Written by Manabu Bannai

ブログを時給換算すると、精神的に絶望する件【1年で1億円を稼ぐ方法】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。
ブログで月250万くらいを稼ぎつつ、生きています。

先日に、下記のツイートをしました。

ブログを頑張りたいなら、まずは月3万を稼ぎましょう。
不屈の精神で鬼作業して、サイコパスな精神で広告を貼り付ければ、どう考えても月3万はいけます。そして、月3万くらい稼げたら、作業量を増やせば5〜8万はいけますので、なんとか生きれます。ここで精神的な自由を獲得する

結構拡散されまして、10万人くらいに届きました。
そして、次のコメントをいただきました。

まさにですね、というコメントです。
というわけで今回は「ブログを時給換算する件」について解説してみます。

スポンサードサーチ


ブログを時給換算すると、精神的に絶望する件


ブログを時給換算すると、50円とかで絶望するだけです。
まずは「働いた時間だけ、お金が貰える」という思考を捨てましょう。

1年間で、1億円を稼ぐ方法

世の中には、色々な人がいまして、例えば次のとおり。

  • 猛烈に働いて、1年間で300万円を稼ぐ(労働者)
  • 週休3日で働いて、1年間で1億を稼ぐ(事業家)

例えば、ZOZOTOWNの社長とかだと、1日6時間労働とかで働いて、1年間に数十億を稼いだりしていますよね。

労働者と事業家の違いとは

違いはなにかと言うと、市場からお金を貰っているか、もしくは、経営者からお金を貰っているか、という部分です。

  • 労働者:会社に労働力を売って、働いた時間分だけ給料を貰う。
  • 事業家:市場からお金を貰う。商品が売れたら収入になる。

上記のとおり。 なお、ブログの場合は「記事という商品を世の中に生み出して、そこから収入を得る」というモデルなので、時給換算が当てはまらない働き方です。

時給脳は、捨てておいた方がいい

自分の力で稼ぐなら、働いた分だけお金が貰える、という思考を捨てるべき。

ブログ初心者にありがちですが、例えば「毎日1時間は、ブログ作業をする」という考え方は、時給脳に近いですね。 極論をいうと、別に1時間を使わなくても良くて、要するに「記事を生み出せばOK」ということです。

なので、目標としては「毎日1記事を生み出す」みたいな感じが良いです。 ポイントとしては、「時間」じゃなくて「成果」で目標を設置することです。

苦難に立ち向かう意味とは

人によっては、そこまで頑張って稼がなくてもいい、、、という人もいるはず。
それはそれで良くて、その場合は会社勤めを続けて、幸せな人生を送るのもありです。

僕がブログを頑張った理由

参考までに僕がブログを頑張った理由は、下記のとおりです。

  • 通勤するのが嫌だった
  • 朝起きるのが辛かった
  • 満員電車が、辛すぎた
  • 南国に、住みたかった
  • 怒られるのが嫌だった
  • もっと、旅したかった

他にもいくらでもあるのですが、とりあえず社会に出るのが嫌すぎて、黒いスーツを着て満員電車に乗ったら、人生が終わると思っていました。※偏見も多いです。

シンドイ時期も長かったですが、今はブログで暮らせるようになりました。

お金稼ぎには、確実に「慣れ」がある

なんだかんだでブログ歴は6年。

ずっとブログを書いていた訳じゃなく、途中でプログラミングを勉強したりもしていましたが、ブログでもプログラミングでも、月収100万を超えることができました。

今となって思うのですが、お金稼ぎには、確実に「慣れ」がありますね。
世の中には連続起業家とかもいますが、まさに典型かなと。

僕はあのレベルにいける気はしていませんが、月100万くらいのビジネス構築なら、わりと慣れてきました。 なんとなく道筋がイメージできるので、別業種で戦っても、たぶんそれなりに稼げる気もしています。

そして、仮に「月10万」とか「月20万」とかの目標なら、ほぼ確実にだれでも到達できるはずなので、まずはチャレンジしてみるべきだと思います。

ブログの時給換算だけじゃなく、他にも落とし穴がある


大半のブログ初心者は、時給換算とかで絶望して離脱します。
こういった落とし穴が他にもありまして、下記のとおり共有します。

  • その①:友人からの忠告
  • その②:諦めが早すぎる
  • その③:稼ぐ人に会ってない

その①:友人からの忠告

断言しますが、成果を出していない友人からの忠告は、スルーすべき。

人って、良くも悪くも「経験からしか、アドバイスできない」と思いまして、サラリーマンを続けている友人に「ブログってどうかな?」と聞いたら、聞く前から答えは予想できますよ。

すこし考えたら分かりますが、サラリーマンを続ける友達にとっては、ブログで稼ぐとかって「ある種の、自分の過去を否定すること」にも繋がりかねないので、悲しいですが、全力で応援されることって、少ないと思います。

一方で、ブログで成果を出している友人なら、的確なアドバイスが返ってくる可能性が高いです。ブログで頑張ることを伝えたら、戦略やジャンルを聞かれて、その後に適切なアドバイスなど、という感じですね。

というわけで、すこし悲しいですが「未経験者である友人からのアドバイス」に関しては、たぶんスルーした方が良い、と思います。

その②:諦めが早すぎる

100記事がスタート地点ですね。
300記事くらいで、すこしは数字が出てくるかなと。

もちろん、数が全てじゃないので、分析も必須です。
下記の僕のツイートをご覧ください。

上記はアフィリに言及していますが、ブログでも同じです。
まずは数をこなさないと、スタート地点にすら立てないですね。

なお、ブログ運営のノウハウは「【超初心者向け】ブログ型アフィリエイトの教科書【実名サイトを人生の母艦にしよう】」で解説しています。飲み会1回分の金額なので、飲み会を断りつつ、ポチってみてください。

その③:稼ぐ人に会ってない

ブログで、月100万以上を稼ぐ人に会いましょう。

初心者だとメンタルブロックにかかっている場合が多くて、要するに「ブログを頑張ろうと思います(でも、、、きっと無理だろうな)」と思っている場合が多い。

これだと作業に熱を出せないので、実際に「成功例(=稼いでる人)」に会うことが大切です。会って話すこと。するとメンタルブロックが外れて、現実味が増してきます。

最近は素晴らしい時代なので、ちょっとTwitterとかで探せば、いくらでも稼いでる人が出てきますので、工夫して動いてみて、人に会ってみる、というのも大切です。

というわけで今回は以上です。
まだブログを作っていないなら、まずは作らないとですね。方法は下記にあります。

ブログの始め方

ブログの始め方を動画でも解説しています

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】