Written by Manabu Bannai

ブログが伸びない人に伝えたいこと

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。
先日に下記のツイートをしました。

✅ブログが伸びない人に伝えたいこと
1.書きたいことを書くな
2.自分の感情を、捨てろ
3.社会のトレンドを読め
4.無意味な記事は書くな
5.量が大切。質は後から

僕は4年ほどブログで伸び悩みました。これらを意識したら、もっと早く伸ばせたはず。重要なエッセンスをまとめました

ブログ運営の本質論です。
ブログが伸びない人は、読んでみてください。

ブログが伸びない人に伝えたいこと


冒頭ツイートのとおり。順番に解説していきます。

1.書きたいことを書くな

基礎的なところですね。

書きたいことを書くと、読まれません。
必要な情報を書くと、読まれます。

ブログで自己表現は不要

よくある話で「ブログで自己表現できる」といった話がありますが、自己表現してもOKです。しかし僕はやりません。

なぜなら、自己表現しても、自分が圧倒的に有名じゃないと、誰にも届かないから。

例えば、宇多田ヒカルくらい有名なら、自己表現でいいと思います。オリコン1位を量産できるくらいの知名度なら、自己表現もあり。

しかし、多くの人はそうじゃないですよね。
それなら「全力で、届ける工夫」をしないといけません。

  • どうやったら、バズるか。
  • どうやったら、読まれるか。
  • どうやったら、拡散されるか。

ここを徹底的に考え、時には苦痛を感じつつも執筆します。
そして、徐々にアクセスが増えてきたら、全体の1%くらいに「自己表現」を入れてもいいかもです。

2.自分の感情を、捨てろ

これは1つ目の条件にも似ています。

人間がショックを受ける構造とは

多くの人は落ち込みます。ショックを受けます。
その原理を探っていくと、実は「理想と現実のギャップ」に苦しんでいる場合が多いです。

こうあって欲しいという感情を、消す

ブログを書く際に「これが正しいはず」といった自分の感情は、消すべき。

捨てるのがベストですが、感情を捨てるのは容易じゃないです。
なので、僕は消しています。

消せるなら消してください。僕は消せるように努力中です。

感情を消すと、心がフラットになる

感情を消していくと、ブログが伸びなくても何も感じません。
伸びないという事実を受け止めて、次に「じゃあ、どうやって改善するか」という思考が生まれます。

このプロセスを、完全に真顔で実施する感じですね。

3.社会のトレンドを読め

ここまで読んでいただきありがとうございます。
まだ続きますが、ここで質問があります。

現代社会のトレンドを思いつくだけ教えてください。

上記が質問なので、ちょっと考えてみてください。
といっても、大半の人は考えずに読み進めますよね。

僕もそうですので、下記が答え。

  • 副業ブーム
  • AI / VR / ARブーム
  • フリーランスブーム
  • プログラミングブーム
  • ブロックチェーンブーム
  • シェアリングエコノミーブーム

例えば上記ですが、他にもあります。

そして結論は「こういった分野を狙いましょう」ということです。
もしくは、自分の得意分野にこういった情報を混ぜるとかもあり。

やはり、社会の関心が多い領域で発信すると、伸びやすいはず。
僕はここを無視して発信して、伸び悩みました。

4.無意味な記事は書くな

全ての記事の、意味を考えましょう。
サッカーを例にすると、下記のとおり。

  • ゴール用の記事
  • アシスト用の記事
  • 守りを固める記事

上記なのですが、伝わりますかね。
要するに下記です。

  • ゴール用の記事  → 収益化記事
  • アシスト用の記事 → 収益化記事に読者を流す記事
  • 守りを固める記事 → 収益化記事の順位を上げるための記事

上記の感じです。

無駄な記事を書いている時間はありません。全ての記事に意味づけをして、そして目的達成のために書くべき。

なお、収益化がすべてじゃないので、たまに「フォロワーを増やすための記事」とかも書いてOKです。このあたりは、下記も参考にどうぞ。
» 【アフィリエイト】ビッグキーワードで上位表示させる方法【7桁いける】

5.量が大切。質は後から

これはよくある議論ですね。

結論は「どっちも上げろ」なのですが、僕が思うに「まずは量」だと思います。
なお、ここでいう「量」とは「ブログを書きまくれ」という訳じゃないです。

ブログを書きまくってもいいですが、それよりも「行動量を増やすべき」と思います。もっというと「挑戦回数を増やすべき」ですかね。

そして行動していくと、経験から蓄積されたノウハウが貯まります。
そして、経験したことなら、たぶん文章にもできます。

これが結論です。

ブログを本気で伸ばすなら、環境も変えよう


下記をご覧ください。

これが本質なのかなと思っており、やはり「環境」が大切です。

稼いでる人の周りには、稼いでる人がいる

昔の僕は不思議でした。
というのも、ネットで稼ぐ人を見ていると、その大半は「身の回りの友人も稼いでる」という感じだからです。

そして、さらに観察していくと、周りの人が稼げなくなると、そのコミュニティ全体として、稼げない人が増えていったりします。

環境が人を成長させる

こういった事実から、環境の大切さに気づきました。

そして僕も同じ状況で、周りに稼いでる人が増えたら、自分も成長できました。

周りに稼いでる人がいないなら、まだ挑戦量が足りていないかもです。
挑戦して、小さな成果を積み上げると、環境も変わります。

ノースキルでも、環境は変えれる

結論として「ブログを仕事にしてしまう」という感じです。
ブログやアフィリで稼ぐ人を観察すると、下記の業界出身者が多いです。

  • Webマーケティング業界
  • SNSマーケティング業界
  • SEOマーケティング業界

例えば上記で、要するに「マーケティング会社の出身者が、ブログだったりで稼いでる」という事実です。

僕もマーケティング業務を経験しており、過去には多くの企業の「SEOコンサル」を経験しました。そしてノウハウを貯め、自分のブログに適用していきました。

なので、要するに「転職もありです」ということです。

一時的には給料が下がるはず。しかし、人生で成果を出すには「変動率」が大切です。
安定だけを求めたら、上にも下にもいきませんからね。

しかし、いきなり転職は良くない

ここで僕は「転職サイトはこちらをどうぞ」のリンクを貼れば、たぶん登録者が増えます。そして、僕にアフィリエイト報酬が入ってきます。

しかし、お伝えすることがあります。

大切なこと:まずは自分で頑張ってみる

シンプルですが、まずは独学で頑張りましょう。
限界まで挑戦して、限界までブログを伸ばしてください。

できれば月間1〜3万PVです。ここまでいける人は、Webマーケティング業界でも楽しめるので、転職してください。

そして、転職するときに「ブログ運営しています」と面接で話しましょう。
これがあなたの実績になり、待遇も良くなります。

これがお伝えしたかったことです。

継続努力で、人生は改善していく

というわけで、ブログに限らずですが、継続していきましょう。
そして改善。下記を、またご覧ください。

ブログ運営の本質論

  • 1.書きたいことを書くな
  • 2.自分の感情を、捨てろ
  • 3.社会のトレンドを読め
  • 4.無意味な記事は書くな
  • 5.量が大切。質は後から

ブログにおいては、これが重要です。

YouTubeとかでも同じです。SNS発信でも、わりと共通点が多いです。
このあたりを意識して、メンタルを安定させつつ、淡々と作業ですね。

僕も毎日作業していますので、モチベ装置として僕のTwitterを見ていただけたらと思ったりです。それでは、今回は以上にします。
» マナブ@バンコク(@manabubannai) / Twitter

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】