Written by Manabu Bannai

【ブログ論】毎日更新ができないなら、無理しなくてOKです【脱・消耗】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。

ブログを毎日更新しています。
現在は「870日」くらい連続更新しました。

先日に下記のツイートをしました。

そういえば、僕が「ブログを860日くらい毎日更新しました」と言うと、よく「凄いですね」と言われますが、、違和感を感じます。
というのも、日本人の大半は、毎日通勤するじゃないですか。僕は通勤とかせずに、自宅で記事を書いてるだけですよ。というか、専業ブロガーとかなら、毎日更新は余裕です

今回は「無理して、毎日更新しなくてもいい」という話です。

ブロガーとして稼ぐことは、ぶっちゃけ難しいです。
本心から執筆しましたので、3分ほどお付き合いくださいませ。

ブログの毎日更新ができないのは、問題ないです


無理して毎日更新しなくて、大丈夫です。
というか、毎日更新ってめっちゃハードですからね。

僕は専業なので大丈夫ですが、元から専業だった訳じゃないです。
副業ブロガーのときは、週3回とかの更新でした。

僕が「毎日更新」を始めた理由

理由はシンプルで「アクセルを踏めば、もっと伸ばせると感じたから」です。
ちょっと過去を振り返ります。

副業ブロガー時代(週3回の更新)

元々はエンジニア兼マーケターでした。
企業さんの自社サイトを作ったり、あとはWebメディアを構築したり、あとは運用代行とかもやっていました。

こういった仕事をすると、言うまでもなく「Webマーケティングの知見」が貯まります。なので僕は「よし、自分の知識をアウトプットしていこう」と決めました。

副業→専業へのシフト時期(毎日更新)

副業的に書いていたブログですが、幸いなことに伸びてきました。
誰よりもSEO知識があると自負していたので、1記事6時間くらいをかけて執筆していたのですが、効果があったようです。

そしてブログからの収益も伸びてきたので、毎日更新をスタートしました。とはいえ、毎日更新を始めたときは「とりあえず、やってみるか」という気持ちでした。

毎日更新から15ヶ月で、専業決意

文字にするとインパクトが少ないですが、僕は「毎日更新を15ヶ月」ほど継続し、そこで「専業ブロガーになろう」と決意しています。

かなりゆったりペースじゃないですかね。
とはいえ、それくらいブロガーは難しいと思っていたので、慎重でした。

あと、プログラミングスキルやSEOコンサルの知見もあるので、ブログがオワコン化したら、すぐに前職に戻れます。
これで心が安定です。

悲しき事実:専業ブロガーは難しい

これは間違いない事実ですが、ブログで稼ぐことは難しいです。
月5〜20万くらいは、わりと達成可能ですが、もし「月100万を継続したい」とかだと、ハードです。ここだけは、ご了承ください。

そして、完全初心者がいきなり「よし、毎日更新をしよう」と決意しても、スーパーハードです。
成長できることは事実ですが、シンドすぎたら一旦の休憩もありです。

というのも、僕自身も何度も毎日更新で挫折しているからです。合計で3回くらい挫折しましたね。

しかし、ブログ歴が伸びて、ライティング速度が上がり、そして収益も増えてきたので、最近は安定して更新できています。
簡単そうに見えるかもですが、実はスーパーハードです。

なお、毎日更新する際に「適当な記事を書く」とかなら、余裕です。
しかし、僕が言う毎日更新とは「現時点で最高品質の記事を、毎日書く」です。

きつすぎて泣きますよ。

朗報:ブログは人生を豊かにする

ここまで読んで「やっぱりブロガーは無理か…」と思うかもです。
それは事実かもですが、とはいえ「ブログは、人生を豊かにする」という事実があります。

知識を得たら、ブログで定着化しよう

例えばですが、本業を通してなにかを学びますよね。
その知識を文章化して、分かりやすくまとめる感じです。
最初はこれでいいと思います。

更新頻度も、低くてもOKですよ。
例えばですが、下記の記事のイメージです。

これは昔の僕の「ヒット記事」ですが、当時の僕は「Web制作は、わりとマスターしたな」という状況でした。なので、その方法をまとめた感じです。
こういった記事を徐々に積み上げると、伸びます。

