります。

基本的にはSEO系の施策になるので、最低でも様子見の期間が3ヶ月はかかります。 つまり、最初の0〜3ヶ月までは、ソーシャル分析が中心になる、ということです。

ソーシャルなら、すぐに反応がきますので「行動→分析→次の施策立案」を高速回転することができます。

ソーシャル分析の手順

次のとおり。

  • 手順①:記事を書く
  • 手順②:記事をシェアする
  • 手順③:翌日に記事PVを確認する

基本的にはこれだけです。
記事を書いたらシェアして、翌日に何回読まれたかを見ます。

ポイントとしては「記事単位でチェックすること」です。
すると、本当にすこ〜しずつですが、ソーシャルからの流入が増えていくのが見えたりしますので。

残念な点:基本的には絶望します

ソーシャルでシェアしても、よくて30名くらいの流入だと思います。
每日記事を書いても、每日30名くらいです…。わりと萎えます。

しかし、嫌な数字から目をそらしたらNGですので、萎えつつも数字をしっかり見つめましょう。そして、「なんで30名しか、読みに来ないのか」と每日考えるべきです。

すると、たまに「ソーシャルから反応の良い記事」が生まれたりしますので、その際に「なんで、この記事はよく読まれたのか」と考えるだけです。

これを繰り返すことで、「自分なりの成功パターン」が見えてきまして、僕の場合は、ありがたいことに、毎回1,000名くらいの読者さんが流入するようになりました。
※480日くらいブログを每日更新した結果です。

注意点:ソーシャル流入を狙う時も、キーワード設定は必須です

ここは人によって意見が分かれる部分ですが。僕は記事を書くなら「資産にしたい」と思っています。

じゃあ、「資産になる記事は何か?」と聞かれたら、それは「長期的に読まれる記事」でして、長期的に読まれる記事とは「検索から安定的にアクセスが流れてくる記事」です。

なので、常にSEOキーワードの設定は必須ですね。

ソーシャル流入を狙って記事を書きつつも、しっかりとSEOキーワードも狙う感じです。慣れるまでは難しいですが、徐々にコツを掴めるはずです。

※SEO流入を増やすための方法は、先ほども貼りましたが「SEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】」が参考になると思います。

というわけで今回は以上となります。
質の高い記事を増やし、ブログを成長させ、徐々に人生の難易度を下げていきましょう。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】