なお、もしかすると僕の記事をみて「質が高すぎ…」と感じたかもですが、そうでもないです。

プログラミングは3年くらい学んだ領域だったので、その3年の知識をまとめたら、誰でも書けますよ。
ちなみに、1記事で20時間くらいかけたと思います。

ブログで消耗する人に、本心から伝えたいこと


結論は「本業を頑張りましょう」です。

ブログで稼ぐ人=本業で成果を出している人

ほぼ間違いないと思いますが、ブロガーとかって優秀です。
みなさん会社でも成果を出してるはずです。

なので、ブログとかで稼ぎたいなら「まずは本業を頑張る」が大切だと思います。
そして本業を頑張ったら、そこで「知見」が手に入りますよね。そしたら、その知見を「惜しみなくブログで公開」していけばOKです。

多くの人は「ブログで稼ぐ→独立」を考えていますが、正しくは「まずは本業とかで成果を出す→成果を出す過程で得た知見を、ブログに書く→1〜2年でブログの訪問者が増える→独立する」という順番です。

もっと夢をみたいかもですが、これが事実ですよ。

本業の領域は、Webマーケが良い

これは何度も書いていますが、ブログにせよ、YouTubeにせよ、その本質は「Webマーケティング」です。
なので、この領域で成果を出したいなら「Webマーケティング業界」で働くべきです。

僕もWebマーケ業界の出身ですし、例えばイケハヤさんもSNSマーケ業界の出身です。
はあちゅうもSNSマーケです。

その他にも有名ブロガーやインフルエンサーがいますが、彼ら彼女らの経歴をみると、大半は「マーケティング系」の経歴があるはずです。

マーケティング会社で働けば、毎日8時間の業務を通して、ブログ運営のノウハウを学べますからね。
控えめにって、お得すぎです。

Webマーケ会社の、選び方

お問い合わせとかで「おすすめの会社を教えて下さい」と言われるので、参考までに書いておきます。
しかし転職とかは自己責任なので、僕とかに相談するのは良くないですよ。

その①:ECコンサル系の企業


あまり知られていないですが、ECコンサルは儲かります。

そして、こちらの会社は「従業員数が17名」で、売上は「9億円」と書いてあります。
この数字から「生産性の高い会社だな」と分かりますよね。

そして、少人数の会社なので「フレキシブルに働けるかな」と思いました。大企業だと、業務が仕組み化されていますので。
仕組みの中で学んでもいいですが、たぶん少人数の方が、高速で学べます。
» 求人を見てみる

その②:自社サービス系の企業


こちらは自社サービスを運営している会社です。
自社サービスで成果を出しているということは、ちゃんとノウハウのある会社です。

なお、すこしブラックな話をしておくと、ぶっちゃけ「大半のWebマーケ企業は、ただの営業部隊」だったりします。

知識がないのに営業力だけが強くて、受注はできるけど、すぐに解約される感じですね。とはいえ、これでも儲かってしまう業界なので、闇は深いです。

そして求人に話を戻すと、こちらの企業は「社員数18名で、売上5億」と書いてあります。かなり生産性が高いですよね。
優良企業なのでは、、と思ったりです。
» 求人をみてみる

その他にも求人は多いので、探してみるといいと思います。

参考:僕が求人検索した方法


上記の赤枠を参考にどうぞ。
マーケティングジャンルで検索しつつ、フリーキーワードの部分に「SEO」と入力しています。これで探せます。

あとは、非公開求人もあるので、求人サイトに登録したら、オファーされるかもです。ここはあなたのスキル次第です。

下記が大手求人サイトです。

なお、1つだけ注意点を書いておくと、大切なことは「会社の雰囲気との、マッチング」だと思っています。
面接を受けてみて、合う合わないがあると思うので、そこで判断するのが吉です。

というわけで、今回はこれくらいにします。
ブロガーを目指す方向けに、本心で執筆しました。

もしかしたら「遠回りだな…」と感じたかもですが、実は「急がば回れ」ですよ。
まずは効率的に知識を得ると、成長が早くなります。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】